ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-112

「青い空、緑の野の上を飛んで行くボール」や、「深い緑に包まれた、鮮やかなグリーン上のピンに向かって飛ぶ白いボール」の夢を見る人は、本当にゴルフに惚れ込んでしまった人だ...という話を聞いた事がある。

そんな夢を最近よく見るのは、一体なぜなんだろう。

ゴルフはもう10年近くやっていないのに。

9年くらい前、一人娘が中学生の時に、娘を連れてその時の夫と別れる事を決めた。
自分でも驚くくらい固い決心で、それを実行に移した。
夫は、驚き、嘲笑し、困惑し、懇願し、最後に怒り狂った。

そうして、呆れるほどに大変なエネルギーを費やしながら、娘二人での生活を勝ち取り、今まで暮らして来た。
しかし、自分でも働いていたものの、娘が大きくなるにつれ負担が大きくなる「学費」...つまり教育費は、女一人のそれまでの給料だけでは間に合わず、週5日の昼間の働きの他に、週4日夜のアルバイトをしてなんとかやりくりして来た。
当然、自分ではお金のかかる遊びは一切できる余裕など無く、ただ懸命に生きて来た日々だった。
後悔した事はなかったが、「疲れたなあ」と思う事はしょっちゅうだった。

それが今年、娘は大学を卒業して就職する事が出来た。
...ほっとして、肩の荷が降りた気分になった。

夜のアルバイトをやらなくても、なんとか生活できる見込みが出来た。
そんな風になってから、度々ゴルフの夢を見るようになったのだ。
なぜかいつもその夢は「白いボールが木々を越え、青い空の彼方に飛んでゆく夢」、そして「深い緑に囲まれた、黄色い旗が立つグリーンにボールが吸い込まれるように落ちて止まる夢」。

それで、以前誰かが言っていた言葉を思い出した訳だけど、自分がそんなに惚れ込むほどゴルフをしていたとも思えないのだ。
夫に教わり、連れられてゴルフに行っていた時にはそれなりに熱中していたとは思うけど、ベストスコアだって90を切れなかったし、こういう夢は見た事がなかった。
あの当時にたまに見たゴルフの夢は、「池にボールを何発もいれて、ボールがなくなってしまって、どうしたらいいか判らない」とか「バンカーから出なくて、後ろにたくさんの人が待っていて、みんな怒っている」とか、「たくさん叩きすぎて、スコアカードに書き切れなくて途方に暮れている」とか...
どちらかと言えば、「悪夢」に近い夢ばかり見ていたような気がする。

でも、最近見るゴルフの夢は、なんだかとても懐かしい気持ちと、胸がわくわくするような憧れの気持ちが入っているような気がする。
「もう一度やってみたい...」なんて、少し思ってもいる。

ただ、ゴルフの道具は別れた夫に買ってもらったもので、全て捨てて来てしまった。
新しく始めるには、またお金をかけて揃えなくてはならないし、練習をしなければボールに当たる気もしない。
それに、具体的に始めるには、まだまだ自分の生活に余裕が無いのが現実。
これから再びゴルフを始める事が出来るかどうか...全く判らない。

ただ、最近見ているそんなゴルフの夢には、以前の悪夢のような「目が覚めて、ああ夢で良かった」というような感じは全く無い。

「ああ、もう一度ボールがそんな風に飛んで行くところが見たい」という思いだけが残る。
夢は今の自分に、いったい何を伝えたいんだろう...


img_0-111


Mさんは、最近のラウンドのほぼ9割は上司のK氏と一緒だ。
今の部署に配属されてもうすぐ2年、直属の上司であるK氏に誘われるゴルフは、嫌とは言えない。

...30近くなって殆どの休日をK氏と一緒にゴルフをして過ごす、というのも味気ないとは思う。
しかし、K氏が直属の上司なので、自分の休日を把握されているという事と、今現在つきあっている彼女もいないお気楽独身生活という事で、誘われやすい立場ではあるんだろう。

ただ、困っているのが「今日はいくつで握ろうか?」というK氏の誘い。
「ゴルフを真剣に楽しんで、その上早く上手くなろうと思ったら、チョコレートは欠かせない」がK氏の持論。

...今の会社に入って、仕事の関係上必要と言われて始めたゴルフ。
学生時代に野球をやっていて、球技には自信があったため、すぐに同期の連中よりは上手くなるだろうし、シングル入りだって1〜2年で出来るだろうと思っていた。
しかしそれから5年、相変わらず100を切ったり切らなかったりで、「飛ぶけど曲がる」「いつもスライス」「小技が下手」「パットがノーカン」という評判だけが知れ渡り、同期の中でさえ「下手」という立場になってしまった。
結構本気で焦ったりしたんだけれど...「才能が無いんだ」と諦めかけていた。
そして2年前、今の上司の下にやってきた。

「おう、いい身体しているなあ。」
「飛ぶけど曲がるんだって?」
「独身か? 彼女もいない? じゃあ、休みには俺とゴルフにつきあえ。」
という事で、殆ど休みの度にK氏とのゴルフをする事になってしまった。
もちろん土・日のゴルフは高いので、平日に有給をとったり、代休を利用してのゴルフだ。

