ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-115

来月の末に、ゴルフをすることになった。
15年ぶりか、20年ぶりか...良く覚えていない。
道具の一切は、高校時代からの親友に借りることになっている。

一時は熱心にゴルフをやっていた。
というより、仕事もそっちのけで熱中していた。
会員権も3枚も持っていた。

父親から譲り受けた会社は、従業員は12人程だったが安定した業績を上げていた。
父親の築き上げた信用と職人達の確かな腕で、経営は父親の代から働いている専務に任せておけば、問題なかった。
28で可愛い奥さんと結婚して、男の子と女の子と、、それほど大きくはないが小奇麗な家と、一応ベンツを乗り回せる収入と...
ゴルフの腕もシングルの7迄行って、こっそりつきあっている女性もいて...
人生とはこんなもの、これが普通にずっと続くと思っていた。

状況が変わったのは、仕事の8割を占めていた会社の倒産。
その会社もまた、親会社の倒産のあおりを受けての倒産だったが、いきなりピンチに立たされた。
専務に、もう会社の資金繰りがどうにもならないことを知らされた。
学生時代の知り合いに弁護士を紹介してもらい、善後策を相談した。

まずやったことは、離婚。
出来る限りの資産を上手く分けて、妻と子供が他人になることを決める。
専務を始めとした父の代からの職人達に、金をかき集めて分けた。
もちろん退職金にもならないことを謝りながらだったが、皆事情は理解してくれた。

そして、残った自分に出来たのは、自己破産しての「夜逃げ」だった。

とても払いきれない負債を、法律的になしにしてしまい、自分は身一つで行方をくらますしかなかった。
本当は、なんとか300万円程を残しておいて生活費の足しにしようと思っていたが、自己破産の手続きやら弁護士費用でそのほとんどの金が無くなり、結局ホームレスとして逃げるしか無くなった。

それから今迄...良く生きて来られたと思う。
年に一度、娘や息子と連絡を取る以外、隠れ続ける生活をして来た。
今年、連絡をした時に「元」妻に言われた「高校のクラス会の葉書が来ているわよ。」
その久しぶりに東京に戻って来たクラス会で、親友に言われた。
「もういいんじゃないか?」

借金を踏み倒した相手に顔向け出来ないのは変わりないけど、東京の家族の住む近くで、親友達とゴルフをする...「もういいか」、そんな気になった。
昔の、華やかで浮ついて見栄ばっかりで...実は何も感じていなかった眩しいようなゴルフにまつわる世界と、今の思い出したくもない10数年を経ての、遥かに現実から遠かったゴルフの世界。
流されて行く世界から、なんとか立ち直る切っ掛けになる様な気がした。

...自分がどんなゴルフをするのか、スタートホールで何を感じるのか、現実感が無くてなんだか他人事のように考えているのが不思議だ。
ただ、その日が近づくにつれて、「もし、第一打をナイスショット出来たら、もう一度家族と生活を作り直すことが出来るんじゃないか」なんて考えが強くなって来ている。

もし、ティーショットが奇麗に空を飛んだら、この10数年のことを「昔、昔、ある男が...」とおとぎ話に出来るような気がするのだ。

Once upon a time ...


img_0-114

もう、なんにもなくなったな。
そんな思いで炬燵に入って、ぼーっとしている時間が長くなった。

10年以上勤めていた工場が倒産して、もう2年になる。
小さな工場だったけど、社長がいい人で、働いている人達もいい人達だった。
売り上げが伸びれば、その分だけ社員の人達に還元してくれて、小さな工場なのに給料は結構良かった。
そこで事務の仕事をしていたんだけど、働きやすかったので結婚もしそびれてしまった。
「しそびれた」というより、社長に教わって始めたゴルフにはまってしまったというのが本当の事なんだけど。
工場のコンペも年に3回やっていて、社長がポケットマネーで立派な賞品を出していたので、みんなそれを目標に練習に励んでいた。

そんな日々は突然終わった。
仕事の大部分を受けていた大手の工場が、突然不渡りを出して倒産した。
その工場の取引先の倒産に巻き込まれての、連鎖倒産だった。
自分の働いていた工場の社長は、必死になって走り回って頑張ったけれど、どうにもならずに連鎖倒産の渦に引きずり込まれてしまった。
「しっかりした仕事を続けていたのに、本当に申し訳ない」と、社長が泣きながら言う言葉に、自分たちは返す言葉が無かった。

代わりの仕事は見つからなかった。
30過ぎた特技の無い女性には、正社員の仕事があるはずも無く、それ以来パートの仕事を二つしながら生活している。
それでも、工場で働いていたときの収入には遥かに及ばず、社員でいた時に手に入れたいろいろなものをオークションで売って金に換えていた。
服飾品は高く売れなかったが、デジカメやゴルフクラブは高く売れた。
特に、ボーナスが出るたびに最新のものにしていたゴルフクラブは、いい値段がついた。

でも、そんな日々も2年近く続くと売るものは無くなった。
...しかし、正確に言うと1セットだけ残してある。
2Kのがらんとしたアパートの部屋に、不似合いなキャディーバッグが一つ。
中身はドライバーとフェアウェイウッドが3本、アイアンとウェッジとパター。
最新のものではないが、最後にゴルフをやっていたときのお気に入りのセットだ。

