ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-72


...懐かしい「カリフォルニアドリーミン」の歌が聞こえたような気がした。


Kさんにとって、ママス&パパスが歌った「カリフォルニアドリーミン」は「青春」の唄だった。
数十年前、多くの同時代の若者が、硬直しきった時代に「変化と革命」を望んで行動を起こした。
ビートルズがその雰囲気を飾り、ボブ・ディランやPPMやジョーン・バエズが時代を嘆き、歌っていた。

Kさんの友人も、過激に走ったり、ドロップアウトしたり...そんな方向に踏み切れない自分は、どうしようもなく取り残される感覚に焦っていた。
...そうしなければいけないのか? このままでいいのか?

そんな時に聞いた「カリフォルニアドリーミン」は、そんな自分にとって特別な歌だった。
歌詞は「こんな暗く寒い冬の日には、カリフォルニアの明るい空に憧れる..」なんて意味だったと思う。
が、Kさんにとっては、そんな歌詞の意味以上にこの曲に「青春の憧れ」そのもの...自分でも何か判らない、若い日の熱い「未来への憧れ」そのものが歌われているような気がしてしょうがなかった。
この曲を聴くたびに、いつも胸の奥に熱い「憧れ」の気持ちが湧いて来るのだ。

若い自分は、これから何にでもなれるかもしれない、が、何にもなれないかもしれない。
夢見て憧れている「何か」は、でも、きっと捉まえる事は出来ないだろう。
そんな気持ちがいっぱいになって、この明るい歌を聴くたびに泣きたい気持ちになったものだった。

あれから長い時間が経った。
人生は期待した程の事も無く、不安がっていた程の事も無く、日々流されまいという気持ちだけを残しながら余裕もなく過ぎて行った。
良くもなく悪くもないと感じていた男性と結婚し、結局普通の出来だが性格の悪くない子供に恵まれて、贅沢は出来ないがなんとか暮らせる生活を続けてきた。

そんな、午前中の家事の終わったお茶のみ時間、いつものようにテレビを見ていた。

その時、あの懐かしい「カリフォルニアドリーミン」が聞こえた気がしたのだ。
テレビには、青い海のそばの緑の美しいゴルフコースの映像が流れていた。
自分のいるところとは縁のない、違う世界なのに胸が痛くなるような感覚。
自分の世界が色褪せて行くような感覚。

いまの自分はゴルフとは全く縁のない生活なんだけど、何故ゴルフ?
夫もやらないし、周りの知り合いでもゴルフをやっている人は少ない。

...自分がゴルフを始める?

ゴルフコースが映っている間、「カリフォルニアドリーミン」は聞こえ続けていたけれど。
あの「青春の憧れ」の熱い気持ちは蘇って来たけれど。

いまの私は「こんな冬の日」なんだろうか?
あの緑濃いゴルフコースが「自分のカリフォルニア」なんだろうか?

Kさんは、もう一度ゆっくりとママス&パパスの「夢のカリフォルニア」(カリフォルニアドリーミン)を聞いてみようと思っている。

img_0-71


その日、コースは空いていた。

奥さんと二人で「あーだ」「こーだ」言いながら、いろいろチェックしてプレーするにはちょうど良い進行具合だった。
前にも他の組の姿は見えず、後ろにも他の組はついて来ない。

そんな風にのんびりと試しながらラウンドしていると、あと二ホールでハーフ終了という所で後ろにカートの姿が見えた。
後ろとは2ホールくらい開いていると思ったのに、「ずいぶんプレーが速い組だなあ」なんて思って見ていると、なんとカートに乗っているのは一人だけ。
急ぐようならパスしてもらおうと思ったが、見た感じは上手くもなく、下手でもなく...ポーン、ポーンと楽しそうにショットして、のんびり回っている様子。

近づいて来ないので、そのままこちらもプレー続行。
ハーフが終わって、食事。

しばらくすると、年は70以上、やや太り気味の大きな男がニコニコしながら、白いキャップを片手にハウスに入って来た。
本当に見事に日に焼けて、顔と腕はまるでコーヒーが肌の奥から沁み出て来るような濃い色をしている。
あまりに焼け過ぎて、眼鏡をかけている以外の表情が読み取れない程。
多分入れ歯だろう、真っ白い歯が顔の中で光っている。
鼻の辺りまでは黒々と焼けているが、額から上はだんだんグラデーションがついて、ほぼ真っ白な頭頂部へと続く(見事に禿げ上がっている形の良い頭が、彼の笑顔に良く似合う)。

ニコニコとして、レストランの若い女性と楽しそうに話をしている。
慣れたその様子だと、週に一回以上このコースに来ている常連さんと見える。
きっと、いつも一人でカートに乗って、散歩代わりにラウンドしているんだろう。

奥さんと食事をしていると、さっさとカレーを食べたその男は白いキャップを被ってレストランを出て行こうとしている。
キャディーマスターに、「途中でパスさせても悪いので、午後は彼が先に出るようにしておいてください。」と言っておいたので、そうするんだろうと思って見ていた。

と、彼はレストランの出口で、キャップの上にもう一回キャップを被った...
「あれ?」と、こちら二人は目を合わせてから、もう一度彼に注目する。
暑い日の光の中に出て行く前に、彼は背中をこちらに向けて身だしなみを整えている。
そしてキャップを一度かぶり直す...「あ!」
手に持った白いキャップの下には、もう一枚白いキャップが...

