ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-33

昔、彼は風のように速かった。
野球のユニフォームで、100メートルを11秒そこそこで走ったと言う。
彼と初めて会った頃のあるスポーツ祭で、リレーのアンカーで出た彼が前を行く5人をぶち抜いた場面を見た事がある。
最後の一人には届かなかったが、前を行く足自慢の男達が「止まっている」ように見えたのに驚いたものだった。

野球が好きで、いくら勧めてもとうとうゴルフを本気で始めなかった、古い親友。
閉鎖病棟に入院しているという事で、連絡がつかないまま時間が過ぎてしまったため、彼の姉に連絡を取ってやっと鹿児島迄見舞いに行って来た。
どのような状態か、顔を見る迄の時間に十分覚悟を決めて、面会。

しかし、杖をついて出て来た彼は、痩せてもいずに穏やかそうな顔をして、はっきりしない話し方で「よう来たな」と...

風のように速かった彼の足は、一歩一歩20センチ程しか前に出ず、杖をついてゆっくりゆっくりと歩くしか出来なくなっていた。
しかし、指は全部ちゃんと動かせる。
話もゆっくりなら、聞き取れるように話せる。
足だけが自由にならないようだ。

病院に外出許可をもらって、レンタカーで彼の行きたいというところに行く事にする。
まず、彼の住んでいた家に行く。
そして昼飯は、彼がバイクで走って見つけたと言う、小さな港近くの穴場の魚料理屋へ。ここの安くて絶品の料理を食べてから、彼の行きたがっていた「俺のパワースポット」と言う山へ...長くなった療養生活の間外出は全然出来なかったとかで、どこも凄く懐かしそうだった。

そして最後に養鶏をやっているという、彼の幼馴染みのところへ...

この幼馴染みのところに彼を連れて行って、話をしている時に...その幼馴染みの奥さんが駆け込んで来て、「今、関東の方で大地震があったって! 津波と火事で大変なんだって!」

3月11日...あの東北大震災だった。

丁度許可された彼の外出時間も終わりそうだったので、病院に戻って彼と別れる。「歩けるようになったら、ゴルフをやろうや」「ああ、治ったらな」
彼の姉は、「頂いたゴルフ道具なら、奇麗なままで物置に全部あるわよ。」
「まず足を鍛えろよ、太さが昔の半分じゃないか」

...彼は笑うだけ。

本当は2〜3日鹿児島にいて、外出許可を貰って毎日どこかへ連れて行こうと思っていたのだが...テレビのニュースで見る関東・東北の映像は凄まじく、翌日の朝急遽以降の予定をキャンセルして鹿児島空港に行って、キャンセル待ちで東京に戻る事にした。
この地震が無ければ、彼ともう少し話も出来たのだけど...残念だった。



見舞いに行って判ったのは、彼がゴルフを始める事は、多分もう無いだろう事。
問題は、彼がなにもかも諦めているように見える事。
子供が、誰も見舞いに来ない事。

img_0-32


かっての高校野球のヒーロー。
地元では、今でも名前が覚えられているという男。

山あり谷ありの人生に、どんな環境の激変があっても野球に関わり続けて来た男。
草野球でもシニアの野球でも、少年野球でも高校野球の先輩としても野球から離れなかった男。
野球を諦めたらゴルフを始めると言っていて、道具まで揃えてやったのに「一歩」を踏み出さなかった男。
それでも、いくつになって始めても上達出来て楽しめるのがゴルフなんだから、と待っていてやったのに...

去年軽い脳梗塞をやった。
その脳梗塞の薬「ワーファリン」(血液を固まりにくくする薬)を飲んでいたために、春先に再びやってしまった脳出血の症状が悪くなってしまったという...言葉が話しにくくなり、半身に麻痺が残った、と言う。
それでも、明瞭ではない話し方ながら携帯で「もう野球は無理やから、諦めてゴルフを始めるわ」「おう、始める決心がついたんなら、俺が手伝ってやるから。」
「まず、リハビリして身体を戻したら、早速始めようぜ。」


...それからしばらくして携帯が通じなくなった。
2ヶ月ほど連絡がつかない状態が続いたので心配していたら、ある日家の電話が鳴った。
「おお...元気か...」
「今、どこにいるんだ? 携帯がつながらないんだけど。」
「ああ、おれ...精神病院にいるんだ,..。」
で、切れた。
心配になり、状況がわかりそうな人に片っ端から電話をかけて、やっと彼のお姉さんに連絡がついてわかったところは...
脳出血の影響か、幻覚が出て病院を勝手に出て行ったり、夜中に徘徊したり、他人の病室に入って行ったりするようになったんだと言う。
その為、危険な患者と言う事で普通の病院では扱い切れず、フロアごと鍵がかかる精神病院に緊急に入院しているという事が判った。
そして携帯の契約も切れているので、10円硬貨の公衆電話から電話してくるためにすぐに電話が切れてしまう...

