ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-82

オープンコンペで出会う人には、いろいろな人が居る。
いい人、悪い人、変な人、おかしな人、珍しい人、何処にでもいる人、嫌な奴に馬鹿な奴、悲しい人に寂しい人、カラ元気屋にやせ我慢屋、もっと生きてて欲しい人、速く死んで欲しい人...

なんて、勝手な事言ってるけれど、この人はそんな人達とは全く違った...「違う人」だった。

同じ年,,,だけど、髪の毛は黒くフサフサで(染めてるんだろうけれど)、長髪に片耳ピアス、いい色に日焼けして白い歯で...
ハンサムな若さを残した中年風で、人当たりも良く、ゴルフも歯切れよくスピーディー。
腕はシングルハンデで、癖の無い良いスイングをしている。

...ラウンドしながらの彼から聞いた話。

明後日には日本を発って、ラスベガスに行く。
ラスベガスには、一流ホテルの部屋を一部屋、年間契約してとってある。
そんなホテルが、東南アジアとヨーロッパにも。
カジノが好きで、よく遊びに行く。
昨年は、半年以上かけて世界一周クルージングしていて、大震災のニュースもヨットの中で知った。
普通、一年のうち8ヶ月は外国で暮らしている。
ノートパソコン一台あれば、仕事はできる。
若い頃、他人より何倍も懸命に働いた。
その貯めたお金を元にして、今は投資家として暮らしている。
しっかり勉強して、堅実な投資で成功している。
ギャンブル性の高い、信用取り引きは一切しない。
堅実な情報を大手証券会社から得て、信用に応える用意はいつもしている。
そのために動かせる資金は、数千万以上いつも用意している。
日本にずっといないのはそういう情報を得るためもある。
ゴルフは、世界中の名コースと言われている所は殆ど回った。
奥さんには十分な額を渡しているので、それぞれ自由にやっている。
子供は既に就職しているが、自分の資産を当てにしているなら自分の言う事を訊くように言ってある。
最近、息子の付き合っていた女性が好みではなかったので、自分の資産を当てにしているなら別れろと言った。
子供はそれに従って、その女と別れた。
...

等々。

何処の世界の話だろう?
少なくとも自分の人生の、歩いて来た道の周りには、そんな人生は無かったなあ。
彼は、嫌な感じを持たせない好人物。
しかし、どこかの違う世界の住人。
一万円のプレーフィーを考える自分達とは、比べようもなく。

そういう人生を送る同い年の男もいれば、一人病院のベッドにいる同い年の男もいる。
...勝ち組と負け組では済まされない違いがある。

しかし、もう一度人生をやり直せると考えて、自分は彼のようになりたいだろうか?
彼の持っているお金は正直羨ましい。
しかし、自分の来た道を振り返ると、自分の生き方では、今の自分がベストの自分。
莫大な収入と引き換えに、絵を描き始めてからの人生を捨てる事は出来やしない。
何より出会った人達が、みな捨て難い。
良い奴も嫌な奴も捨て難い。
素晴らしい女性達は、もっと捨て難い(笑)。

まあ、金を持っていない貧乏人の、焼きもち嫉妬の類いからだろうけれど、彼に会ってそんな事まで考えた。
そうなんだ...ピンと来ないけど、凄いんだ...って。

...彼は、高そうな黒いベンツで、微笑みながら帰って行った。


img_0-81


ごめんなさい!

あんた、本当にごめんなさい。
あたし、心から謝ります。

あんたのキャディーバッグが、狭い廊下においてあるのが邪魔だからって、行き帰りに力任せに蹴っ飛ばしていたのを、謝ります。
あんたが見ていたテレビのゴルフ中継を、問答無用でチャンネルを変えてしまったのを謝ります。
あんたが読んでいたゴルフ雑誌を、ゴミの日にみんな捨ててしまったのを謝ります。

あんたが朝早く起きて、一人でゴルフへ行く用意をしているのを、「朝早くからうるさい!」って怒鳴ったのを謝ります。
あんたがゴルフ場から持って来たお土産に、一度も「ありがとう」って言わなかったのを謝ります。
あんたのゴルフウェアの洗濯を、いつも乱暴にしていたのを謝ります。

あんたが嬉しそうに持ち帰った優勝カップを、すぐに子供の砂遊びに使わせてしまったのを謝ります。
土曜.日曜にゴルフに行ったあんたを、子供と一緒に呪っていたのを謝ります。
一つ新しい道具を買う度に、一ヶ月以上悪口を言っていたのを謝ります。

庭で素振りをするあんたを、「格好悪くて見てらんない」なんて言ったのを謝ります。
「どうせ運動神経無いんだから、いい加減に諦めたら」なんて言ったのも謝ります。
「そんな金持ち気取りのジジイの遊び、あんたは身の程知らずなのよ!」なんて言ったのも謝ります。


