ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-77


「テヤンデエベラボーメ!」

最近お気に入りの、私のおまじないの言葉。
意味は判らなかったが、小さな子供の頃から知っていた。
なんでも、私が本当に小さな時に可愛がって貰っていた、おじいちゃんの口癖だったと聞いていた。
私が4歳の時に亡くなって、殆ど記憶にはないのだが、大工だったおじいさんは自分を本当に可愛がってくれたらしい。

来年は自分も35歳になる。
23の時に入った今の会社は、傾きながらもなんとか倒産せずに続いている。
給料は、もう5年も上がってないけれど。
学生時代の友人達も半分は結婚した。
自分の恋人いない暦は、もう十年。
これと言った幸福も無い代わりに、これと言った不幸もなく、なんだか「普通」に生きている。

今更結婚に憧れる事も無く、今更恋人欲しい訳でもなく、もうちょっと給料上げて欲しいけれど、会社が潰れちゃ元も子もないし、波風は立って欲しいような、欲しくないような。

で、淡々と過ぎる毎日に、変化をつけているのが、5年前に始めたゴルフだけ。
学生時代の仲間に誘われ、会社の上司に誘われて、安いセットと、安い練習場と、安いコースに行くようになって、生きている事の熱はゴルフにだけ高くなるような。

ベストスコアは98、いつも叩くのは116~8。
120切れればまあいいか、と。
なのに、なんだか腹が立つ。
なんだか口惜しくて仕方が無い...自分に、道具に、コースに、天気に、出くわす不運とつまらない人生に。
「テヤンデエベラボーメ!」
そんな時に、頭に浮かぶあの言葉。
「テヤンデエベラボーメ!」
呟くと気持ちがなんだか落ち着くような。
「テヤンデエベラボーメ!」
口に出すと、なんだか力が湧いて来るような...

おじいちゃんは、仕事がうまくいかなかったり、行き詰まったり、なんだかか辛そうな時に、自分を励ますようにこの言葉を呟いていた、と母に聞いた。
母はそんな言葉は使うなと言うけれど、隔世遺伝かな、自分はこの言葉が凄く好き。
意味は良くわからないけど、なんだか辛い事や嫌な事、全部まとめて蹴っ飛ばしてしまうような感じがする。

「テヤンデエベラボーメ!」
...思えば、(小さい時に聞かされていた)この言葉が頭の中に浮かび上がって来たのは、何もかもうまくいかなくて、泣きたい気持ちになったラウンドの時が最初だったっけ。

おじいちゃん、あなたの孫は、今日もゴルフ場で、仕事場で、こっそりこの言葉呟いて、負けないように生きてます。
おじいちゃん、この言葉って、面白くもない人生を面白くする言葉かもしれないね。

「テヤンデエベラボーメ!」
さあ、今からの新しい人生を、私は絶対捨てないぞ。

img_0-76


ビュン! という大きな素振りの音に振り返った。

音からして若い人だろうと思ったんだけど...そこにいたのはかなり年配の男だった。

その人、Yさんとはあるオープンコンペの「シニア&レディース杯」で同じ組になった。
50歳から参加資格があるという事だったが、明らかにYさんは参加者の中でも1~2の年長ゴルファーに見えた。
他に同じ組になったのは50歳になったばかりの人と、60代半ばの人。
挨拶をすませたあとのティーグランド脇で、その音を聞いた。
「え?」と顔を見合わせる3人。

今度は3人が見ている前で素振り...「ビュン!」。
「ホントかよ..」50代の一人。
「あの...お年はいくつですか?」60代半ばの人。

「あ?  あの、私は73ですが...」

それでその素振り?
その素振りの速さは、殆ど30代、40代の人のそれと変わらず、背中にシャフトが当たるくらいまで振り切るスイングは、とても70代の人のものじゃなかった。
そして素振りの通り、実際の打球も若々しくいつも2番目か3番目に飛んでいる。

