ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-9

そんなに良い評判のコースではなかった。
東京からの距離は近いのに、アップダウンが激しく、距離も短く、非常にトリッキーという事で有名だった。
ホールは狭く短く、ちょっとでも曲るとボールは崖や池や藪の中に消えて行き、探して回収するなんて事は不可能で、ニューボールなんて勿体なくてとても使えないコースだった。

その代わりに値段は非常に安く、小さな山の連なりの上に作ってあるために、景色も中々綺麗だった。

ゴルフを始めて1年ほどのA子さんは、値段の安さと距離の近さに惹かれてこのコースにやってきた。
しかし、2〜3ホールもプレーするとボールをなくすだけではなく、そのアップダウンの多さに疲れ果て、クラブを杖代わりにやっとプレーを続けるという有様(当時は乗用カートではなく歩きのラウンドだった)。

腰を曲げて、老婆のようにヨタヨタと歩いていってやっとボールのところまで来ても、まだ下手なうえに疲れのためにチョロを繰り返し、前に進まず殆ど真横に飛び出すボールも多くなって来た。
「もう、ゴルフなんて疲れるだけでちっとも楽しくない。」
「もう二度とやるもんか!」
なんて、涙まで出てきた。

お昼でやめたかったのに、「せっかく来たんだから、今日は最後迄、ね?」と慰められ元気づけられて嫌々後半もプレーを続ける事になった。
疲れ果てながら、リフトやら階段やらを使ってやっとたどり着いた後半のあるホール。

ふと、頬に当たってきた枯れ葉に気がついて上を見上げたときに、「うわあ...!!」と声が出た。
今までずっと下を向いてプレーしていたので、全く気がつかなかった...紅葉の季節だった。

そこはコースの一番高いところにあるロングホール。
ホールの左右は絶壁で、気がつくと自分は関東低山の紅葉の真ん中にいた。
そして、さほど派手な色ではないけれど色とりどりの枯れ葉を、秋の風が自分のいる場所より高く吹き上げて、空を舞わせていた。
晴れていて気持ちの良い秋風の中、明るい日射しの中に輝きながら舞い踊る、色とりどりの紅葉はまさに忘れる事が出来ない幻想的な光景だった。

「こんなに綺麗な紅葉は生まれて初めて見た...」

日光や、他の有名な観光地の紅葉と違い、色数が少なく「錦織なす」とはいかないけれど、陽の光の中を舞い踊る落ち葉の風景は息を呑むほど複雑で美しい。
今までのゴルフの「苦しみ」なんて、どこかに飛んでいってしまった。

...それから十年近くの日々が過ぎて、色々なコースに行くようになったけど、あれほどの綺麗な紅葉は見ることが出来ない。
なので、去年の秋に同じような時期を選んで、無理に頼んであのコースに連れて行ってもらった。
天気も良かったし、きっとあのときと同じ紅葉を見ることが出来る...そう信じて。



「...え?ここだっけ?」
「こんな風な紅葉だったっけ?」

あの頃よりはだいぶ上手くなったうちの奥さんは、そのホールのその場所で..途方に暮れる。

「あのときの紅葉は、その後何度も夢に見たほど綺麗だったのに...あの時も、こうだったのかしら..」
彼女の周りには、谷から吹き上がる風に舞う、色とりどりの枯葉が流れて行く。


img_0-8


ゴルフに熱中している人の中には、時折「え?」って言うような「類い希」な能力を持っている人がいる。
仕事関係で知り合って、年に一度くらい一緒にラウンドする機会のある編集者のY氏。
一度回ったコースのホールや自分のショット・スコアのみならず、一緒に回った人のプレー迄を殆ど全部覚えている。

コーヒーを飲みながらのゴルフ談義で、「一昨年回ったXXコースの5番ホールでさあ、君は2打目で..」なんて言われて、まず俺はそのコースを思い出すのに大変な苦労をする(正直、完全に忘れちまっている事の方が遥かに多い)。
やっとそのコースの事を思い出しても、5番ホールがどんなだったかなんて、全く覚えていない。
まして、その2打目がどうだったかなんて、思い出すのは不可能だ。
勿論俺だってラウンドしたことのあるコースでの、強い印象を残したショットを打ったホールなら(なんとか)覚えている。
連続OBを打ったとか、池に3発連続で入れたとか、イーグル獲ったとか、転んで足を捻挫したとか、二桁叩いたとか、狸が出てきたとか、なんてホールなら覚えている。

