ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-41

「あ,違う!」
思わず声に出てしまった。

「どうしたの?」
「あ、いえ、なんでもないです。」

来月早々にあるサークルのコンペの前に「月に一度くらいラウンドしなくては」と来た9ホールのコースでのこと。
友達と二人で手引きカートでスタートした。
ティ−ショットはまあまあで、セカンド地点でアイアンを持った時、今までと違うグリップの感触に驚いて出た声だった。

夫に買ってもらったこのアイアンも,もう2年以上使っている。
以前は夫と二人で週に一回くらいのペースでラウンドしていた。
その頃は夫の収入も良く、はやりのアイアンに買い替えたりも頻繁にしていて、このアイアンも結構評判が良かった製品を買ってもらったものだ。

でも、一年半ほど前に夫の会社が倒産して、生活が変わった。
50歳近い夫には、再就職の口がなかなか見つからない。
失業保険が切れた後は、やむを得ずタクシーの乗務員募集に応募して、今はまだ慣れない仕事に頑張っている。
生活も不規則になり、収入は以前の半分以下となった。
あたしも近所のストアでパートを続けている。

サラリーマンだった頃の夫は,ゴルフに熱中していた。
凝り性だったために、何セットもクラブを買い込み、物置にクラブを調整する器具や測定器などまで据え付けて、夜中までクラブを楽しそうにいじくり回していた。
しかし、会社が倒産してからなかなか仕事が見つからないために、そうした高価だった器具類や殆どのクラブはオークションで打ってしまったらしい。
ゴルフも「もう少し稼ぎが良くなるまでは」と、もう一年以上行っていない。

当然あたしも入っていたゴルフのサークルを辞めようとしたけれど、夫が「楽しみに月に一度くらいのゴルフをやらなくては...あんまり可哀相だから」と、続けさせてくれた。
(まあ、その金はあたしのパートの収入から出しているんだけれど。)

そういえば、一週間くらい前にあたしがアイアンを手に取っていたときに、夫が「なんだ、グリップが光っているじゃないか」なんて言っていたっけ...
2年くらい変えていないあたしのアイアンのグリップは、ゴルフ教室の練習で週に一回と、月に一回のラウンドで使っているだけだけど、よく使うウェッジやショートアイアンがカチカチのつるつるにはなっていた。
でも、グリップを買うんだって高いものだし、よく拭いて使えばそう滑る事もないのであまり気にしていなかった。
それが今日、握ってみるとアイアンは全部、明らかに新しいグリップに替わっていた。

ラウンドしながらグリップの話をすると、友達は「そのグリップ、今流行のやつで結構高いわよ。」
何でも、滑りにくいのと衝撃吸収の効果もあるらしい。

そんなグリップに8本全部交換するのには、結構お金がかかったろうに(自分の小遣いも無いような稼ぎなのに)。
...自分のゴルフには行かないで、夜中にあたしのアイアンのグリップを交換してくれている夫の姿を想像して、ちょっと涙が出た。

新しいグリップは、実に手に優しい感触だった。

img_0-40
こんな事、実際に出会わなければ他人に聞いた事だったら、自分じゃ絶対に信用しない笑い話。

T県のKカントリークラブでのオープンコンペで一緒になったのは、30代で元気いっぱい、身体中から「ゴルフが大好き」という雰囲気を発しているSさん。

Sさんは、ゴルフを始めて3年目とかいうことで、「今は何を置いてもゴルフに熱中してます」「有給が取れれば、こうやって一人ででもコンペにも参加してるんです」。
仲間内で一番飛ばす、とかで「飛ばしじゃあ、普通の人には負けませんよ」「飛ばしっこしましょうか」と、何とも明るく屈託がない。
そしてスタート前に顔を赤くして語っていたが「奥さんに頼み込んで、ボーナスを使わせてもらって作ったんです!」というピカピカ新品のドライバー。
週刊誌や何かで良く紹介されている「カスタムフィッティングをしてもらいました!」、「自分専用の自分に一番あっているドライバーなんですよ!」と、嬉しそうに撫でたりさすったり...何とも微笑ましい。

ラウンドをスタートすると、結構体も大きなSさんは確かに良く飛ばす。
しかし、今日が筆おろしだというドライバーは、時折信じられないくらいとんでもない方向に曲がる。
「本当に合ってるの? それ。」なんて感じる程。
それでもSさんは、「まだドライバーになれてないからですよ」とドライバーを疑うことは全くない。
フェアウェイを捉えるのは3回に一回くらいで、右に左にと忙しく駆け回るSさんだが、めげずに陽気なゴルフを続ける。

午前中のハーフが終わって食事をしているときには、Sさんは「自分のスイングのヘッドスピードを測って、スイングのタイプをビデオで分析し、色々なヘッドとシャフトを組み合わせて、凄く時間をかけて自分のスイングにピッタリ合うドライバーを作ってもらった」事を熱く熱く語り続けた。
「だから、曲がったり結果が出ないのは自分が悪いんです」と。
作ってもらった費用も普通の新品のドライバーよりずっと高かったけれど、奥さんも「あなたがそれだけ熱中しているんだから」と許してくれたんだそうだ。

...午後のハーフが始まり、Sさんは相変わらずボールが散らかる...「スイングはそんなに悪くないのになあ」、なんて見ていた俺は「あれ?」と気がついた。
なんだか切り返しの時にシャフト、というよりグリップが曲がっている気がする。
「ねえ、ちょっとドライバー見せてくれる?」「あ、いいですよ」

