ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-127

もう15年くらい前になる。
その男は「私、もうすぐ50歳になるんですよ」と、言って来た。

S県のS新聞社杯の予選。
偶々自分は朝一のティーショットがうまく行き、1番ロングをツーオン出来てバーディーと幸先良いスタートを切れた。
そのまま、何となく流れが良い方に傾いて、アウトを1オーバーでまとめることが出来た。

同伴競技者3人のうち、二人はまだ30代の陽に真っ黒に焼けたバリバリのアスリート風。
残りの一人は、小柄で細身のいかにも真面目なサラリーマン風の、でも日にはしっかり焼けている中年の男だった。

その中年の男が、昼食の時に語りかけて来た。
「競技に挑戦して5年くらいなんですが、まだ一度も予選通ったことがないんです」
「出来る限りのこと、やっているつもりなんですけど...」

いかにもゴルフ慣れしている若い二人と比べて、彼のスタイルは何となく似合っていなかった。
クラブも古いものだったし、どちらかと言うと「初心者向き」なんてタイプで、高いものではなかった。
「私、こういうスクラッチの試合の予選を通るのが夢なんですよ」
「30で始めたゴルフなんですけど、ゴルフが好きになっちゃって...」
「なんかの試合でちゃんと予選を通るまで、ほかのことは後回しにする、と決めたもんで」
「...でも、まだ一度も予選通っていないんですよ」

収入のほとんどをゴルフにつぎ込んでいるために、結婚もまだしていないと。
こういう試合の出場資格を得るためのハンデが必要なので、安い河川敷のコースの会員権を買って、シングルにはなれた...でもそのおかげで貯金もない、と。

何ともスマートではないけれど、変則スイングではあるけれど、彼のゴルフは大した破綻をすることもなくフェアウェイキープ、パーオン、ボギーオンを繰り返し、パット次第でパーかボギーとなっていく。
しかし、アプローチのミスで、ショートパットのミスで、一つ二つとオーバーが増えて行く。
飛ばない分、バーディーチャンスにつくことはあまりなく、常に拾いまくる厳しいゴルフとなっているのが判る。
そうしてハーフが終わると、やはりスコアは40前後に収まってしまう。
...80ではこういう試合は通らない。

「私は、出来る限りのことをしてるんですけれどねえ...」
試合中なので、もちろん技術的な話などしなかったけれど、彼の溜め息が心に残った。

後半崩れかかった自分は、最終ホールのバーディーで予選を通ることが出来た。
しかし、彼は81。
カットは78だった。

予選が終わった後、彼が「コーヒーでも一杯」というのに付き合った。

「今年はこの後、新聞社系の試合に二つ出るつもりです。」

「なんだかゴルフの目的が、人生の目的になっちゃったみたいで。」

「ええ、予選通るまで絶対にやめませんよ。」

「私、人生だって予選だって、絶対に白旗あげませんよ」

「予選通ったら、嫁さん見つけたいし」

「あなたのゴルフが羨ましかったんで、つい声をかけました。」

あれから15年くらい...その後すぐに競技ゴルフをやらなくなった自分は、その後彼に会うことはなかった。

しかし、今でも時々彼を思い出す。
「あなたのゴルフが羨ましかったんで...」

...彼はもう予選を通って、嫁さん見つけて、違うゴルフを楽しんでいるだろうか。

それとも...

img_0-126

オープンコンペで出会ったTさんは、いかにも生活の苦労とは関係ないような、清楚な雰囲気さえ残したアラフィフと思われる年配の美しい女性だった。
オープンコンペに出るのも2度目だそうで、まだいろいろな所が慣れていないらしく、遠慮しすぎるような態度で回りに気を使っていた。

普通オープンコンペに一人で参加するような女性は、「勝ち気で男勝り」という感じの人が多く、控えめではあってもゴルフに燃えているのが判るような強そうな人が多い。
それに比べて、まるでおどおどして気弱に見える程遠慮がちにプレーする、一人参加の女性は珍しい。

何となく気になっていろいろと声をかけてみると、彼女の事情が判って来た。

Tさんは、先月から月に一回オープンコンペに出るようになったという。
「ゴルフが今の唯一の趣味ですし、本当に大好きなので月に一度はプレーをしたいんです。」
「会員権を持っていないので、なかなか一人でコースに行けませんし」
「夫は仕事関係のゴルフで忙しくて相手をしてくれません」

