ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-95

これは、あるコースのオープンコンペでついてくれた、キャディーさんから聞いた話。
...そのベテランのキャディーさんがついたお客さんの中でも、特別に印象深かったラウンドだという。

一年ほど前、4組ほどの小さなコンペがあった。
そのコンペの出場者は、特別高齢に見える男性を中心に、50〜60代の男性が多く、中に女性が3名、40代くらいの人が数名というところだった。
仕事が同じとも言う訳ではないらしく、それぞれマナーの良いゴルファー達だった。

そのキャディーさんがついた組は、一番高齢そうに見える男性と60代の男性3人の組。
高齢の男性のショットは、ドライバーで130〜140ヤードほど、短いミドルなら3オン、少し長いホールなら4オンというところで、ボギー、ダボ、パットが入ってパーというゴルフを淡々とプレーしていた。
そして時折立ち止まって空を眺めたり、深呼吸をしてあたりの匂いを嗅ぐような動作を繰り返す。

ハーフが終わる頃には、なんとその男性の年齢が90歳という事が判って来た。
ハーフで50を越えるスコアではあったけれど、かってその男性が相当上手かったであろう片鱗は各所に感じられた。
そして一緒に回る男性達が、その90歳の男性のかってのライバルの息子達である事も会話で判った。

「引退ゴルフ」ということだった。
彼はこのラウンドを最後に、ゴルフを引退すると。
「もうプレーが遅くなりますし、一緒の方にも前後の方にも迷惑をかけるようなゴルフになりますから。」
「もう今では、私のライバル達は一人もいなくなりましたし..」
「いつかはやめなくてはなりませんが、こういう機会を作って頂いて..」

ある有名コースの創立当時のメンバーで、半世紀の間ゴルフを楽しんで来たという。
そのホームコースではそんなプライベートな事を大袈裟にしたくないので、こうして他のコースで有志の方が集まって引退ラウンドをする事になった。
集まったのは、かってのライバルの息子や娘、彼に世話になった事のあるホームコースのメンバー、ゴルフを教えてもらった後輩達。
そうして、これがラストラウンド。
コースの匂いを嗅ぎ、空を眺め...ショットの手応えを楽しみ、カップインの音を聞く。
「私は世界一幸せなゴルファーです。」

ラウンド後、コンペルームで小さなパーティーを開いたらしい。

私が聞いたのはここまで。

...「その数年後、彼はゴルファー人生を全うして、幸せな眠りについた。」とでも書けば、誰かさんのコラムのようになるんだろうけれど、私はその後の事は聞いていない。


img_0-94


ゴルフに最適な季節だというのに、F子さんはゴルフが出来ない。
というより、今年はゴルフの練習もしていない。
医者に「最低1年はゴルフの練習もしてはいけません」といわれているためだ。

始めは寝違いかと思った。
ちょっと後ろを振り向こうとして、左の首筋に激痛が走った。
首だけを回して後ろが振り向けなくなった。
でも、寝違いだったら放っておいても1ー2週間もしないで治ると思っていたから、週に2日のゴルフの練習にも行った...首が痛くてアプローチしか出来なかったけど。
しかし、治らない。
一ヶ月、二ヶ月経っても治らないので、医者に行った。
色々と調べてもらった結果、「頸椎捻挫」らしいと言われた...簡単に言うと「むち打ち症」になっていると...それも、結構重症なんだと。
交通事故にあった訳でもないし身に覚えがなかったので、途方に暮れた。
その原因が分からないと治療の方向も期間も判らないので、痛くなった頃とどんな動きで痛くなるかを色々と考えてみた。
その結果、思い当たる事が一つ出て来た。
そう、ずっと熱心にやっていたゴルフスイングの、俗にいう「頭の残し過ぎ」。


7年前に始めたゴルフは、自分の人生で久しぶりに熱中出来る面白いものとなった。
夫のすすめでゴルフ教室に入ってみると、学生時代やっていたテニスの感覚が結構役に立った事もあって、上達は早かった。
何よりもそこのプロコーチに褒められたのが自分の奇麗なスイングフォームだった。
元々身体が柔らかく、無理せずとも肩は楽に90度以上回った。
フィニッシュでは肩はアドレスから180度以上楽に回る...腕が首に絡み付くように回るスイングはゴルフ教室の仲間からも羨ましがられた。
そこでプロに「打ったあともボールのあったところを見ていろ」とか「頭を残せ」と言われた事を忠実に守って、飛んで曲がらないフォームと褒められていた。