そのゴルフが、きつい。
ハンデをもらっても、毎回数千円ずつ巻き上げられる。
おまけにK氏は「プレーが遅い!早く打て!」「下手くそがなに歩いているんだ!走れ!走れ!」「考えたって入らねえんだから、早くやれ!」「ルールブックを見ろ!それは2打罰だ!」「馬鹿やろう!隣に行く時は帽子を取って挨拶しろ!」「フォアーって言う時は死ぬ程でかい声を出せ!」「自分が打ったんだ!運が悪いなんて言うのは10年早い!」「下向いて歩くんじゃない!若いのにジジイみたいな顔すんな!」「コースに文句言うな!ありがとうって言え!」...

親にも言われた事の無い罵詈雑言を浴びせられる。

たまにいいライから、チャンスを決めようなんてすると、「ほう、トップしそうなライだなあ..」
「ちょっとボールが浮いているなあ...」「右の池が効いているなあ..」とか呟いて、自分を動揺させる...大体期待通りにミスをする自分を、腹を抱えて笑い転げるし...

おかげで、ゴルフ以外に使う小遣いが無い。
残りの所持金が少なくても、K氏は鬼のように「これは月謝だ。ちゃんと払え!」と握りの金を奪い取って行く。
なんとかK氏に、ニギリで勝ちたい。
あの上から目線を、ぎゃふんと言わせたい。
...しかしK氏は上手い。
変なフォームで飛ばないのに上手い...自分に文句を言ったりからかったりしながら、いつの間にか80前後では回っている。

もう2年になる。
さんざんいたぶられたおかげか、同期の奴らよりは良いスコアで上がるのは当たり前になったし、会社のコンペでも上位に入る様になったけど、どうしてもK氏より上にはなれない。
当然握りでも一度も勝った事は無い。

畜生!...鬼め...
「俺にどうしても勝ちたいんなら、いくらでもハンデ増やしてやるぞ」なんて言いやがって。
ハンデ一杯もらって勝ったって勝った気なんかしない...

はじめにもらったハンデで勝ったら、そのうちにスクラッチだって勝ってやる。
今週もラウンドだ。
ワクワクしてくる。
今度こそ...鬼め、待ってろ...

img_0-110

抵抗してもしょうがない、と心底思っていた日々の生活の大きな流れの中で、不意に誰かに呼ばれたような気がした。
いつものような一日の午後、いつもと同じような生活のための買い物帰り、ふと誰かに呼ばれたような気がして立ち止まっていた。

焦点があって来た目の片隅に、赤い色が見える。
そこは燃えないゴミの集積場。
市役所に連絡してからでないと捨てられない、特別なゴミの日。
赤いキャディーバッグ。
いかにも女性用で、ウッドとアイアンが12本程入ったまま。
「10年くらい前のかな?」

そう思った自分に、思わず笑ってしまった。
「ゴルフをやっていたのは、もう15年以上前のことなんだ..」

10年ちょっと前に結婚した。
もう年は40に近くなっていた。
夫はゴルフをしないし、する余裕も無い生活で、小学生の小さな子供が二人いる。
多分夫は、私がかってゴルフに夢中になっていたなんて、想像もつかないだろう。
私だって、こんな生活がそれなりに幸せだと思っているから、ゴルフのことなんか話したこともなかったんだし。

20歳を過ぎてから、上司に勧められて始めたゴルフに、あっという間に熱中した。
上手くいくのも失敗するのもともかく面白くて、自分の自由になる収入と時間は、殆どゴルフにつぎ込んだ。
遠いけれど安かったコースの会員権を買って、競技ゴルフも始めた。
やっとシングルになった頃は、もう35歳を過ぎていた。
はじめはうるさく結婚を勧めていた両親も、その頃にはもう諦めていたようだった。

でも、40歳になる頃、相次いで両親が亡くなった。
不景気で、勤めていた会社が倒産した。
タイミングよく、その頃紹介された今の夫と、結婚することになった。
自分には他に選択肢が無かったような時期だし、夫も悪い人ではなかったので、それも人生と納得した。
ゴルフをするような環境ではなくなったのが判っていたので、すべてのゴルフ道具と会員権は処分して、新しい生活を始めた。
それから十年以上ずっと、平凡で幸せな時間に流されて来たように思う。

そこを、呼ばれた。
両手に買い物したビニール袋を下げたまま、捨てられているキャディーバッグに近寄った。
「あの時に捨てたクラブみたい...」
心の底がちくりと痛んだ。

持って帰れば、またあの燃えるようなゴルフの日々を始められるかもしれない。
(両手のビニール袋を片手で持って...)

...歩き出した。
両手にビニール袋を持ったまま。

きっと、今はその時ではない。
流されて行く日々に、心のどこかで熱いものがひっそりと燃え始めても。

あと十年過ぎれば、二十年経てば...
訳の分からない確信がある。
それは、またきっと自分を訪ねて来てくれるに違いないから、と。

↑このページのトップヘ