ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-49

Kさんは東京の下町で,家族でやっている小さなプラスチック工場の経営者だった。
バブルの始まりの景気の良い頃に、ゴルフにはまったKさんはこのコースの会員権を手に入れた。

簡単に買える金額ではなかったけれど,その頃はずっと会員権の値段は右肩上がりで上がっていて「好きなゴルフをいつでもやれる」ってことと、「確実な投資」も兼ねているから、と購入に踏み切った。
工場の経営も、同じように右肩上がりで伸びていたから、ローンで買っても不安は何も感じなかった。

当然熱中していたゴルフもますます熱が上がり、時間が空くと徹夜明けでもコースに直行した。
毎月の月例、理事長杯、クラチャン、開場記念杯、新年杯、盛夏杯、忘年杯、全て参加した。
ハンデは16から始まって、7まで行った。

Kさんはゴルフのプレーだけにはまっていた訳ではなく、ゴルフの歴史も勉強した。
シングルになってからは、特にマナーに気をつけた。
その中で、彼が気になったのはグリーン上のピンの扱い。
グリーンに乗ってピンを抜いたあとの、その取り扱い...抜いたあとのピンをグリーン上に放り投げようものなら、大きな声で注意した。
彼はピンをグリーン上ではなく、グリーン周りのラフまで持って行って静かに置いた。
抜くときも彼は慎重にカップ周りを傷つけないように抜き、挿すときも慎重にカップ周りに触らないように丁寧に挿し、後続組に一礼してからグリーンを降りた。
先にパットを終えたときには、必ず自分でピンを持って待機していた。
そうしていつか、他の人が持っていても丁寧に奪い取るようにして、自分でピンを持つようになった。

いつしか月例に参加するメンバー達の間にそれが知れ渡り、彼の組は彼がいつもピンの係のようになるのが自然になった。

...バブルがはじけて,一時期2000万を越える値段がついたこのコースの会員権もみるみるうちに下がってきて、200万円を切る程の価格となった。
同時に不況がやってきて、下町の中小工場には厳しい逆風が吹くようになった。
それでも彼の工場は、彼の信用と家族経営で人件費がなんとかできるということで「大丈夫です。うちは信用がありますし、技術に自信もありますから」なんて言っていた。

でも,そのあとに続く不況は長く、時代の変わり目の激動は収まらなかった。
ある月例で久し振りに彼に会ったとき、「うちも厳しくなりました。私もこの月例が最後なんですよ、」「仕事の質が変わってしまって厳しいです。此処の会員権を売れるときに売ってしまって、損金を出さないと...」

このコースも「倒産」の噂がちらほらと出始めて、「売るなら今のうちだ」ということだった。
倒産したら紙くずになってしまう会員権...今ならまだ損金として計上して、少しでも苦しい家計にプラスになる(今は法律が変わって損金計上は出来なくなったが、当時はまだ出来た)。

...でも、自分のゴルフの歴史と、プレーの思い出のぎっしり詰まった会員権...売ることには本当に迷ったそうだ。
でも、もう業者に手続きをしてしまったので、その日の月例が最後のメンバーとしてのプレーになると...

彼は、今までと変わらず淡々とプレーした。
丁寧にピンを抜き、丁寧にピンを置き、自分でピンを持ち、丁寧にピンを挿し、一礼してグリーンを降りる。

「もう、このコースにこうしてプレーに来ることはないんしょうねえ...」
彼は18番でピンを挿したときに、名残惜しそうにピンに向かって語りかけた。



「ありがとう。」


img_0-48

いつもの居酒屋に入ったとたん、失敗したと思った。
カウンターしかない席はほぼ満員で、一番奥の一つ前の席しか空いていない。
しかもその一番奥の席には、60を越えた年配の既に出来上がった雰囲気の男が「いい相手がきた」とばかりに待ち構えている。

うっかりこの手合いに話しかけられて応えてしまうと、ずっとあと迄話を聞かされることになるので「俺に話しかけるな」光線を目一杯出しながら、視線を絶対に合わせないで席に着く。
居酒屋の親父とほんの少しだけ話しながら、目を背けて自分の「酒を飲む」世界に閉じこもろうとした...その時、よせばいいのに親父が「最近ゴルフ行ってる?」なんて話をふりやがった...「ゴルフ、やるんですか?」...ああ、食いつかれた。

話しかけられて無視する訳にもいかず、彼の世界に引きずり込まれる...