他のものは全て売ってしまっても、この1セットは手放す気になれなかった。
シューズと、手袋と、夏冬のゴルフウェアーとサンバイザー。
それもお気に入りのものを一つずつ、残してある。
もしこれを売ってしまうと、自分はもう二度とゴルフをやる事は無くなるような気がする。
「今の姿は世を忍ぶ仮の姿」、必ずまたゴルフを楽しめるような生活に戻れる...これを残しておけばきっといつか戻れる、そんな気持ちのお守りのような意味もあって。

しかし、生活は日々のパートに疲れ果てて、部屋に帰って来ても寝るだけの生活が続いている。

たまに凄く弱気になった時、このキャディーバッグを見ると「これは残しておいたんじゃなくて、古いから売れ残っただけなのかもしれない」なんて気もしてくる。
見ているあたしも、結局人生で売れ残ってしまった女なのかも、...



いや、違う...そんな気持ちに絶対に負けるもんか。
あたしはいつかこのバッグの口を開けて、緑のフェアウェイ、澄み渡った青空の下、白いボールを思い切り飛ばす日が来るって信じている。
再び、ゴルフを心から楽しむ日が来るって信じている。
こんな日々が変わるって信じている。

その日が来る迄、部屋のそこであたしが頑張っているのを見ていて欲しい。
指折り数えて、再びティーオフできる日を待っていて欲しい。
あんた達も私も、絶対に絶対に売れ残った訳じゃないんだから。


img_0-113

Mさんは、ある病院の緩和ケア病棟の責任者。
一般にも、カウンセリングの権威として知られた人であるらしい。

「こういう仕事が長いと、人間の強さとか弱さ、人間の質とか高潔さとかが世間の評判とは関係ないってことが、良く判るようになるんですよ。
有名な宗教家が、ガンの告知をした途端に取り乱してパニックになったり、学校も出ていないで大工を通して来た人が、冷静に受け止めてこちらに迄気を使ってくれたり...」

品の良さそうな、穏やかな雰囲気を漂わせたMさんは、そんな事を言って淡々とゴルフをプレーする。

「生死の際に立った人達のカウンセリングを毎日行っていると、どうしても患者さんの気持ちに影響されて、自分迄ちょっとおかしくなって来るような事があるんですよ。
そんな時には、酒を飲んで酔ってしまうか、こんな風にゴルフをして気分転換を図ることにしているんです。
酒だけだと、どうしてもアル中になるくらい飲むようになってしまうんで、今はゴルフが一番ですね。」

本当に静かで上品そうな雰囲気と会話は、自分なんかとは別な世界に生きている人だなあ..なんて、妙にこちらの腰が引けてしまうほど。

ところで、「ゴルフというのは、ライのゲームである」とは誰の言った言葉であったか...
どんないいショットを打ったとしても、コロンと止まったボールのライで、いわゆる「ゴルフの運・不運」のスリルを味わう事になる。
Mさんも「ゴルフはノータッチが基本ですから、ライの悪いのもゴルフのうちですよ」なんて、笑ってプレーを続ける。
ゴルフはそれが面白い、と自分で言う。
天気も良く、コースも奇麗で、プレーの進行も良く、4人のパーティー全員がそれぞれ良いスコアを重ねて行った。
「今日はベストスコアが出そうですね」なんて、言いながら。
それでも、それぞれインに入ると大叩きがあったり、パットミスを重ねたりで、Mさんだけがいい調子を維持していた。
17番迄、自分のベストスコアより5打も少ないとペース出来たMさんは、さすがに冷静ではなく、口笛を吹きながら上気した様子でティーグランドに立つ。
ここもやはり、フェアウェイセンターへのナイスショット。
あと二ホール、ボギー・ボギーでもベストスコアを3打更新。
「10年ぶりくらいのベストスコア更新ですよ」なんて、嬉しそうな顔をしながらカートに乗り込む。
高名な医者というより、まるで少年のように。

2打地点、それぞれのボールの所にたどり着いた時に、ふとMさんの方を見ると...ボールの前に立ち尽くしたまま、動かない。
他の3人が打ってしまっても、Mさんはその姿勢のまま。
どうしたのか、と近づいてみると...
ボールは、大きな糞の上に乗っている。
まるで人間のもののような大きなものの上に、そっと手で置いたように見事に鎮座している。
「あらあ」と、Mさんの顔を見ると...初め青白かったのが、だんだんと赤くなって行くのが判る。
それが、普通の顔色を通り過ぎて、どんどんどんどん赤くなる。
しまいには、酔っぱらったような真っ赤な顔になって...

小さな声でやっと言った。
「アンプレヤブル...にします。」
ボールをピックアップして拭いている時に、怒りで指が震えているが判った。

結局、このあとはベストスコアの更新は出来ずに、Mさんも18番を終わる時には以前の穏やかな雰囲気に戻った。
「私とした事が、お恥ずかしい」
「覚えがないくらい久しぶりに興奮してしまいました。」
「偉そうな事は言えませんね。私はまだまだ未熟な人間です。」
「気がつかないうちに少し傲慢になっていたんですね...患者さんに対しても、きっと。」

あとで、Mさんに聞いてみた。
「なんで、あれくらいでそんなに興奮されたんですか?」
「いえ...実はボールの所に行った時、あの排泄物のそばにティッシュペーパーがあったんですよ。」


↑このページのトップヘ