驚いてもう一度しっかり見直すと、彼のキャップを脱いだ後頭部には、耳と耳を結んでくっきりと真っ黒と真っ白に分かれている。
かぶり直したキャップは、きっちりとその境界線に収まった。

「あのおじいさん、きっといつも同じあの白いキャップをかぶってゴルフしているのね」

髪のなくなった頭に、いつも同じ白いキャップをいつも同じようにかぶって、週に何回もラウンドしているからキャップの形にはっきりと日焼けの跡が残ったんだろう。
顔の側はつばがあるので、日焼けもグラデーションになってあまり不自然じゃないんだけれど、後ろ頭は白いキャップの形にくっきり、はっきりと一直線!
少し離れると、それはキャップが無くても、頭にいつも白いキャップを乗せているようにしか見えない。
(...今までに、これほどはっきりとした「後ろ頭日焼け」は見たことがない...)

...我々がスタートする頃には、彼はそのホールのグリーンで、頭に二つの白いキャップを乗せながら、楽しそうに一人でパットを打っていた。

img_0-70

Mさんは、65歳になって東京に戻って来た。
30年あまり、生まれ育った東京を離れてある地方で暮らしていた。

30年あまり前にヘッドハンティングされて、幹部職員として大きな会社で働いて来たが、60で定年となり、その後引き継ぎも含めて5年程請われて嘱託として働いて来た。
しかし、出来れば70まで、という誘いは「あとは自分のやりたい事をしたいので」と断った。
...両親のために建ててあげた東京の家は、母親が亡くなってから10年の間誰も住まなくなっていた。
しかし、生まれ育った所で最後は暮らそうと、定期的に家の管理に帰って来ていたので、引っ越して来て住むには何の問題もなかった。

引っ越しの時に、古びたゴルフセットを捨てようかどうするか迷った。
ゴルフをしたのは、3回だけ。
ショートコースに2回、本当のコースには1回だけ行った。
ゴルフを教えてくれたのは、その時まで15年以上付き合って来た男。
他のどんな男より、一緒にいると楽しい男だった。

よく「クールな美人だ」とか「理知的な美人」と言われ、結婚を申し込まれた事も何度かあったけれど、その男より逢っていて楽しい男は他にはいなかった。
飾らない自分が出せたし、悩みや愚痴もよく聞いてくれた。
酒を飲んで大騒ぎもしたし、一晩中唄を歌いまくった事もあった。
そして、ゴルフも道具を揃えてくれて、半ば強引にやらされた。
元々学生時代に運動をしていたので、すぐにコツを掴みちゃんと当たるようになった。
一緒にゴルフをするのは、楽しかった。

3度目に、始めて本コースに行った後、しばらくして男と別れた。
特に何があった訳ではないけれど、楽しすぎたゴルフの後だから、何か感じたのかもしれない。
(...その男に妻子がいるのははじめから知っていた。)
電話で別れを伝え、きっぱりと分かれた。
何度か電話があったけれど、自分の気持ちは変わらなかった。
自分の人生の大事な楽しい時間を、一つ消した。

仕事は面白く、どんどん責任ある仕事を任せられることが、生き甲斐になった。
その後も、何度か結婚を申し込まれた事があったけれど、結局一人で暮らして来てしまった。

男の写真や手紙はみんな捨てたのに、たった3回しかラウンドしなかったキャディーバッグを、なんで捨てなかったのか自分でも判らない。
今度の引っ越しでも、そのキャディーバッグは何となく持って来た。
古いレディースのクラブやキャディーバッグは、男のものに比べて安っぽくて、錆びと埃と汚れで半分腐っているように見えるのに。

これからの時間、ゴルフをしてみようか...
そういう考えが、少しずつ固まって来ている。
幸い生活に心配ないし、血圧が高い以外に健康には問題ないし...明日から新しい道具を揃えて、もう一度コースのラウンドを目指してみようか。
「ゴルフは何歳で始めても、誰でも上手くなれる」「何歳で始めても、ゴルフは楽しめる」...そういう事をよく聞くし、近くに大きな練習場もある。
元々運動が好きだった自分には、死ぬときはコースの上で、なんてのも洒落てるし。

もうすっかりジジイになっただろう男の事はもういいが、男の残したゴルフの楽しみは、残りの自分の人生に大きな意味を見いだす事に役立ちそうだ。

新しいゴルフ道具を揃えたら、この化石のような道具は燃えないゴミに出してしまおう。
そうして、また新しい自分の人生を始めよう。


↑このページのトップヘ