...でも、あたしが悪いのは認めるけど、あんただって悪いと思うのよ。
だって、ゴルフがこんなに面白いものだなんて、あたしに教えてくれなかったじゃない。
自分一人で楽しんでいたんじゃない。
あたしは、ついこの前、無理矢理となりの奥さんに練習場に連れて行かれて、それで初めてゴルフを知ったんだから。
なかなか当たらなかったけど、当たったらあんなに気持ちが良いもの無かったわ。

あたし、パートに出て自分でゴルフのお金貯めるから。
それでゴルフを始めるから。
家計に負担かけないから。
家事にも手を抜かないから。


あたし、本当にあんたとゴルフに対して謝るから。

今迄本当に、本当に、ごめんなさい。




...それで、絶対あんたより上手くなってみせるから。

img_0-80

駅からNさんの家までの帰り道に、その練習場はある。
線路際の道は道路の照明が少ないために、その練習場の照明の光は特別明るく輝いて目に眩しい。
深夜11時までやっている練習場は、夜遅くであっても必ず誰かが練習をしている。

Nさんがその練習場の前の道を通り過ぎて、自分の家に帰り着くのは10時過ぎになる。
もうそんな暮らしが10年になる。

その10年前までは、Nさんもこの練習場の常連だった。
本当に「常連」という名にふさわしい存在だったと言える。
何しろ、ほぼ一週間毎日、特別な用事がある時以外はこの練習場にいた。
平日は会社が終わると、家よりもまずこの練習場に寄り、付属の喫茶店でコーヒーを飲んだり、置きっぱなしの自分のクラブで1~2時間打ったり。
必ず自分と同じような「常連」の仲間が誰かしら居たし、練習場の社長家族とも仲が良かった。
土曜、日曜は朝から一日この練習場にいる事が多かった。
常連なりに練習場からサービスしてもらう事も多かったし、沢山の顔見知りと話したり、お茶を飲んだり、あるいはビールを飲んだり...
朝9時前には練習場に出かけて、帰りは夕飯の出来る7時くらい。
それが楽しかったし、そんな時間が生き甲斐とも言えたし、家族だって面倒な自分が家にいない事を喜んでいた。
いろいろと居心地の良いサービスを受けていた代わりに、練習場が大雪で大変な時には常連のみんなと一緒に早朝から雪かきをしたり、台風の時には後始末を手伝ったり、客と経営者を越えた付き合いという感じだった。
定期的に練習場主催のコンペもやり、みんなで近所のコースの年間会員になったり、何人かの常連は一緒にあるコースのメンバーになったり...
Nさんも年間会員になったコースで、遂にシングルハンデをとって、更にゴルフに対する熱は上がる一方だった。

そんな時間がずっと続くと思っていた。
年を取っても、この練習場でひなたぼっこをしながら常連の人達とゴルフ談義に花を咲かせて、練習が終わればみんなでビールで乾杯して...そうなると思っていた。

変わったのは10年くらい前から。
ある日、常連の中でも中心だった、明るく陽気でハンデが4の人がいなくなった。
家業の建設業がうまく行かなくなって、夜逃げをしたのだと噂に聞いた。
少しずつ人が減って行った。
そして、Nさんの会社も...繊維業としては中堅の位置にあったという会社が倒産した。
円高の影響で、どんなに良いものを作ってももう売れなくなった、ということだった。

それからあと、Nさんの仕事探しが始まった。
1年かけてやっと就職出来たのは、今までの半分の給料の畑違いの会社の契約社員。
ゴルフをやる余裕は全く無くなり、練習場には行けなくなった。
同年代だった練習場の2代目社長は、「別に練習しなくていいから、気楽に遊びに来てよ」と言ってくれたけど、気持ちがそういう風には納得出来なかった。

毎日見かける練習場の風景は、見慣れた常連の姿が少なくなって来たのがわかる。
以前に比べれば半分くらいしか客は来ていないようだけど、若い二人連れや、夫婦や、仲間と来ている若者の姿が多く見られるようになった。
経営者も、今は3代目の若い人が中心になっているらしい。

しばらく練習場に預けていたバッグも、2年程してから家に持って帰ったまま、物置に置いてある。
もうクラブにも、何年触ってないんだろう。

自分の人生はいつもの帰り道の、照明の少ない道路のようだ。
あの明るく輝く不夜城のような練習場は、自分の人生が再び明るくなった時に、やっと再び入場することが出来る夢の城のように思える。
ゴルフをやめたつもりは、ないんだし。

...今はまだ、あの光輝く城には近づけない。


↑このページのトップヘ