ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-25

出会ったのはT県のUカントリークラブのオープンコンペ。
一人ずつ参加の男二人、レディス二人のパーティーだった。

もう一人の男性は、ほぼ同じ年代の元サラリーマンゴルファー。
上手くはないものの、ゴルフが好きだと言う事は十分感じさせてくれるプレーを続ける。

女性二人は50歳前後の(多分ゴルフで)日に焼けた元気一杯の女性と、明らかに年上と判る静かな女性。
若い方の女性は、こういうコンペに出慣れているようで、打つ度に独り言で解説反省して明るく笑いながらプレーをしている。
70前後と思われる、微笑みを絶やさない上品そうな女性は、時折コースを振り返りながら淡々とラウンドしていた。

残念ながらこの日は、一緒だった全員が6インチプレース使い...というか、打つ前に必ずボールに触る人達だった。
受付の時に渡されたオープンコンペのルールでは、6インチ・OKありと書いてあるのでそれでも良いのだけど、ボールに触らない人達と一緒になった時には「ノータッチ・カップイン・前進ティー使用無し」でやる事が基本。
自分は一緒に回る人達のその姿勢を見て、楽しくやれるように自分のその日のゴルフの姿勢を変えるようにしている。
この日は、そういうゴルフに合わせる日...もちろん自分は絶対に6インチはしないが、OKパットはありだし、前進ティーを使えと書いてあるなら暫定球は打たない。

でも、この男性は6インチと言いながら16インチは動かすし、若い方の女性も良いライ迄ボールを(距離に関係なく)持って行く。
ただこの高齢の女性だけは、ライがどんなに良くても毎回打つ前にちょこんと座り、ボールを拾い上げて、同じ様な芝の上に乗せてから素振りをせずにポーンと打つ。
その一連の動きが全部プリショットルーティーンになっているようで、プレーは3人の中で一番速い。
飛ばないが曲がらない、いかにも慣れた感じのラウンドという印象を受ける。

詰まっているラウンド中の待ち時間や、カートの移動での間に、女性同士の会話が耳に入ってくる。
そして、昼のレストランでの会話やパーティーでの会話で出てきた話は、彼女の夫が3年前に亡くなったこと。
その夫が亡くなるまでの20年くらいは、毎週一回は夫と二人でラウンドし、海外も含めて色々なコースに行ってゴルフを楽しんだということ。

「夫が亡くなって一年間は、全くゴルフをする気にならなかった。」
「昨年から、またゴルフがしたくなってきた。」
「でも、夫と二人で回るゴルフをずっとしてきたので、ゴルフをやりたくてもなかなか一人ではすることが出来なかった。」
「でも、パーゴルフで漫画の「オープンコンペ挑戦記」を見て、夫と行ったことのあるコースなら、一人で申し込んでも迷惑を掛けずに回れて、楽しめるんじゃないかと思った。」
「でも、こうして来てみると(ああ、あの時、夫はここでOBを打った)とか、(あの時の夫と同じ所でミスをした)とか、一緒に回ったときのことを思い出してばかりいる。」

ぽつぽつと静かに語る言葉をつなげると、こんな風なこと。
そして、
「あたくし、皆さんが100名山を目標に山に登られるのと同じように、死ぬまでに夫と一緒に回ったコースを、全部もう一度回り切ることを目標にたてましたの。」
「幸い、夫が私が生活に困らないだけの物を残してくれましたので...」

多分羨ましいほどの、収入と財産のあった夫だったんだろう。
残された婦人が、生活の心配もなくゴルフが出来る環境でいられるんだから...

