ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-109

あるオープンコンペで一緒になった、60代半ばの白髪の男。

「ゴルフは、スロープレーが一番いけないんだ」と、やたらせかせか動き回る。
他の人が打ち終わる前に、もう自分が動きだす。
確かに歩くのはちょこちょこと小走りに近いような感じで、いかにも急いでプレーしようとしている「ように」見える。

が、このパーティーで、我々残りの3人はこの男の分迄、急がなくてはならなくなった。
実にせわしなく動き回る男だが、「手続き」が長いのだ。
自分がいつからか決めてしまった「ルーティン」を、どんな時でも守らなくてはいけないと固く神に誓っているようだった。
せかせかと細かく動き回るのに、ボールをセットするのに、ティーグラウンドの一番前ぎりぎりのところに、ティーの高さから文字の方向迄細かく細かくセットする。
ボールの方向を決めたら、せわしなく3回素振りをして、もじもじとアドレスに入る...もじもじもじもじと動いて...止まる。
「さあ、打つか」と思って見ていると...それまでせかせかと動いていたのが、嘘のように静止してしまう。
「え?」と、見ている我々は前につんのめる思いで、それぞれ「止まった姿勢」で打つのを待つ..待つ...待つ...
息を止めていた肺が「もう限界だ!」と叫び出す寸前に、突然発作が起きたように強烈なスピードで振り上げ...打つ。
打ったと思った瞬間には、その男は剣道の正眼の構えでボールの飛んだ方向を向いて立っている。
...その方向は、毎回ボールが飛ぶ方向が違うので、右だったり左だったり...それはそれで滑稽なんだけど。
まさに、昼寝が出来るアドレス、光速のバックスイング、蠅が止まるダウンスイング...そしてほぼ毎ホールボール探し。
「プレーの遅い奴は、ゴルフやっちゃいかん」と、上から目線で言うのだが...正直、他の人の倍以上時間がかかっているのに本人が気がついていない。

そんなプレーの昼休み、それぞれが夫婦でゴルフを楽しんでいるか、なんて話になった。
「ゴルフは女房なんかとやっちゃいかん」とその男は強調する。
「なんでですか?」
「ワシは喧嘩ばっかりになるんで、絶対に女房とはやらん」
「今日だって、女房は前の組で回っとる」
「え?」

前の、女性4人の組の一人が奥さんなんだと。
見た感じは、この男よりずっとスイングは奇麗で、プレーもテキパキとしていそうだ。
「ひょっとして奥さんの方がスコアがいいんじゃ?」
なんて一人が冗談を言うと...「....」
黙り込んでしまった。

ラウンド終了後、クラブの確認をしている時に、その婦人が男のところに来て言った。
「今日はどうでした?」
男は黙ってスコアカードを見せる。
「あらあ、全然進歩無いのね」
「ゴルフ、向いてらっしゃらないのね」
「相変わらず変なスイングだし、あたしの主人です、って言うのが恥ずかしいわ」

男の頭から、湯気が立っているのが見えた。

...後ろを向いて聞いていた3人は、吹き出しそうになるのを、必死でこらえた。

「そうか、奥さんが前の組で回ってるのは、後ろだと奥さんに全て見透かされちゃう訳だ」
「...おかしくて、涙が出て来た」
「あれで、よく離婚しませんね」
「亭主も亭主だけど、奥さんも奥さんだよなあ」
3人で夫婦に背を向けて、靴にエアーをかけながら小さな声でこそこそと...

