ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-106


最初はあまり乗り気じゃなかった。
高校時代の親友の、F夫婦とのゴルフ。

高校時代、「美人で派手で勉強はそこそこ」というFと、勉強はできたが地味で大人しい私は「いつも一緒にいる」という意味で親友だった。
高校を卒業と同時に、年に数回手紙や電話で話す、という程度の付き合いになってしまったが。

それが30半ばでの同窓会で再会して、お互いにゴルフを始めたという話から、年に1−2回夫婦同士でゴルフをしましょうという話になってしまった。

自分たち夫婦がゴルフをやるといっても、自分の夫は会社の付き合いで上司に半ば命令されて始めたゴルフで、未だに100を切るか切らないかというレベル。
自分は、休日に留守番の多い私に気を使った夫が近所のゴルフ教室を勧めてくれて、それから始めたゴルフ...それから3年、未だに110を切れない程度だ。

Fに強引に誘われて夫婦同士のゴルフを始めたのは一昨年から。
最初の時には、自分達夫婦はF夫婦のゴルフの上手さに圧倒されて、「疲れ果てて帰ってきた」ことしか残らなかった。
Fの結婚した相手は背の高い陽気でハンサムな男で、代々の医者の家系とかで、ゴルフには子供の頃から親しんでいたというシングルハンデ。
Fは、結婚してからすぐにその夫に誘われて始めたとかで、90台でまわる腕。
自分の夫はFの夫に比べると、真面目だけが取り柄で、背も高くなくハンサムでもなく、お世辞にも格好よくはないスイングで100も切れないゴルフ...Fに対して、ものすごく「夫が恥ずかしい」と感じたラウンドだった。

そして、今度が3回目の夫婦同士のラウンド。
最初の時に、優しい夫に対して「Fに恥ずかしい」と感じた事の後ろめたさは、自分がゴルフに対して真面目に取り組む原動力ともなってきた。
それでも結局、今回までに自分の腕は大して上がらず、ルールやマナーなどの「ゴルフへの理解と愛情」だけが少し深まっただけだった。

今度のラウンドも、スコア的には完敗だった。
相変わらず夫は100を切れないし、自分も110を切れなかった...夫は月1のゴルフ、自分は2ヶ月に1回のゴルフではそんなものかもしれない。
Fは100ちょっと、彼女の夫は自慢そうに「77です。」と言っていた。

でも、今回は私は自分の夫を「恥ずかしい」とは全然思わなかった。
この前には目のあいていなかった私だって、勉強して目が開いて見えるようになったのだ。
このラウンドでは、ゴルフ慣れしたF夫婦のゴルフがよく見えた。
...そして夫のゴルフも。

Fの夫は、ちょっと曲がった時、ライの悪いところに行った時、持っているアイアンで平気な顔でボールを動かす。
ちょいちょいとボールを引っ掛けて、打てるところに出して、それからナイスショットを打つ。

自分の夫は、どんなところにボールが行っても、ごく当たり前の顔をして打とうとして、ミスをする。
それを悪びれる風も恥ずかしがる風も無く、自然にプレーして、よっぽどの事がない限り素振りもせずに決断して打つ。

Fの夫は、そんないいライに出して打ってもミスが出ると、しつこいくらいに素振りを繰り返して、言い訳をする。
自分の夫は、照れながらも「なかなか上手く行きません」といいながら駆け回るだけ。

真面目で地味で、格好悪くてゴルフの下手な自分の夫。
それに対して、格好が良くて家柄が良くて、ゴルフが上手いというFの夫。
決してボールに触らずに、プレーを遅くするまいと駆け回るうちの夫。
常にボールをいいライから打とうとしてボールを動かし、ミスのいい訳をして、なおかつスコアにこだわるFの夫。

さんざんボールを動かしておいて、「77です」と自慢げにFの夫が告げたとき、自分は思わずにやりとしてしまった。
「うちの夫の方が、格好いい!」

...今まで気がつかなかったけど、うちの夫、そう捨てたもんじゃない。


img_0-105


Tさんは、運動が小さい時から得意ではなかった。
かけっこも遅い。
野球やバスケットボールも卓球などの球技も、ボールの大小に関わらず一切苦手。
もちろん柔道や相撲などの格闘技もダメ。

そのために40の声を聞くまでは、あらゆる「運動」と名のつくものから距離をとってきた。

それが、取引先との関係で「やらなければならない」状態から、ゴルフを始める事になってしまった。
当然苦手な運動との自覚があるから、一番はじめから近所の練習場のレッスンプロに教えてもらう事に決めた。
道具の選び方から、グリップ、アドレスの姿勢から...すべて手取り足取りのレッスンを始めた。
それから5年、週1回の練習は欠かさず、必ず練習場のプロにチェックを受けている。
...が、スコアははじめのうちこそ、ハーフ70や80から少なくなってきたが、ハーフ60の壁を越える事ができない。
トータル120を切れない。