「それに、ゴルフ仲間と別れてしまったもので...」

それとなく聞いてみると、つい先頃までは彼女は3人のゴルフ仲間とゴルフを続けて来たという。
練習場の教室などで知り合ったゴルフ仲間で、腕も似たようなもので、この10年くらいはいつもその4人でラウンドして来たのだと。
ゴルフ以外でも、昼食を一緒にとると言って、夕方までファミリーレストランで話を弾ませたり、美術館に4人で行ったり...
ゴルフはそれぞれがいいコースや安いコースの情報を持って来て、侃々諤々の議論の後なるべく近くて安いコースを決めて、平日に4人で出かけていた。
ラウンドが終わると、皆が住む町の近所のファミレスで結構遅くまで、その日のラウンドやそれぞれの家庭の話や、近所の人の噂話で盛り上がり本当に楽しかった。
...その仲の良かった4人が別れてしまったのは、付き合い始めて10年くらい経ったからと企画した、一泊2ラウンドの旅ゴルフが原因だった。
少し遠く離れた評判のいいゴルフ場をラウンドした後、旅館に泊まり、時間を気にせずに盛り上がろう、という予定だった。
一日目、楽しいラウンドが終わった後、ゆっくり風呂に入り、旅館の豪華な夕食で「今日のラウンド」を肴に盛り上がった。
家のことを心配しなくていい、旅先の自由時間だ。
9時を回った頃、一人が「家ではいつも9時に寝て5時前に起きているから」と、「もう寝る」と言い出した...折角の旅先の自由時間、もう少し話をしようと言う3人に、その一人は「もう眠いから」と譲らなかった。
それでは、と他の場所に移って続きをしようと3人は部屋を出たが、どこも結構お金がかかるために結局しらけて部屋に戻ることになった。
一人は腹を立てて、残ったお酒をみんな飲んで、したたかに酔っぱらった。
そして朝になり、早起きする一人は4時過ぎからバタバタとし始めた。

「こんな朝早くから、バタバタすることないでしょ!」
「静かに寝させてよ!」
「夜遅くまで酔っぱらって騒いでいたのは誰よ!」
「折角旅行に来たのに、なんで一人だけ早く寝ようとするのよ!」
「そっちだって、誰よ! いびきがうるさくて寝られなかったわよ!」
「本当に! あんな大きないびき、聞いた事が無いわよ!」
「あたしじゃないわよ!」
「じゃあ、誰がかいたのよ!」
...

今までに、無かった言い合いになった。
大喧嘩にはならなかったが、みんなしら〜っと旅行気分が冷め、気まずい思いだけが残ってしまった。

その日のラウンドは、いつものような笑い声も軽口もなく、異常に静かなつまらないラウンドだった。

その旅行の後、4人でゴルフへ行くことはなくなった。
旅館での言い合いと、あのしらけたラウンドの記憶が一緒に行く気を萎えさせた。

Tさんは、3ヶ月もするとラウンドをしたくてしょうがなくなった。
が、どうしても3人に連絡を取ることが出来なかった。
...それで一人でもラウンドしようと考えたのが、オープンコンペの参加だった。
まだ2回目だけど、オープンコンペの緊張感や出会いの面白さが判りかけて来ているそうだ。

「でも、折角のゴルフ仲間、そのまま終わってしまうのはもったいないですねえ。」
「少し経ったら、電話してみたらどうですか?」

清楚な面影を残した奇麗な顔立ちのTさんは、少し顔を赤くして下を向いた。
「実はみんなが寝不足になった原因のいびきは、私なんです。」
「疲れると、大きないびきをかくと子供に言われました。」
「なんだか皆に申し訳なくて、私から連絡出来ません..」

...そうなんだ。
あんな麗人のような女性でも、大いびき....そして「いびきで消える10年越しのゴルフ友達」か...

