ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-121


Mさんのゴルフ歴は、ほぼ40年になる。

その40年の間に、ドライバーやアイアン、ウェッジなどは数えきれないくらい買い替えて来た。
しかし、Mさんはパターだけは一度も変えずに同じものを使い続けている。
そのパターは、当時ゴルフに熱中していた叔父からプレゼントされた、ピンアンサーのカースティンCo。
特に高価で珍しいものではないが、安物でもないと言われたものだった。

40年の間、それなりにゴルフに熱中して、時間も金も使って来たけれど、Mさんの腕はそれほど上がった訳ではなかった。
もう20年近く前にクラブハンデが10になってから、ずっとそのまま。
もっとも、あまり下がることのないクラブハンデだから10だけど、近頃のスコアをJGAハンデで計算したら17ー18くらいになっているはずだ。
腕が上がらなかった原因は、パワー不足....身長が170センチに届かないMさんは、飛距離が絶対的に足りない、と思っている。
いろいろと身体を鍛えようとした時期もあったが、それで飛距離が延びることはなかった。
ドライバーで180ヤード程...殆どのホールでパーオンすることはない。

しかし、Mさんがゴルフの情熱を燃やし続け、またMさんのゴルフがそれなりに周りに認められているのは、グリーンに乗ってからが凄かったからだ。
ワンピンならほぼ100パーセント入れる。
10メートルでも、半分は入れる。

Mさん自身、ゴルフを始めたときからパットは得意だった。
叔父から貰ったピンアンサーは、まだビギナーのときから自分の願いを良く聞いてくれた。
まるで、自分の手で打つように、ボールをカップに向けて転がしてくれる。
ピンアンサーを持って、腰を低くしてラインを読むと、ラインが決まるとピンアンサーが「よし、それでいい」と答えてくれるのだ。
そうして気持ち良く意見が一致したパットは、自分が打ち損じない限り、まず入る。
はじめは「まぐれだ」と言っていた仲間も、今ではMさんの神懸かり的なパットの上手さだけは認めている。
残念なのは、そうしたパットが殆ど「パーパットやボギーパット」であるということ。
Mさんだって、「パーオンしていればバーディーや、もっと飛んでいればイーグルだって沢山とれただろうに..」とは思うんだけれど、そう上手くは行かないのがゴルフなんだろう。

パターは、何度か最新の人気モデルを借りて使ってみたけれど、どれを使ってもピンアンサーのように読んだ道に答えてくれるものはなかった。
...Mさんは残りのゴルフ人生も、この1本のピンアンサーと共に過ごすと決めている。

ただちょっと心配なのは、最近老眼と乱視が酷くなって、ボールとカップの関係が良く判らなくなって来ていること。
だから、「このラインだろう」と思ってピンアンサーを構えても、ピンアンサーが「その道じゃあない」と納得していないような気がすることが多くなった。
そんな時はまずカップインできない。
ピンアンサーのためにも、老眼と乱視を矯正するゴルフ眼鏡が必要と考えている今日この頃だ。

img_0-120


Kさんの所属するサークルの、ベテランの会員Tさんがサークルをやめることになった。
穏やかで優しい人で、サークルの中では若い方でスコアも悪いKさんにとっては、頼れる先輩でもあったし気の合う仲間でもあった。
Tさんのゴルフはいつも100前後と特別良い方ではなかったが、楽しそうなプレー態度と正確なルールやマナーの知識で、Kさんはゴルファーとして尊敬していた。

二月に一度のサークルのコンペには必ず参加して、コンペのない月には旦那さんといろいろなコースをプレーしていたと言う。
Tさんの旦那さんはそれなりに上手い人で、ゴルフのマナーとルールは旦那さんに教わったと言っていた。
クラブは十年くらい前に、旦那さんの退職金で買い揃えたというウッドセットとアイアンセットをずっと使っていた。

そのTさんの旦那さんが、昨年亡くなった。
それ以来、サークルの練習にもコンペにもTさんは来なくなった。

半年程過ぎたある日、Kさんの所にTさんが訪ねて来た。
今の家を売り払って、関西にいる息子夫婦の家の近くにアパートを借りて住むことになったと。
元々関西出身で、夫の転勤で東京に来て、そのまま家を買って長く住んで来たが、夫が亡くなった後子供達が一人暮らしを心配していて、いろいろと話し合ったの結果そう決めたとのこと。
長男夫婦の家の近くというのも、共稼ぎのため子供の育児を手伝って欲しいと頼まれたことが一番の理由で、しばらくは育児で忙しくなるらしい。

「それで、長くサークルでゴルフを楽しませてもらったので、サークルの人に挨拶しておこうと思って..」
「中でもあなたには親しくしてもらっていたので、何かお礼をって思ったんだけど...」
「こんなものしか思い当たらなかったの..」