Tさん自身は、その原因が分かっているつもりだ。

Tさんのゴルフは、ドライバーの調子が良いと他のアイアンやパターの調子が悪い。
アイアンが調子が良いと、ドライバーが当たらず、パットは相変わらず悪い。
パットを練習して、調子が良くなると、ドライバ−もアイアンも当たらない。
・・・

プロはいつも「ドライバーもアイアンもスイングは一緒ですから..」と言う。
でも、Tさんはこれは絶対に違うと思う。
「だって、ドライバーが調子いいから、ドライバーと同じようにアイアンを打つと当たらない」
「アイアンが調子いいからと思って、同じようにドライバーを打つと当たらない」
「なんで、ゴルフってドライバーもアイアンも、アプローチも、バンカーも、パットも、みんな形も打ち方も違うんだろ?...なんでみんな、こんなにいろいろと違うものをちゃんと打てるんだろ?」

プロは、「打つ基本は一緒なんですよ。ボールの位置と重心と、ほんのちょっとしたイメージの持ち方でちゃんと打てますから」なんて言うんだが、それがよく理解できない。
だって、ゴルフってその度にみんな打つ場所や条件が違うんだから...
教わった事の無いところにばかりボールは行くし...
プロの言う通りに「同じに打って」も、ちっとも上手く行きやしない。

この前は「あの、お願いですから私の言う事をわかってください」なんて、コーチに泣かれてしまった。
確かに、5年もやっていてこんな風なのは私だけらしい。
一緒にゴルフをする仲間や先輩達には、「不器用にも、程度ってものがあるだろ?」なんて呆れられるし。

だけど、自分はゴルフが絶対に嫌いじゃない。
その日に何が調子がいいのか楽しみでもあるし、他の調子の悪いものだってそれが不愉快なものでもない。
スコアに対する期待は全然しないけど、ゴルフの予定が決まってからはずっと気持ちが浮き浮きしているし、ゴルフの前日は興奮して眠れないし、ゴルフから帰って来てからはすぐに次の予定を考えてるし。
多分これはゴルフが他のスポーツと違って、負けた原因や張本人にされて「お前がいなければ勝てたのに」なんて言われる事も無いし、下手だからって馬鹿にされたり邪魔者扱いされてのけ者にされる、なんて事が無いからだろう。
それに、5年もプロから教わっていて、上達はしてなくても「プレーを速く、ボールに触らない、ルールを勉強する」という事はちゃんと出来るようになってるんだから、他人に迷惑はかけていないと思うし。

...それにしても、どうしてみんなはドライバーもアイアンも、アプローチもバンカーも、おまけにパットまでちゃんと出来るんだろう。Tさんは、みんながそれぞれを使い分けて楽しんでいる事が、不思議でしょうがない。
形も打ち方も、みんな全然違うのに...


 

img_0-104

気がついてみると、Kさんは今年は年女だ。

「ああ...もうこんな年になっちゃったか...」
そんな感想しかでて来ない。

結局、結婚はしなかったなあ。
「出来なかった」んじゃなくて、「しなかった」んだ。
普通よりはもてたと思うし、誘いも申し込みもあったんだけど...若い時は仕事が面白くて、その後はあれに熱中しちゃったからな...
窓際に置いてある、赤いキャディーバッグが頷いているように見える。
...30になる頃に友人に誘われて始めたゴルフが、自分の人生にこんなに大きな割合を占めるとは考えもしなかった。
40になる頃にホームコースを手に入れてからは、なおさら。

仕事が順調なせいもあるけれど、毎週週末にホームコースに行くようじゃ、結婚なんて事はこれからもないだろう。
ハンデは13で止まったままだけど、最近はよりゴルフが面白くなってより深くゴルフを楽しんでいるんだから。
コースでは、色々と声をかけてくる男性メンバーは居るけれど、面倒なので女性の仲間としか回らないし。
初打ちはいつにしようか...

初詣で貰って来たお守りをバッグにつけたら、今年のゴルフもスタートしよう。
もう10個くらいぶら下がっているお守りはちょっと目立ち過ぎるかなあ...
他に古いのが10個くらいバッグのポケットに入っているんだけれど。
...このお守りを見ると、みんな「縁結びのお守り?」とか「交通安全?」とか、「家内安全?」とか「まさか「安産祈願?」とか聞くんだけれど、私は右手を立てて「長寿と繁栄を」とMr.スポックのように答えてごまかしている。

本当のことを言ったら、効き目なんてなくなってしまうから。
...確かに、初詣や旅行先で手に入れたお守りは、「縁結び「や「安産」や「交通安全」や「家内安全」なんかで有名な寺社のものだけど、私が願う神様は「ゴルフの神様」しか居やしない。

「どうか、私にラッキーを下さい。アンラッキーの数を少なくして下さい。」
「そして、私に楽しいゴルフの時間を!」

Kさんは、神様の前で手を合わせる。
お賽銭だってはずんでいるし、お腹の底から神様を敬っているんだから、神様だって無視したりは絶対にしないはずだ。


ただ、ちょっと心配な事もある。
...日本の神社の神樣方が、ゴルフを楽しんでいるといいんだけれど...

↑このページのトップヘ