ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-92

その上品そうな夫婦に会ったのは、とあるオープンコンペで組み合わせになったとき。
真っ黒に日に焼けた、いかにも回数多くゴルフをやっている雰囲気の漂うご主人と、おっとりとした穏やかで上品そうな雰囲気の婦人は、ゴルフ歴はもう40年近いという夫婦だった。

特に旦那さんのアプローチと夫人のパットは、見応えのあるベテランの技とも言える見事なものだった。
ただ飛距離が出ない分、旦那さんはハーフ44ー45、夫人は47ー50というスコアではあったけれど、プレーも速く、合間の会話もゴルフ知識が豊富で愉快なラウンドとなった。

そして、昼の休憩でレストランに入った時だった。
その日のコンペは食事付きで、一部の差額が必要な料理以外は何種類かの中からどれを選んでも良いと言うもの。
その夫婦は、それぞれカツライスとチャーハンセットを頼んだ。
ハーフラウンドの内容を談笑しているうちに、注文した料理が揃った。
すると夫人が、持っていたバッグの中からプラスチックの弁当箱を取り出した。
不思議に思って見ていると
「私達、ゴルフの時には朝食べてから間がないので、お昼はいつも残していたんですよ。」
「それで勿体ないから、箸を付ける前にいつも残すくらいの分をお弁当箱に詰めてしまうんです。」
「これは私達の、今日の夕食になります。」
「当然痛みやすい生ものは入れられませんから、こういうものだけ入れるんです。」

まずチャーハンを殆ど入れて、カツを数切れ、チャーハンセットのシューマイや餃子、漬け物や酢の物などをそれぞれ区画された場所に器用につめて、弁当箱は一杯になった。
残ったご飯やカツを二人で分けて、美味しそうに食べる。
「私達にはこのくらいで調度いいです。」

その弁当箱は、夏はロッカー、冬は車に置いておくのだと...

ラウンド終了後は、風呂に入った後オープンコンペのパーティーになる。
そのゴルフ場のパーティーは数点のパーティー料理が出るので、確かに昼食が軽くても夕食までにお腹が空き過ぎると言う事はない。

でも、時代がこういう事を自然にしているんだろう...少し前までは、昼食をとらない(昼食が込みでない場合に)事さえ、色々と言われていたのに。
お昼を食べる前にお弁当箱を出して、それに料理を詰め込む人はこの時初めて会ったけれど、ほとんどを残してしまう人よりも本来ずっと「当たり前」の行為なんだと感じる。

ゴルフを楽しむためのラウンド、ゴルフを十分に満喫したら他の事はなにも見栄をはることなく、普通の感覚で生きて行けばいいじゃないか、と。
庶民には庶民のゴルフスタイルを、胸を張って楽しんで行けばいい。

マナーはマナーであって、つまらない見栄ではない。


img_0-91

Bさんは、1週間に4日は近所の練習場に行く。
昼間の11時から4時近くまでをその練習場で過ごす。

打つのはせいぜい100球。
座ってタバコを吸ったり、顔見知りの人と雑談をする時間の方がずっと多い。
昼にはコンビニで買ったおにぎりを食べ、たまに練習場の喫茶店でコーヒーを飲む。

15年ほど前まで、Bさんは六本木にデザイン事務所を持っていた。
30年ほど前には、六本木を自分の庭のように洒落た自転車で走り回り、酒を呑み、女性と遊び、デザイン談義に盛り上がり、時代の先端を行く格好良い粋な暮らしをしていた。
ベレー帽を冠り、アーティスト風のファッションに身を包み、明るく陽気な人気者だった。

彼のデザイン事務所では手作業で様々なデザインをしていて、特に「カンプ製作」という代理店からの急な仕事のパステルスケッチを大量にこなして、日に数万から数十万を稼ぐと自慢していた。
その世界では名の通った売れっ子だったので、文字通り腕一本で最先端の街六本木で颯爽と暮らしていた男だった。

流れが変ったのは、パソコンの普及からだった。
色々な代理店や広告事務所が、マックを使ってデザインソフトで仕事をするようになって、彼の仕事が激減した。
どんな急な仕事でも手作業で徹夜でこなす、なんていうのは必要がなくなった。
特に彼の仕事の中心であった、「カンプ」を手作業で短い時間で創る、なんていう仕事は完全にパソコンにとって替わられてしまった。