あ〜あ、人生、みんないろいろと大変なんだなあ。

img_0-125

きっかけは、自分のオーバースイングを笑われた時だった。

...Tさんは、運動は好きだったのに運動神経には自信が無かった。
小さな時から、野球でも卓球でもテニスでも、一生懸命やっているのにいつも補欠にしかなれなかった。
試合になると応援部隊の一員として、声をからして応援するしかなかった。
いつも晴れ舞台で脚光を浴びるレギュラーの仲間達が眩しくて、自分もそうなりたいと努力を惜しまなかったつもりだが、それ迄の人生で報われたことは一度もなかった。

それがゴルフを始めて、初めてそういう「レギュラー」と同じ土俵に立てたと思った。
補欠で試合に参加出来ない立場では無く、自分にも必ず出場機会が与えられる初めてのスポーツだ、と感じた。
仕事に必要で始めたゴルフに、すぐにハマった。
そして自己流で努力を重ねた結果、ほかの人達と対等の立場で話が出来る(と思っていた)「90」前後のスコアで回れるようになっていた。
自分の打順になると、気分は甲子園の打席のバッターだった。

・・・ところが、その頃から「ちょっとオーバースイングだね」と言われるようになった。
100を叩いていた頃は誰も何も言わなかったが、90を切るようになるといろいろな人が「ちょっとスイングがねえ...」と言い出した。
Tさんにとって、自己流のゴルフスイングは「十分に身体を回して、思い切り振る」つもりでいるだけなのだが、確かにトップで自分の左足のそばにクラブヘッドが見える。
スタートホールでやっている連続写真を買ってみると、クラブヘッドは殆ど地面につくくらい真下を向いている。
「80そこそこで回れるようになって、このスイングは格好悪い」...そう思ったTさんは、自分のオーバースイングを直そうとした。

左手が曲がっているからだ。
コックが遅いからだ。
腰が回り過ぎているからだ。
体重が左足に乗っているからだ。
タイミングが遅いからだ。
グリップが緩むからだ。
....

オーバースイングになる理由は沢山あるのが判った。
しかし、一つ一つ自分で直してみようと練習しても、いざボールを前にしてスイングすると...相変わらずクラブヘッドは自分の左側で地面を挿しているのが見える。
「才能が無くても努力だけは負けない」と自負するTさんは、来る日も来る日も練習場で自宅でオーバースイングを直そうとして、試行錯誤を繰り返した。

そのうちにスイングがぎこちなくなったのを感じ始めた。
そして、あるコンペのスタートホールで...スイングが出来なくなった。
左腕が地面と平行になる迄は、クラブをあげていける。
しかし、それ以上腕が上がらない。
自分でも不思議なくらいにそこで腕が動かなくなる。
無理矢理そこから腕を上げようとすると、身体がぎくしゃくして振り下ろせない。
汗だくになって、何度も腕を上げようとしたあと、Tさんはそのコンペで棄権した...

練習場ではなんとか腕が上がってボールを打つ事が出来るのだけど、コースに出るとまるで魔法にかかった様に体が動かなくなる。
思いあまって、練習場のレッスンプロに相談すると「多分スイング改造を気にするあまりに、スイングのイップスになったんでしょう」
「心の問題が大きな原因なのですぐに治る様な即効薬はありませんから、焦らずに時間をかけて治しましょう」...そう言われて、思い当たる事は多かった。

Tさんは、その後しばらくゴルフをやれなかった。
しかし、ゴルフをやりたい気持ちは強くなる一方で、なんとか普通にスイングを出来るようにイップスを治して、またラウンドしたかった。

Tさんが苦労に苦労を重ねて、なんとかコースでもスイングを出来るようになって、再びボールを打てたのは3年半後だった。
...両手を離してグリップして、野球のように打つ。
上に上げる感覚では無く、横に振る感覚。
体重移動も回転も考えない。
ボールは両足の中間に置き、左手であげて右手で引っ叩く。
こういう意識で、トップを考えずに済み、クラブを振る事が出来るようになった。

もちろん、なかなか満足するようにはボールに当たらずに飛距離も出なくなったが、とりあえずまた100を切ることが出来るようにはなった。
一緒に回る人達は一瞬ぎょっとするようだけど、ボールが前に飛べば感心してくれる。

以前のオーバースイングと言われていた時のスコアはまだ出せないが、ゴルフをまた楽しめるようになったのが今は嬉しい。
自分は「一生懸命」しか取り柄がないんだから、オーバースイングもイップスもしょうがなかった。

今のスイングはそんな自分の「精一杯」。

自分のゴルフ人生に、もう恥ずかしさも悔いも無い。

↑このページのトップヘ