「なんだ! これ!!」

「え? なにかおかしいですか?」

「あのねえ、これ、グリップが半分しか入ってないよ」
「気がつかなかった?」
「ええ、わかってますよ。」
「でも、僕専用に全部作ってもらったんだから、それも僕に合わせてるんですよ」
「そんなこと絶対にない! これは向こうのミスなんだから、こんなグリップで使っちゃダメだよ」

...信じない。
それが自分専用だと思っている。
「俺の言うこと信じないんなら、他の人にも聞いてみればいいよ」
...丁度詰まっていたホールで、前の組の60年配のスイングの綺麗な上級のベテランゴルファーに見える男に声をかける。
「ちょっとすみません、このドライバーグリップして貰えますか?」
「あ、はい、いいですよ....え?」
「なんじゃ! これは!」
「おかしいですか? 僕用に作ってもらったドライバーなんですが...」
「こんな仕事するなんてふざけてる! どこの店なんだ! すぐに怒鳴り込みなさい!」
...本気になって怒り出した...そこでやっとSさんも、そのグリップが普通じゃないことを信じた。
そのグリップは丁度半分くらいしか入っていなくて、左手はグニャグニャの部分を掴むしかなく、かろうじて右手がシャフトの部分を掴める感じだったけど、Sさんは「自分は腕の力が強いので、わざとそうやってあるものだ」と信じていたんだそうだ。

...後日彼から連絡があり、そのコースの帰りにショップに行って訳を話すと、店長以下全員が平謝りで着け直してくれた、という。
...もし、俺が言わなかったら、彼はあれが「自分用のカスタムフィッティング」と信じて、ずっとあの状態で使い続けたんだろうか。

ダメだよ、このクラブをフィッティングしたゴルフショップの人達。
善良な熱中ゴルファー達は、あなた方を信じてなけなしの大金を払っているんだから。
彼等を失望させる様な仕事をしてたら、あなた方に未来は無くなるよ。 

img_0-39



その男の父親は、一般の人ではまだプレーする人の少なかった1960年代から、ゴルフに夢中になっていたんだという。
仕事が順調で結構裕福であったらしく、名門とはいかないまでも、それなりのコースに入会して週一はゴルフをやっていたんだという。
ただ、息子であるその男は、いわゆる全共闘世代で、当然その頃の(俺も同じイメージを持っていた)ブルジョア階級のチャラチャラと女を侍らして、ポコンポコンと棒きれでボールを転がしつつ歯の浮くようなお世辞を言い合う、そんな風にしか見えなかった「ゴルフと言う遊び」が大嫌いだったそうだ。

熱心な割には、それほど上手くはなかったというその父親は、それでもその頃の一流の道具や服装には敏感で、結構な金をゴルフにつぎ込んでいたらしい。

...時が流れて、その父親が亡くなってから、彼自身がふとしたきっかけからゴルフをプレーすることになった。
そして、ゴルフによくある話のように、「始めてみたら、こんなに面白い物はなかった」という出会いとなり、親父に比べて多くない稼ぎの半分以上をゴルフにつぎ込む「熱いゴルファー」の誕生となった。
当然、最新の「飛ぶ」とか「正確な」とか言う売り文句の道具についても、金を工面しながら熱心に買い換えるようになり、やっと亡くなった父親の気持ちが分かるようになったという。

彼自身安いコースのメンバーとなり、競技もするようになって、やっと「ああ、父親とこんな話をしたかったなあ」と思うようになった。
そしてあまり帰ることのなかった故郷に、そんなことを父の墓の前で話したくて帰った時の出来事。

母親に、「父親の使っていたゴルフの道具がまだ物置にそのまましまってある」と聞いて物置の中を調べた。
そこには使い込んだ皮製のキャディーバッグがあり、中にはマグレガーのパーシモンウッドとスポルディングの赤トップのセットがあり、赤トップはうっすらと銅下メッキが透けて見えるほど使い込んであった。
ゴルフの知識を持つようになった今では、それがどんな名器だったかが判ることもあり、改めてオヤジの熱中ぶりが実感として感じられた。
そしてその時、そのキャディーバッグの奥にもう一つキャディーバッグがあるのを見つけた。
使われた事の無い様な奇麗な状態で、引っ張り出して中を見ると、そこには全く使っていない新品の状態のフルセットのクラブが入っていた。
ウッドはやはりマグレガーのパーシモンの1番3番4番、そしてアイアンは...黒トップの2番からサンドまで...パターはピン。

「なんで使ってない物が?」と不思議に思って、キャディーバッグのポケットを調べてみると、上側の小さなポケットから小さな紙切れが出てきた。
「ドライバーは初心者でも使えるロフトの大きな物、アイアンは低重心でRシャフト、パターは易しいピン...OO(彼の名前)用」
母親に聞いてみると、父親が「あいつはきっとゴルフを始めることになるから、いいモノを今のうちに揃えておいて、あいつが始めたらプレゼントするんだ。」と言っていたとか。
「俺が手ほどきして、親子でラウンドするなんてのがこれからの楽しみだよ」
母の前ではそれが口癖だったらしい...俺に言った事なんか無かったのに。

黒トップは、確かに彼の父親の赤トップよりは低重心に見えるデザインだが、ネックが長いために見かけほど低重心じゃないし、スチールのRシャフトだって今のシャフトに比べれば重いし硬いし、ましてパーシモンウッドにスチールシャフトなんて今じゃ過去の遺物で使えやしない。

...でも...



オヤジが生きているうちに始めていれば良かった。


↑このページのトップヘ