毎ホール毎ショット、必ずボールに触って置き直して打つことは、彼女にとってはそれがずっと一緒にやってきた彼女と夫の「ゴルフ」。
彼女は夫と一緒に「ゴルフ」を楽しみ、一人になった後、再びかって夫と回ったコースで、同じ「ゴルフ」を噛み締めて楽しんでいる。
本当に数少ない、恵まれている環境だとはいえ、そんなゴルフがあってもいいだろう。

まだまだ身体が動く限りは、彼女の旅を続けると言う。


...今日もきっと、彼女は夫と一緒に回ったどこかのコースで、淡々と夫と一緒のセンチメンタルジャーニーを続けているんだろう。

 


img_0-24

オープンコンペに一人で参加、ということになると、一番回りやすいのが一人で参加した人達同士で一組になること。
一番回りにくいのは、仲間3人で組んでいる組に入れられてしまうこと。
こうなると殆どの場合、3人が仲間内の話で盛り上がっている場には入っていけない。
当然ラウンド中は3人と一人の2組で回っているような状態になり、大体は存在していないかのように無視されて一日が終わる。
中には気を遣ってくれる人がいたりするけど、会話は当たり障りのないことだけで、結局は一人黙々とラウンドすることになる。
まあ、そんな場合は逆に「スコアで負けるものか!」とか思って、ゴルフに集中できるので結構スコアが良かったりする。

...茨城県のSカントリークラブのオープンコンペで一緒になった3人組は、ちょっと雰囲気が違っていた。
スタート前に挨拶したときに、60年配の男3人組と一緒と判って、「ああ、今日は外れか..」なんて内心思っていたんだけれど、一人が側に来て「今日はご迷惑賭けると思いますが、よろしく」と挨拶してきた。
不思議なのは、少し後でもう一人が「すみませんねえ。今日は一つよろしく」といずれも、近くでこっそり、という感じで挨拶してきたこと。
二人は恰幅も良く、ドライバーの素振りをしたり屈伸をしたりしているが、残る一人は5ー6才ほど年上と思われる、痩せこけた身体で空を見上げているだけだった。
そして「俺はもう、ドライバー100ヤードしか飛ばねんだよなあ」なんてぼやいている。

ラウンドが始まると、相変わらずドライバーがとっちらかる俺は、一人隣のホールに行ったり山の上に行ったり...ドライバーが飛ばないと言った痩せた男は、本当にスローモーションの様なスイングで100ヤードがやっとという飛距離、でも曲がらずにフェアウェイセンターに打っていく。
その時不思議に思ったのは、カートのセルフプレーなのだが、挨拶してくれた二人の男がまるで痩せた男のキャディーのように、クラブを持って行ったり、カートを回したりして動き回っていること。
痩せた男がゆっくりとボールのあるところまで行くと、一人の男が自分のと痩せた男のとの二人分のクラブを10本以上持って走ってくる。
男がポーンとアイアンで数十ヤードを打つと、もう一人りがすぐ側までカートを持ってきて、すぐに自分のボールの所までクラブを担いで走って行く。

昼のレストランで陽気に相手のゴルフの悪口を言い合う3人は、同い年でもう30年以上の付き合いなんだという。
そしてゴルフに熱中したときに、3人は永久スクラッチで握ると約束したんだそうだ。
痩せた男が「いやあ、病気をしてから飛ばなくなってねえ...こいつらは鬼のように俺からチョコレートを獲るんだよ」なんて言うと、他の二人が「なに言ってるんだって! 今まで俺たちからどのくらい勝ってると思ってるんだよ」「家一軒じゃ、きかねえべ!」「うそつけ!俺の方が負けてるんでねえかよ」なんとも気心が知れた仲間同士という会話が弾む。
痩せた男は以前は飛ばし屋で、ハンデは3人の中で一番良くなったという。
でも、「ハンデをやる」という男に対して、他の二人は「永久スクラッチ」で約束したから「絶対にハンデはいらねえ!」という付き合いを通してきたんだそうだ。
ただ黙って聞いている俺は、彼らの話に「次の時には...」「次のゴルフは...」「次の...」と「次の」という言葉が多いなあ、なんて感じていた。