奥さんは女性のベスグロや、3位の賞品や、ニアピンなどの賞品を山のように受け取り、男は参加賞だけを持って...「ちゃんと」二人一緒の車で帰って行った。


img_0-108

最初は3番ホールで、3打目を打とうとした時に「トン」と音がして、2−3メートルのところにボールがころころと転がって来た。

2打目をミスした私が、チョロした3打目を打とうとした時だった。
「危ないなあ」と思ったけれど、届いた訳じゃないし、チョロした私が大して前に進んでいなかった事に後ろの組は気がついてないんだろう、と思っていた。
4番でも、5メートルくらい後ろにボールが転がって来た。

前は4人、後ろは3人に囲まれた、夫とのツーサムのプレーだった。
前の4人はのんびりと楽しそうに回っており、後ろはアスリート系らしく30半ばくらいの3人がバックティーから回っていた。
夫と私は、どうしても4人がグリーンを終わるまで待つ時間が長くなり、後ろの組は待っている私たちにちょっとじれているようにも見えた。

そして7番ホール、長く待ったあげくやっとグリーンが空いたので、セカンドを打とうとした私のすぐそばを、「シュルシュル」と風を切る音が聞こえてボールが飛び越えて行った。
「きゃあ!」と悲鳴を上げた私を見て、夫がカートに飛び乗り、急ハンドルを切って後ろに走って行った。

「喧嘩になる!」...そう思った。
しかし、夫は背も高くなく逞しくもなく、普段の生活の中では私が苛つくくらい「大人しい」、と感じていた男。
(何度、「どうしてこんな男と結婚してしまったんだろう」、と後悔した事か。)
...30も半ばをこえて、「悪くなければいいか」ぐらいで決めた結婚だった。

そんな夫でも、「喧嘩になって怪我でもしたら」と心配になって、慌てて携帯を取り出して警察かコースかに電話する用意をした。
3人のところに行った夫は何かを大きな声で言っている。
しかし、3人の若者は大して悪い事をしたという様子もなく、ふてぶてしく黙って立っている。
いずれも、首一つは夫より大きい男達だ。

これは、喧嘩になったらただじゃ済まないな、と感じてコースの電話番号をプッシュし始めた。

そのとき、夫が何かを言ってこっちを振り向いた。
3人がこちらを見た。
すると急に3人の態度が変わって、しきりに夫に頭を下げるようになった。
こちらを見て、再び何度も頭を下げる。

最後は90度に頭を下げて謝っているように見えた。

...その後は、3人は私たちがグリーンに乗るまでティーショットを打とうとはせず、ほぼ一ホールの間隔を空けてプレーするようになった。
昼にはレストランで3人揃って、私に「危ない事をして、申し訳ありませんでした」と謝りに来た。

夫を見直した。
覇気がない、男らしくない男だと思っていたけど、やる時はやるんだ。
それに、私が危ない目にあった時に、ちゃんと身の危険も顧みずに行動する男だと判ったら、なんだか結婚して初めて「ちょっといいかも」なんて気持ちになっている。

ただ...
ただ、あの時、彼らに夫はなんて言ったんだ?
何を言われて、彼らは私を見てから、態度を急に変えたんだ?
...それが、今になって気になる。

夫にその時の事を聞いても、ニヤニヤ笑っているだけで何も教えてくれない。
夫を見直しはしたんだけれど、どうもその事が気になってしょうがない。

...本当に、あの時夫は、私の事をなんと言ったんだ?


img_0-107

Hさんは、明るいショーウィンドーの前でふと足を遅めてしまう。
仕事の終わった帰り道。
夕闇迫る街角に、ひときわ明るいゴルフショプのショーウィンドー。
そこには、来るべきゴルフシーズンに向けて、今年の新製品とやらが飾られている。

極力そういう情報に触れないようにして来たので、何が売り文句の新製品かは知らないが、自分のやっていた頃からはずいぶん形も色も違って来たものだと思う。

30歳を過ぎて、仕事で必要だからいうことで始めたゴルフだった。
そんなに運動神経は良い方ではなかったが、自分には合っていたようだった。
同じ頃に始めた同僚よりはずっと上達が早く、すぐに同僚達は相手にならなくなった。

