ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-80

駅からNさんの家までの帰り道に、その練習場はある。
線路際の道は道路の照明が少ないために、その練習場の照明の光は特別明るく輝いて目に眩しい。
深夜11時までやっている練習場は、夜遅くであっても必ず誰かが練習をしている。

Nさんがその練習場の前の道を通り過ぎて、自分の家に帰り着くのは10時過ぎになる。
もうそんな暮らしが10年になる。

その10年前までは、Nさんもこの練習場の常連だった。
本当に「常連」という名にふさわしい存在だったと言える。
何しろ、ほぼ一週間毎日、特別な用事がある時以外はこの練習場にいた。
平日は会社が終わると、家よりもまずこの練習場に寄り、付属の喫茶店でコーヒーを飲んだり、置きっぱなしの自分のクラブで1~2時間打ったり。
必ず自分と同じような「常連」の仲間が誰かしら居たし、練習場の社長家族とも仲が良かった。
土曜、日曜は朝から一日この練習場にいる事が多かった。
常連なりに練習場からサービスしてもらう事も多かったし、沢山の顔見知りと話したり、お茶を飲んだり、あるいはビールを飲んだり...
朝9時前には練習場に出かけて、帰りは夕飯の出来る7時くらい。
それが楽しかったし、そんな時間が生き甲斐とも言えたし、家族だって面倒な自分が家にいない事を喜んでいた。
いろいろと居心地の良いサービスを受けていた代わりに、練習場が大雪で大変な時には常連のみんなと一緒に早朝から雪かきをしたり、台風の時には後始末を手伝ったり、客と経営者を越えた付き合いという感じだった。
定期的に練習場主催のコンペもやり、みんなで近所のコースの年間会員になったり、何人かの常連は一緒にあるコースのメンバーになったり...
Nさんも年間会員になったコースで、遂にシングルハンデをとって、更にゴルフに対する熱は上がる一方だった。

そんな時間がずっと続くと思っていた。
年を取っても、この練習場でひなたぼっこをしながら常連の人達とゴルフ談義に花を咲かせて、練習が終わればみんなでビールで乾杯して...そうなると思っていた。

変わったのは10年くらい前から。
ある日、常連の中でも中心だった、明るく陽気でハンデが4の人がいなくなった。
家業の建設業がうまく行かなくなって、夜逃げをしたのだと噂に聞いた。
少しずつ人が減って行った。
そして、Nさんの会社も...繊維業としては中堅の位置にあったという会社が倒産した。
円高の影響で、どんなに良いものを作ってももう売れなくなった、ということだった。

それからあと、Nさんの仕事探しが始まった。
1年かけてやっと就職出来たのは、今までの半分の給料の畑違いの会社の契約社員。
ゴルフをやる余裕は全く無くなり、練習場には行けなくなった。
同年代だった練習場の2代目社長は、「別に練習しなくていいから、気楽に遊びに来てよ」と言ってくれたけど、気持ちがそういう風には納得出来なかった。

毎日見かける練習場の風景は、見慣れた常連の姿が少なくなって来たのがわかる。
以前に比べれば半分くらいしか客は来ていないようだけど、若い二人連れや、夫婦や、仲間と来ている若者の姿が多く見られるようになった。
経営者も、今は3代目の若い人が中心になっているらしい。

しばらく練習場に預けていたバッグも、2年程してから家に持って帰ったまま、物置に置いてある。
もうクラブにも、何年触ってないんだろう。

自分の人生はいつもの帰り道の、照明の少ない道路のようだ。
あの明るく輝く不夜城のような練習場は、自分の人生が再び明るくなった時に、やっと再び入場することが出来る夢の城のように思える。
ゴルフをやめたつもりは、ないんだし。

...今はまだ、あの光輝く城には近づけない。


img_0-79



なんとか就職できた。

小さな会社だけど、安い給料ではあるけれど、やっと社会人として歩き出せる。

狭いマンションの部屋には、宅急便の配送カバーの中に入れたままのキャディーバッグが立てかけてある。
一つの夢は破れて、一つの夢が始まる。
実家を遠く離れての社会人生活は、全く新しい生活。
今現在、そこに「ゴルフ」はない。

中学時代に、父に連れられて行った練習場。
そこでレッスンプロに才能を見いだされて、本格的にゴルフを始めた。
高校時代には、地方の小さな試合だけれど、上位入賞を続け優勝も何度かした。
期待されて、ゴルフで大学に推薦入学した。

そうしてゴルフを続けるために、普通の会社員だった父は、自分のゴルフをやめて会員権を売り、車も手放して全面的に協力してくれた。
私の試合の結果に、家族で一喜一憂してくれた。
当然、将来はプロになって父が自分にかけてくれたものを、倍にして返してあげるつもりだった。

大学のゴルフ部で活躍し、プロになる...つもりだった。
しかし、甘くはなかった。
同じゴルフ部のほとんどの人は、普通の家庭よりずっと裕福な人が多く、練習したければ強くなりたければ、余計に金のかかる世界だった。
奨学金と実家からの仕送りだけでは、とても試合のレギュラーになるための練習代にも足りなかった。
勿論バイトもして、出来る限りの努力はしたつもりだったけど...とうとう大学でレギュラーにはなれなかった。
スコア的には上位の力はあったと思うが、アマチュアの試合に多い「マッチプレー」に弱かった。
「ここ一番」の勝負には殆ど勝てなかった。
マッチプレーの、「相手の弱みをとことん突く」とか、「溺れかけた人間を更に上から押しつぶす」...そういう気持ちになれなかった。
...「相手の不運を願い、喜ぶ」勝負に徹しきれなかった。
アマチュアの試合でそうなんだから、自分はとてもプロではやって行けないと早い段階で自覚するより無かった。
ゴルフには、辛さの方が大きくなって、少しも楽しめなくなっていった。
父にそんな事情を報告し、3年でゴルフ部をやめると言った時には、「お前に悔いが無ければ、それでいいんだ」と言ってくれた。