しばらくはそれでも六本木の事務所で頑張っていたけれど、事務所の経費が払えなくなって事務所をたたんだ。
そして自宅のある郊外の団地に戻った。
しかし、都心の事務所をたたんだ事によって、少なかった仕事がますますなくなり、今ではすっかり業界から離れてしまったという。
「今だって、センスには自信があるんだけどねえ...」
「なんか仕事は無いかなあ..」
「まだまだ良い仕事が出来るんだけどねえ...」

生活は、奥さんがずっと働いているので心配は無いらしい。
ただ、毎日の時間がつぶせなくて、練習場で過ごす日々が続いている。
ゴルフはこんなにブームになる前に、代理店の人達との付き合いで始めた...ゴルフ関係の仕事も多かった...試合のポスターやパンフも作ったとか。
ハンデは10くらいまで行って、当時として非常に高い道具を揃えて、多い時には週一で行っていた時もあったという。

「新しいクラブを買えないから、ウッドはカバーをかけたままで、打たないんだよ。」

「もう7年くらいコースに行ってないなあ...」

img_0-90

オープンコンペに一人で参加していると、色々なカップルと一緒になる事がある。
勿論一番多いのが夫婦。
若い夫婦というのは滅多にいないが、中年から老年にさしかかった「山坂乗り越えて来た」夫婦には、それぞれの長い付き合いの味が色々と滲み出て来て、とても面白い。
..結構な割合で途中喧嘩を始める夫婦もいるけれど、それもしょうがない(身に覚えがある事だし)。

そして結構多いのが、仲が良さそうな雰囲気なのに「名前」が違う二人。
その中で多数を占めるのは、やっぱり女性の方が「水商売」独特の華やかさを持っているケース。
夫婦の場合の妻の女性と違って、服装も道具も流行の高級そうなものを使っているし、男性が妙に優しく接している。
女性にも男性にどこか甘えている雰囲気がある(演技にしても)。
それ以外では、同級生だとか会社の上司と部下だとか、仕事先の担当者同士だとか言う場合があった。

明らかに夫婦じゃない二人と一緒になった場合、残った我々(たいていの場合、男一人で参加したものどうしが組み合わされる)は、なるべくプライベートな事には踏み込まないようにして、ラウンドし会話する。
それでも大体二人がどういう関係かはわかってくるもので、すぐにそんな事は忘れてプレーを楽しむようになる。

かなり前の話だけれど、一組だけどうしても二人の関係がわからなくて、プレーの間中もう一人の男性と首をひねって二人の関係をひそひそと話し合っていた事があった。
男は50代の小太りでエネルギッシュな感じ...女性は30代の何とも清楚な感じの大人しそうな美しい女性。
この女性が全く水商売という感じのない美人だったので、男二人は考えてしまったのだ。
男が気を使って話しかけているのはわかる..でも明らかに夫婦や愛人と言うほど近くはない感じ。
女は口数も少なく淡々とゴルフを楽しみ、我々にも普通に敬語を使って話をする。
「親子ではないし、上司と部下にも見えないし、どういう関係なんでしょうねえ?」
「夫婦でも愛人でも構わないんですけど、よくわからない二人って気になりますねえ..」
「ゴルフだけ付き合ってくれる女性なんてのもいますけど、それほど愛想が良い訳でもないし..客商売には見えないし...」
「きれいな女性だけに、ねえ..」

ゴルフは、男性が自己流のオーバースイングのカット打ちで100前後だったの対し、女性はルーティーンの決まった癖のないフォームで90前後で回っていた。
明らかに練習場か何処かでプロに教わっているのがわかるスイング...基本に忠実で余計な事はしない、つまりアプローチは転がしだけ、バンカーはグリーンセンターに出すだけ、池は避けフェアウェイキープ第一...入れればパー、外せばダボくらいのスコア。
男はそれに対して何も言わないし、女性も男性のスイングに何も言わない。

我々一人参加の男達はと言えば、そんな二人...と言うよりその美しい女性が気になって、二人とも90オーバーしてしまった。
自分のボールそっちのけで、ついつい彼女の様子をうかがい、彼女のゴルフを見てしまうのだ。

「奇麗な人でしたからねえ」「どんな関係なのか気になっちゃって...」
「そんな余計な事考えてゴルフしちゃダメですね」「ゴルフに集中しないで、よけいな雑念ばっかりじゃねえ..」
「我々、鼻の下伸ばしちゃったんですかねえ」「これもスケベ心なんですか...困ったもんです」
なんて、二人で表彰式(二人とも外れ)の後、顔を見合わせて苦笑い。


...ホントに男って馬鹿だねえ(笑)。


↑このページのトップヘ