何度目かの彼からの電話でやっとわかった彼の気持ちは、「フッとすると高校生になった自分がいるんだ」「あるときは中学生だったり」「自分の教室に帰ったつもりが、違う病室だったんだ」。
...このような状況が改善されないと、退院出来ないらしい。
ヤツとしては、今は独りで生活出来ないという事で介護施設に入居したいのだが、徘徊があると受け入れてもらえないんだとか...

遠い九州の外れにいる彼に、なにも出来はしないのだけど...「あの男が、どうして...」と落ち込んでいる自分がいる。
運動能力ではライバルと認めた男(脚は彼の方がぶっちぎりに速かったけれど、肩の力やバッティングと瞬発力ジャンプ力は俺の方が上だった)の今の姿...
彼の私生活がどうだったかは殆ど知らないが、年に一度くらいあって酒飲むだけで、あいつは俺の事を「お前は俺の一番のツレだ」といつも言っていた。


何度かゴルフを一緒にやろうと誘ったけれど、ついに始めないままで今になってしまった。
...フェアウェイを笑いながら一緒に歩くことは、もう絶対に無理になってしまったんだろうなあ...

今は、ただ、ただ、残念だ。

img_0-31

九州に住む、一番古い親友。
高校時代に地元の高校野球のヒーローとなり、プロからもスカウトを受けた男。
100メートルを11秒台で走り、どんな体育祭でもヒーローだった男。

プロ野球の夢は腎臓を壊した事から断念し、デザイナーとしての道を歩み、俺と知り合った。
しかし野球の夢は決して捨てずに、草野球でもマスターズ野球でもずっと野球を続けて来た。

俺がゴルフを始めてから、何度誘ってもゴルフはやらなかった。
その後山あり谷あり波瀾万丈の人生が過ぎて、故郷の九州に戻った時に「俺もそろそろゴルフを始めるかな」なんて電話があった。
「それで、お前の持っている道具で、使ってない奴くれないか」
すぐに、ピンアイ2プラスの1番からロブウェッジまでの全番手と、ピンのオールドタイプのパター、ファウンダースのメタルウッド1番と3番、それを新しいキャディーバッグに入れて送った。
ヤツの運動能力ならば、2〜3年でシングルクラスになるのも夢ではないと思っていた。
しかし、地元の野球のヒーローとして肩で風切って歩いていたヤツには、格好が悪いゴルフビギナーの時間を我慢する事が出来なかった。
「レギュラーにもならんかった奴が、ゴルフじゃ大きな態度してるねん」
「やっぱ、オレは野球をやるわ」


リハビリをしていると言う電話があってから、しばらくすると電話が通じなくなった。
様子を見に行くのには九州鹿児島はちょっと遠過ぎて、心配ながらも時間が過ぎて行くだけだった。


ずいぶん時間が経ってから、また電話があった。
「すまん、今度は脳出血やて」
「脳梗塞の薬で、出血しやすくなっていたとかなんだ」
「今度はまだ立てん...本気でリハビリやらなあかんわ」

前の時より話すのが大変なのが判る...電話では聞き取れない言葉が多い。
ひと月前に脳出血を起こし、やっと話が出来るようになったんだと。


鹿児島に一人戻ってから...朝から芋焼酎をぐいぐい飲み、煙草をやめない男だった。
波瀾万丈の人生に、飲まなくちゃいられない様な状況もあった。
最初の脳梗塞の回復が良かったんで、また無茶をしていたらしかった。

こんどは時間がかかりそうだけど、ヤツは今度も頑張ってリハビリをして、きっと立ち直ってくれるだろう。
根性はあるから、ゴルフを始められるくらいに回復して来ると信じている。

もうあのピンアイ2は使えないかもしれないが、シニア用のクラブならオレが必ず用意して始めさせてやる。
なあ、お前。
お前と鹿児島のコースのフェアウェイを、悪口言いあいながらラウンドするのをオレはずっと楽しみにしているんだぞ。
 

↑このページのトップヘ