大学3年から必死で就職活動をして、故郷から遠く離れた東京で、やっと小さな会社に就職出来た。
ゴルフする余裕はもう無いだろうと、ゴルフの道具は全て実家に置いて来た東京だった。



...ある日、宅急便で自分のゴルフバッグと靴や服が送られて来た。
バッグのポケットには、「社会人になれば、そのうちにする機会もあるだろう」と父の字で書いてある手紙が入っていた。

まだまだ仕事にも東京暮らしにも慣れて無いし、ゴルフをする気持ちには全くなれない。
今はまだゴルフは「楽しい」よりも、「辛い」という気持ちの方が大きい。
キャディーバッグは送られて来た時のまま、部屋の隅に立てかけてある。

そういえば...卒業して東京に来た後、母から「お父さん、久し振りにゴルフをしに行ったのよ」と聞いた。

あと5年もしたら、自分もまたゴルフをしたくなるかもしれない。
そうしたら、父と一緒にラウンドを楽しめるかもしれない。

そうしたら、
そのスタートホールのティーグランドで、改めて「父さん、どうもありがとう」って言うつもりだ。




...きっと父は、そのティーショットをミスするはずだ。

img_0-78



オープンコンペに参加すると、本当にいろいろなゴルファーに会える。

そのほとんどは、限られた時間と収入を涙ぐましい程にやりくりして、好きなゴルフを楽しもうとしている素晴らしいゴルファー達なんだけど...

たまには、「なんでこの人はゴルフやっているんだろう?」なんていう、酷いゴルファーも居る。
そんなゴルファーは、多分誰からも相手にされなくなって、最後の手段としてオープンコンペに参加しているんだと思う...運悪く一緒の組になったゴルファーにとっては、堪ったもんじゃないんだが。

しかし、時には「???、なに、この人?」なんていう人に会ったりするから...ゴルフって奴は面白い。
この前一緒になった人も、そういう「変」な人だった。
年は60代半ばから70代。
使っている道具は、一つか二つ前のクラブで別に変わってはいない。
服装も当たり前だし、スイングは自己流で固めたスイングだが、特別酷いミスをする訳でもない。

ただ、全部のショットがすくい打ちで、そのままだと飛ばないし上がりすぎるので、トップ気味に打つことを長くやり続けて来たんだろう。
ドライバーもアイアンも低い球でスライス、大きく曲がる球では無く、安全だが飛ばない。
プレーぶりは、やはりベテランらしく遅くもなく淡々と回る。

しかし、驚いたのが3ホール目。
セカンドを左足下がりから打ったが、すくい打ちのために本物のトップボールとなってフェアウェイ右のラフに。
確かにそこら辺に飛んだのは見えたのだが、他の3人も加わって探したがボールが見つからない。
それほど厳しいルールのコンペでもないので、「その辺にドロップして、前進4打で打った方がいいですよ」とほかの人が言うと、「私、ボールが無いのでこのホールギブアップして、3倍打つけます」。

「あ、ボール、バッグからとってあげますよ。」
「いいえ、キャディバッグの中、ボール無いんです。」
「え?」
「ボール一個しかないんで」

え?
ゴルフするのに、ボール一個しか持って来ないの?
他の3人は、顔を合わせて...

3人がアプローチとパットする間、その人は反対側にある池の周りのラフに降りて行った。
パットを打っている間、「ガサゴソ」「バキバキ」「ドシャビチャ」といろんな音がする。
パットを打ち終わってピンを立てていると、その人はズボンと両手と靴を泥だらけにしながら、泥まみれのボールを2個持って来た。

次のホールから、またその前と同じようなプレーを続け、午前のハーフを終わった。
昼食の時に、「いつもボール一個しか持って来ないんですか?」と訊かれても、「いや・・まあ・・」と言葉を濁すだけ。

午後のハーフ、やはり4ホール目で池に入れて、彼のボールは無くなった。
その池のボールはみんな岸から離れたところに沈んでいて、回収は出来そうになかった。
また、「3倍スコアでいいです」とギブアップした彼は、周りを見渡してボールを探そうとするが、あいにくボールが落ちていそうな場所はなかった。
たまりかねてというか、しょうがないというか、他の3人が「これ使ったボールですが」とか「これは私は使いませんので」とか「どうぞ」とか言って、彼にボールをあげることに。

その後はボールをなくすことも無く、むしろロストボールを更に拾って増やしたりしながら、彼は18ホールを回り終えた。

何の仕事をしているとか、あまり個人的なことは話さなかったが...先週もオープンコンペに出たし、来週もまた、どこかのオープンコンペに出るそうだ。

まあ、次はボールが5つくらいに増えたことだし、ギブアップしたり同伴競技者から分けてもらったりはしなくて済みそうだけど...

ねえ、不思議なお方、長そうなゴルフ歴なのに、いつもこうしてボールは自給自足してやって来たのかい?
...毎週ゴルフやってるなら、せめてロストボールくらい買って来た方が良いと思うんだけど。

↑このページのトップヘ