でも、自分のホームコースでさえ「OOの4番で...」なんて言われたら、「えーーと、まずロング、でミドルで、長いショートの後だから右ドッグレッグのホールだったな...」なんて順番に辿って行かなければ思い出せない。
でも、Y氏はそんなに苦労もせずに、普通に回ったコースの各ホールを全て覚えている。
それも何年も(多分十年以上も)前のも全て、だ。
ラウンド数だって年に30ラウンド以上してるのに。
本人はそれが当たり前と思っているようだけど、他にそんなことまで覚えている人間なんて俺は知らない。
(同じような話では、以前元横綱の北の湖が、相撲界に入ってからの全取り組みを覚えている、ってことを聞いたことがある)

一度疑問に思って、「他のこと(ゴルフ以外のこと)も、そんなに良く覚えているの?」と聞いたことがある。
「いや...言われてみれば確かに覚えているけど、別にそんなに気にした事無いなあ」

...これもきっと、素晴らしい「ゴルフ」の才能なんだろう、と思う。
が、彼のハンデはずっとアベレージのまま。

Y氏は、以前そこでラウンドした事のあるコースに行くと、その時のプレーの内容を全部思い出すと言う。
で、以前のラウンドで失敗したホールでは、「今度こそ」とのプレッシャーが...以前上手く行ったホールでは、それで「また」との力みが...。
結局、あまり良い結果にはならないのだと。

なんだか、「なんてもったいない!」と思うよなあ。
編集者としての仕事の面ではその才能は役立っているようだけど(過去の試合の経過や優勝者等のデータは殆どパソコンいらず...もちろん確認作業はしているとの事)、ゴルフの上達の役には立ってないらしい。
使いようではもっと楽にゴルフも上達し、お金も稼げそうな気がするんだけど...
 

まあ、それに比べると俺は「同じコースに何度行っても、いつも初めてのコースみたい!」...だもの(笑)。
思い出すのは同じ失敗をした後で、「ああ、そういえば前もこれで失敗したんだっけ」なんだから、記憶力なんて「無い」に等しい。


...大叩きがなくならないのはその所為だな。

img_0-7
昨年T県のオープンコンペであったNさん。

じつに幸せそうにゴルフをする。
会話に色々なゴルフの話が出てくる...ゴルフ史の様々なエピソード、プロゴルファーの名前、レッスンの道具、色々なメーカーの新製品、等々...その知識量はもの凄い。
仕事はリタイアしたばっかりで、「これからは時間が一杯かけられるから」もっとゴルフに関することに熱中したいんだという。

昼食時に詳しく話を聞くと、自分の家の庭にゴルフ専用の小屋を建てているんだそうだ。
その中には、集めたゴルフ関係の書物、雑誌、漫画、それにクラシッククラブに名器、珍品、骨董などが山のようにあるんだと。
それだけでなく、クラブを調整する色々な道具だとか、旋盤、グラインダー、溶接機、録音設備の整ったカラオケやスタジオ....
「え? スタジオ? カラオケ?」と、思わず聞き直す。

「いやァ、自分でゴルフの歌を作って歌うんだよ。」
「勿論作詞、作曲もみーんな自分でやってさあ、CD作ったり..。」
「演奏も自分で?」
「それが、ギターしかできないからあ、お金出して演奏してもらったのを録音してさ..」
....(絶句)
「できのいいのは、プロの歌手に歌ってもらって、CDにするんだわ」
「それ、売れてるんですか?」
「いやあ、あんまり。だから知り合いに配ったりしてな、はっはっは」

「パターだってあんまり入らないから、はあ自分で作っちまうんだよ。」
「へっ?」
「水準器つきのとか、レーザー照準器つきのも作ったんだけど,ルール違反だって言われてなあ..」
「やっぱ、ゴルフのルールんなかじゃあんまり変わったのは出来ないやね、わっはっはっは。」

惚れてしまったんだって...もう40年以上。

その間、ずっと変わらずに惚れ続けているのに、ゴルフの女神はずっと冷たいままなんだそうだ。
ハンデはとうとうシングルにはなれなかったって。

「でも、恋っちゅうのは追いかけているときが幸せなんだべ。」
「はあ、つかまえちまったらもう情熱は消えちまうべよ。」

.....惚れちまったんだなあ...ゴルフの女神への片思い。



女神さん、ストーカーとでも思ってるんかいな。
これだけ惚れてるゴルフ馬鹿...いつか抱きしめてやりゃあいいのに。

↑このページのトップヘ