...スイングを褒められ、飛ぶし、曲がらないし、スコアもどんどん良くなってますます熱心に練習し、ラウンドしていた。
その奇麗なスイングフォームが原因らしい。
身体が柔らかい事を生かした、頭が奇麗に残る大きなフォローとフィニッシュ。
その度に頸椎が思い切り右に捻られて悲鳴を上げていた、って事だ。
その首への負担に身体がついに耐えきれなくなってSOSを出した、と。

それで今年は一度もクラブを振っていない。
「1年静養すれば、多分大丈夫だろう」と、医者に言われたから。
「でも、同じフォームで打ったらまた痛めますよ。首に負担のないフォームで打つようにして下さい。」

プロも、「身体が柔らかいので、ちょっと無理しちゃったかなあ..」と反省している。
「これからは、あのソレンスタムのスイングのようなイメージを持ってスイングしましょう。」
「練習出来ない間に、イメージを作って下さい。」と提案された。

自分でも、そうするしかゴルフを続けられないってよくわかる。
これからはソレンスタムみたいなスイングで振る...でもそうすると、あの今迄の「飛んで曲がらない」スイングのゴルフとは全然違う、飛ばないし曲がるゴルフになってしまうんだろうという気がする。

それでもゴルフをまたやりたいから、来年の始めから少しずつアプローチの練習を始めようと思う。
なるべく早く普通のショットを打てるようにして、なるべく早く首に負担の少ないソレンスタム風スイングを完成させる。

良い季節になっても、今は静養だ...しばらくはイメージだけでゴルフを楽しむしかない。

img_0-93


やあ、兄さん、飛ぶねえ
年いくつだい?
え? 50いくつ? 若いねえ!

いやあ、俺も50の頃は今より100ヤードは飛んでたよ
一緒に回るやつと飛ばしじゃあ負けた事がなかったさ
今だって、同じ年頃のやつとだったら負けないよ
お兄さんとだって10ヤードくらいしか変わんないだろ?

俺の年?
もう70過ぎだよ、いやあ年とったよなあ
でも、いいねえ「シニア」のコンペって
ここは50からだろ? いい勝負出来るもの
さすがの俺も20代や30代の奴と飛ばしっこしたら敵わねえしよ

いやあ、俺も若い頃はかなりやっててね
プロや研修生相手にも「勝負!」「勝負」ってよ
いや、腕じゃ勝てなくてもニギリがでかいとよ 結構いい勝負になるのよ
俺も悪かったからねえ

俺の仲間?
俺がケツの毛までむしっちまったから
俺とやりたがらない奴も多いなあ
死んじまったやつも結構いるし
俺も人を集めて今更気を使ってやるのはやだからよ
こういう一人でやれるオープンコンペ出るのよ

今日は6インチありだよね?
オッケーパットはなしか
前の組遅いなあ
俺が一発打ち込んでやるか
ああいうのは何回か脅した方がいいのよ

おおい、クラブ迷ってるなら俺が先に打つからな
ああいやだいやだ、また乗らねえよ
ああ、ごめんごめん、地声がでかいって前から言われてるんだよな
人が打つときしゃべっちゃあいけないよな

え?
俺のが遠いだろ?
俺が先にパット打つよ 俺がやるよ!
ああ、やっぱり外しちまったじゃないか
あんたのが全然遠い? ああ、悪かったな

なんだよ こんなところでトリだあ? やってらんないね
くそ!
みんな俺が悪いんだけどよ
チクショウメ ひでえスコアだ

ああ、今日はどうもありがとね
面白かったよ
さて、今度はどこのコンペに出るかね
オープンコンペは一人で出られるってのがいいよねえ

どう?
次も一緒に
ああ、都合が悪い?
そりゃ残念

ああ、飽きないよねえゴルフ
俺はまだまだゴルフがしたいんでよ
もったいなくて
惚けたり死んだりしてらんねえのよ

↑このページのトップヘ