両手で手渡してくれたのは、小さな小物と小さな箱と小さな缶。
「私のゴルフ道具はどれも十年以上前のもので古いし、若いあなたには合わないしで...」

小さな箱は今評判の女性用ボール1スリーブ。
「これ高いボールだったので、いつかちゃんとしたコンペの時に使おうと持っていたんだけれど。」

小さな缶の中には、カラフルなティーが一杯入っている。
「ちょっと前にあんまり色が奇麗だから買っておいたんだけど、使わなかったから。」

小さな小物は、奇麗な色に光り輝くクリップマーカーが一つ。
「このガラスのはスワロフスキーので、あたしの一番のお気に入りだったの。」
「私の大事なお気に入りだったから、是非あなたに使ってほしいと思って...」

「うちの主人が死んでからいろいろ考えて、ゴルフはもう卒業することにしたのよ。」
「これからは年金と貯金で暮らして行かなくちゃならないし、孫の育児の手伝いで忙しくてゴルフをやる余裕はもう無くなるから。」

もう古いクラブは中古屋に売って処分して(数千円にしかならなかったそうだ)、キャディーバッグも燃えないゴミで出してしまった、と。

「今迄とっても楽しかったわ」
「私のゴルフは主人と一緒に終わったのね。」
「捨てられなかった小物をあなたに貰って頂ければ、私は思い残すこと無く関西に行けるわ。」

「どうもありがとう。 あなたと一緒に遊んだゴルフは本当に楽しかったわ。」

...ボールとティーとクリップマーカーと。

小さなスワロフスキーのクリップマーカーは、まるでダイヤモンドのように輝いている。

Kさんは、次のゴルフの時からずっとこのマーカーを使い続ける、と確信している。

img_0-119

田舎暮らしの鉄人、ホームページ「田舎暮らし狂想曲」で知られていた金子数栄氏は、2011年5月10日に癌で亡くなった事が一月程経ってから息子さんによって公表された。
その少し前、長崎の信頼出来る方からその情報を頂いていたが、詳しいことは何も判らなかった。


金子氏とは、彼が週刊ゴルフダイジェストのデスクをやっていた頃に、仕事の依頼を受ける形で知り合った。
間もなく彼は週刊ゴルフダイジェストの編集長になり、編集部に行く度ゴルフの話で盛り上がった。

その金子氏が劇的に動いたのは、50歳を過ぎた頃。
ゴルフダイジェスト社を退社して九州の田舎に移り住んだ、と風の噂に聞いた。
トライアスロンに参加しながら、自給自足の生活をしている...と。
それほど親しい付き合いではなかった自分は、「凄い思い切ったことをする人だ」という感想を持つだけで、遠い他人事だった。

それが、彼に親しい人に近況を知らされるに連れて、ぜひ一度訪ねてみたいという思いが強まり、2001年10月に夫婦で彼の家を訪ねて行った。
嬉しいことに、我々夫婦のことを非常に歓迎して頂き、夜遅く迄飲みかつ語り合う時間が過ごせた。
夜満点の星の下の(自家製)露天風呂に入り、翌日には漁に連れて行ってもらったり...

それから10年。
雲丹を注文したり、みかんを注文したりという付き合いはあったが、貧乏イラストレーターに九州長崎は遠く、金も時間も自由にならない中、ついつい十年の時間を空けてしまった。
それには、なにより金子さんが健康であったこと、毎日のトレーニングを欠かさず、メタボ体型とは無縁のスタイルのカッコいい人だったから、まだまだ時間は充分にあると思っていたことが理由としてあった...まだまだ、いつでも行けば元気でいてくれる、と。

何度か、テレビの「人生の楽園」という番組や、同じようなテーマの番組で取り上げられた、ある意味有名人であった。
誰でもが憧れるような、海の見える素晴らしいロケーションの場所に住み、百姓、漁師、エッセイスト、音楽家、木工家...等々、なんにでも興味を持ち、楽しんでいる人でもあった。
唯一、長くやっていたゴルフは封印していた。
「ゴルフは金がかかるんだよ」
「一応百姓や漁師で自給自足は出来るけれどね、現金収入は少ないのでゴルフをプレーする金はないんだよ」
ゴルフを一回プレー出来る金があれば、ちょっと旅行に行く方を選ぶ、と。

最近になって、年金をもらえるようになったからボチボチゴルフも再開する、なんて事も伝え聞いてはいたけれど...

69歳...早すぎる。
が、癌ということで全て覚悟しての旅立ちだったと聞く。

東京の都会の生活から、海の見える家の自給自足の生活へ...「人生の楽園」の生活を、自分で築き上げた金子さん。
いい人生だったんでしょうね。
お会いした時間は楽しかった、感謝します。

さようなら。

↑このページのトップヘ