午後のラウンドも、やはり3人は漫才のようにやりとりをしながら、そして二人は痩せた男に気を遣いながら回っているように見えた。
あと2−3ホールというところになると、痩せた男は明らかに疲れ切ったように見えて、それまで飛ばないながらもきちんと当てていたショットが、トップしたりダフッたりするようになってきた。
最終ホールのグリーンに上がるときには、パターを杖のように使ってやっとの事で歩いている、と言う様子だった。
「なんだ、これ入れても俺の負けか!」「今まで勝ってたのを、少しは返してもらわなくちゃなあ」「そうだ、悔しかったら次に取り返せや」なんて笑いながら楽しそうにホールアウトする。
「まあ、永久スクラッチなんだから、今日負けたのが悔しけりゃあ、次はいつでも相手になるさ」
「おう、俺も今日は勝たせてもらったから、次はいつでも受けて立つさ」
「そうだな、次は負けねえからな...」

立ち入ったことや詳しい話は、なにも聞いていない。
残念ながら誰も入賞できなかったパーティーが終わった後、帰り際に最初に挨拶してくれた男が「今日は、本当にご迷惑かけました」と言って握手を求めてきた。


驚く程強く手を握ってきた彼の目は、真っ赤に充血していた。

img_0-23
以前は、カートに乗せるときによくキャディーさんに文句を言われた。
朝の挨拶よりも、謝る方が先だった。
だから、最近のラウンドが2〜3人のセルフカート主流になった事には、本当にホッとしている。
その方が安いし、最近はあまり4人揃ってのラウンドということが少ない事も、少しは気が楽だ。

Aさんのキャディーバッグは...重くはないのだが、大きいのだ。
プロなんかの使うチャンピオンバッグっていうのか...ああいうものじゃないけど、全体が丸い形で、かさばる。
特にカートに積むときには、今主流の「カートバッグ」のように前の方にポケットが集まっていて、左右の幅が狭いやつと違って、Aさんのは左右にポケットがついているので幅を取る。
だから特別大きい訳ではないのに、なかなかカートに収まらない。
特に4人パーティーだったらはみ出してしまって、大変。

最近は見かねた夫が、「カートに乗せやすい少し小さいのを買ってやるよ」と言ってくれたりするんだけど「ううん、あたしはこれがいいの」と言って、相変わらずそのバッグを使っている。
ラウンドするのは月に一回か二回だが、さすがにもう10年近く使っているのであちこち傷んできた。
それなのに、なぜそのバッグにこだわるのか、みんなが不思議がっている。

Aさんがゴルフを始めたのは子供の手が離れてから...近所の友人に練習場の教室に「一緒に行かない?」と誘われてやってみたい気持ちになった。
夫に相談したら、仕事で先に始めていた夫は賛成してくれた...「将来二人で一緒に行けたらいいね。」
でもそんなに給料の多くない生活だったので、道具は靴や手袋やボールといった小物以外は、全部中古ショップで揃えた。
キャディーバッグは、先にゴルフを始めていた知り合いのお古だった。
見栄えは確かに華やかなものじゃなかったけれど、ゴルフが出来るのは楽しかった。
何年経っても道具に関しては別に不満は無かった。


そして、10年程前のクリスマスイブに、夫がゴルフショップ(中古クラブ屋ではない)に連れて行ってくれた。
「今迄使っていたものがあまりにも古いから、キャディバッグをプレゼントするよ」
「どれでも好きなものを選んで」
そう言われて、一時間以上迷ったあげくに「色が好きだから」という理由で、ちょっと変わったこのキャディーバッグを選んだ。
初めて新品で、自分の好きなものを選んだ(ゴルフの)買い物で、自分の小遣いも少ない夫がくれた、クリスマスのプレゼントがこのキャディーバッグ。
嬉しかった...
その頃は「カートに乗せる」なんてことは考えてもいなかったから、ポケットは横や後ろについてるし、丸くて場所をとるんだけれど...独特の色合いが今でも気に入っている。


なぜこの不便なキャディーバッグにこだわっているのかは、誰も知らなくてもいいこと。
でも、Aさんはこのキャディーバッグが壊れてダメになるまで、絶対に換えるつもりは.無い。

↑このページのトップヘ