「私も,退職する迄は週一回はゴルフ行ってたんですよ」
「殆ど全部仕事がらみでしたけどね」
「腕は90を切るくらいでしたけど、仕事で気を使うゴルフはあんまり楽しくなかったですねえ...」
「でも、ゴルフ自体は大好きだったんで、いつか仕事を離れたら思う存分やりたいって思ってました」
「おかげで日曜日は女房はいつも留守番で..」
「ええ、女房も自分の友達と月一くらいでゴルフに行っていたようです」
「3年前に定年になったので、苦労かけた女房とこれから二人で日本中のゴルフコースを旅行がてら回りたい、なんて思ってたんですよ」

「奥さんとゴルフになんて行かれるんですか?」
私ですか?...ええ、稼ぎが少ないんで一ヶ月か二ヶ月に一回くらいですけど、二人であちこち回りますが...
「いいですなあ...わたしもそうしたかったんですけどねえ..」

「いやあ,私が退職して3ヶ月くらいしたら、女房が身体を壊しちゃったんですよ」
「なんだか立ちくらみがするとか、動悸が激しくなるとか、夜眠れないとか...」
「いろんな医者に行っても治らなくって、症状は重くなるし、大変だったんです。」

「それがねえ、やっと原因が分かったんですよ...心療内科とか言うんでしたっけ...そこでね、その病気の原因が...」
「...ええ、原因は私なんだそうで..」
「ずっと家にいなかった私が、退職して一日中家にずっといる事が女房にひどいストレスになっていたんだそうです。」

「信じられませんでしたよ、そんなこと...私がいったい何したっていうんです?」
「...それで以前から考えていたように、女房に二人で日本中のあちこちにゴルフ行かないか、なんて聞いたんですよ、そうしたら...とんでもない、あなたはご自分の仲間と行ってください,私は友達と行きますから、って...」
「...だから、定年になって3年になるんだけど、ゴルフは殆ど行ってません」
「...ただ家にいるだけでも女房のストレスになる、って言うんでこんな風に昼から酒飲んでます...ははは...」
「それでもまだいい方らしいですよ、知り合いで退職と一緒に離婚したのが何人もいますから...」

「あなたはいいですなあ...奥さんと仲良くやっているんだ」
「...私も私なりに女房を大事にして来たつもりだったんだけどなあ...」

「ああ...つまんない話ばっかりしてごめんなさいね...酔っぱらっちゃってるから...」



「...でもね、本当にね、私ね、定年になったらね...ゆっくりと女房とゴルフするつもりだったんですよ...」

img_0-47


ゴルフの上手い男だった。
パーシモンの時代、右に出して真ん中に戻してくる正式のドローボールを打つ男だった。

ゴルフに対する見識も深く、また男っ気もあり、ゴルフ仲間として一緒にゴルフをするのが楽しい「数少ないゴルファー」だった。
クラブも、アイアンにクラシッククラブの「ウィルソンスタッフの69年ダイナパワー」を使ったり、2アイアンを使ったりで、ラウンドの片方は必ず30台で回り、80を切るのは当たり前という顔をしていた。

そんな男が時と共に(出世と共に)デスクワークが多くなり、だんだんゴルフをやる回数が減っていった。
同時に仕事・プライベート両方で酒を飲む機会が増え、殆ど毎日酒を切らしたことがないような生活が続いていった。
それでも時折ゴルフをやる機会があったのだが、だんだん、というより急速に飛距離が落ちていった。
あれほど綺麗だったドローボールは影を潜め、殆どが当たりそこねのチーピンになった。
アイアンはボールに当たる前に土をかみ、飛距離は2番手も落ちた。
「こんなはずでは」と思って、少し練習して久しぶりの競技なんかに出てみても、もう昔の自分とは比べものにならないゴルフしかできないことを確認しただけだった。
そして、「なんとか昔のように」と言う焦りは左手親指の「バネ指」を発症してしまい、それでも無理して「昔のドローボール」を打とうとした為に酷く悪化させてしまった。
アドレスしてトップ迄来ると、極端に痛みが走ってグリップを続けられなくなり、無理にスイングを続けても「ションベンの様なボールしか打てねえ」と嘆くようになった。
しばらく安静にしていて、半年振り・1年振りに参加した大きなコンペでもラウンドを終える事が出来ず、棄権してはクラブハウスで昼からやけ酒を飲む事を繰り返した。
そして「ゴルフをやろう」とは言わなくなった。

プライドの高い彼は、すっかりゴルフに対してグレてしまってゴルフの話をする事も無くなった。


「腹筋が、大福餅みたいにぷよぷよなんだよ」
「腕立て伏せが3回も出来ないんだ...」
最近、そんな事を言っているのを聞いた。

一見、もうゴルフへの情熱は消えてしまったように見える...しかし、時折出る言葉にはゴルフ自体への興味は失っていない感触がある。
今強いプロのスイングや、調子の良い選手の情報なんかについては非常によく知っている。
かっては簡単に出来たことが出来なくなっている自分への、怒りと、諦めと、わずかに残る期待とがごっちゃに彼の中にあるように見える。

...もう十年以上、彼とはゴルフをしていない。

ただ彼に親しい男から、最近彼が午前中に密かにジムに通って身体を作り直している、というニュースを聞いた。
そうだろう、あれだけの腕の男がこのままグレたまんまで終わるわけにはいかないだろう。

きっとまた、俺とゴルフを楽しむ時が来る。
皮肉屋のあの男の事だから、そんなことおおっぴらに期待して言うとへそを曲げるから、俺は知らんぷりでいよう。

そうだ、奴が復活したその時は、昔のあの時代のようにパーシモンに糸巻きボールでやってみようか。
そんな道具を用意して待ってれば、奴もきっとあのドローボールを.... 打てればいいなあ。

↑このページのトップヘ