いわゆる接待ゴルフもうまくこなせるようになって、ますます熱中したHさんは、「もっとゴルフをやりたい」という思いで大衆コースの会員権を買った。
接待ゴルフではない、真剣な競技ゴルフで自分を試したくなったのだ。
初めてもらったハンデは18、Bクラスだった。
毎月の月例には欠かさず出るように心がけて、間もなくハンデ13からのAクラスに昇格できた。
2年ほどでハンデ10になったHさんは、クラブのメイン競技...理事長杯やクラチャンにも参加し始めた。
理事長杯はなんとか予選突破も出来たりしたが、クラチャン予選の壁は厚かった。
2年弾き返され続けた...ハンデも10から上の壁は厚かった。
しかし、クラチャン予選を突破後の「マッチプレー」というものを一度やって見たくて、自分なりの努力を重ねた。

そして3回目のクラチャン予選...パットがよく入った。
5メートルはあるパーパットが3回入った。
チップインのバーディーがあった。
バンカーから、ラフから、奇跡的にカップに寄った。

終わってみると、最下位ではあったが初の予選突破になった。
その次の週に、初めてのマッチプレーが出来る喜びで、その夜の酒は旨かった。

当然、マッチプレーの前夜は興奮して眠る事も出来ずにコースに向かった。

初めてのマッチプレーは、一応勉強して行ったのに戸惑う事ばかりだった。
しかも相手は、ぶっちぎりでメダリストとなった、クラブの顔のようなハンデ1の若い男。
1番ティーから緊張と興奮で、手や足が震えて普段の自分のゴルフが全く出来ない。
おまけに、緊張のために「お先に」なんてやってしまって、「マッチでは遠い人からですよ」なんて注意されたり、相手が2オンしているのに自分はOBのあげく、打ち直して4オンしてさらにパットを打ったり...
カップそばに行った相手のボールに、気がつかずに自分のキャディーに「ああいうのはオーケーを出すんですよ」なんて促されたり...
「浮き足立っている」というまんまのゴルフで、あっという間に7ホール連続のダウンとなった。
バタバタになっている自分は、一つもパーがとれないのだから当たり前の結果だったんだけど。

しかし、8番ホールで相手が1メートルもないパットを外して分ける事が出来た。
続いての9番ホールでも同じように相手が短いパットを外して、分けた。

このままでは連続10ホール取られて、完敗でマッチを終えてしまう、と思っていたHさんは本当にほっとして前半戦を終えた。
いくら相手が強いと言っても、10ホール連続でダウンして負けたのでは、情けなさ過ぎる。

後半迄15分の休憩という事で、Hさんはトイレに駆け込んだ...緊張でお腹の調子迄狂ったようだった。
そこに話し声が聞こえて来た。
「どう? 結構善戦してる?」
「いやあ、相手になんねえよ。 マッチなんてやった事ないおっさんだよ。」
「その割に、7つしかとってないじゃない。」
「次がちょっと手強いだろ、このままじゃ待ち時間が長くなるんで、2−3ホール伸ばして練習するんだよ。」
「じゃあな、決勝で会おう。」
「ああ、待ってるぜ。」

それでわかった。
あの二ホールは、わざと外したんだ。
トイレから出た時の自分の顔は、少し引きつっていたと思う。

後半が始まって10番ホール、自分は必死にパーを取りに行ったが、やはりカップに蹴られてボギーとなった。
相手はやはり1メートルもないパット。
オーケーを出そうと思ったけれど、トイレで聞いた話を確かめたくて見ていた...やはり、外して分けた。
11番分け。
12番のドーミーホール、多分練習が終わったんだろう、ハンデ1の難ホールで1ピンのバーディーパットを真ん中から入れられて、マッチは終わった。

「どうもありがとうございました。」という自分の言葉に、「どうも」目もあわさずにそっぽを向いて投げ捨てたような言葉に...キレてしまった。

前代未聞の事件という事で、コース除名という事になった。
Hさんは、何も釈明しなかった。
それからHさんは、ゴルフを辞めた。
10年以上になる。

しかし...
最近、ゴルフショップの明かりが眩しい。
無意識のうちに、ゴルフスイングのような事をしている自分に気がつく。
しばらく見ていないゴルフ場の風景を、たまらなく懐かしく感じる事がある。


↑このページのトップヘ