ちょっと当たり損ねると置いて行かれる我々3人は、妙に力が入って一人ずつトラブルになる。
...ハーフ上がると、3人ともスコアも負けていた。
「ゴルフは長いんですか?」
「いやいや、私は50になってからゴルフ始めたんです。」
「しかし、70過ぎてあんなに振れる人は見た事ありませんよ。」
「ああ、私、年が年ですから、結構トレーニングしているんです。」
「今でも、一日に腹筋100回、腕立て伏せ100回はやります。」
「市のトレーニングセンターにも、週3回行ってるんです。」
「年金暮らしですが、市のトレーニングセンターは月3000円で出来ますので。」

若い頃から運動が好きで、野球、テニスと続けて来たが、40代の時にアキレス腱を切ってしばらくスポーツをやらなかったそうだ。
それが50になって、友人から勧められてゴルフを始めた。
「もう諦めていた、スポーツで競技を楽しむ事が、また出来るなんて嬉しくて仕方なかったですねえ。」
「ゴルフにはたちまち熱中し、それからずっとゴルフが僕の生活の中心です。」

ゴルフを始めてから、10キロ減量し、食事に気をつけ、酒は程々にして、煙草はやめた。
はじめは走っていたが長続きしないので、市のスポーツセンターに申し込んでジム通いを始め、練習場も安い時間の打ちっぱなしに週2回。
それをずっと続けていると言う。

「ゴルフは何時始めても遅くはない」って本に書いてあるのを読みまして、座右の銘を「今からでも遅くない」にしたんです。
私、ゴルフって、続ければ絶対に今日より明日が上手くなるって信じてます。
だから、いつも打つ前には「今からでも遅くない」って言うんですよ。
そうするとクラブがよく振れるし、楽しくなります。
...圧倒されて、我々3人はその言葉を聞くだけだった。

Yさんは、そのコンペのグランドシニアのベスグロ、新ペリア優勝、それにニアピンまでとって賞品山盛りで帰って行った。

「今からでも遅くない」...俺もか?...なあ。

img_1-5


本当に、絶対に、全くやりたくないのに、真冬の1月の終わりにゴルフ場に来てしまった。

長い間のライバルのF子に、無理矢理付き合わされたのだ。
Kさんは、秋のゴルフシーズンの終わりの頃、「もうゴルフなんかやらない!」と宣言したのに。

F子とは、十年程前に一緒にゴルフを始めた。
年齢はKさんの方が二つ上だが、子供が同じクラスだった事で知り合った。
子育てが一段落した頃、二人でお茶やカラオケや、バスの日帰り旅行なんかで一緒に遊んでいたのだが、何かもっと長く楽しめる事を、という事で近所のゴルフ練習場の教室に一緒に入った。
二人とも、夫が仕事がらみで先に始めていたので、そのうちに夫婦二組でなんてつもりもあった。

上手くなるのはKさんの方が速かった。
F子は基本的に球技が苦手なようで、当たるようになるまで時間がかかったし、なかなかコーチの言う事が出来ずに繰り返し単純な動きを練習させられていた。
それに比べると、学生時代にテニスをやっていたKさんは飲み込みが早く,上達も早かった。

それからずっと、ほんの一~二年前まで、KさんはF子にスコアで負けた事が無かった。
しかし、ゆっくりと、でも確実に上手くなって来たF子が追いついてきた。
最近はF子が上手くなって来たのに反して、自分のスコアが悪くなって来て、僅差で負ける事が続いて来た。
そんな事は我慢出来ない、とKさんは練習に力を入れ、クラブを換え、レッスン書を読み返し、今までに無く真面目にゴルフに取り組んで来た。

しかし、そんな思いと裏腹に、時が経つ程にもゴルフがまとまらなくなって、スコアはどんどん悪くなっていった。
いつもそれほど調子の変わらないF子に比べて、Kさんのゴルフはちょっと悪いとすぐに酷く崩れてしまうようになった。
決して投げてない、むしろ今までに無く真剣に懸命にやっているのに、スコアはどんどん悪くなって行く。

去年の秋、やはりこれまでになく必死に練習を重ね、気合いを入れて望んだ練習場のコンペで、Kさんは惨敗した。
殆どビリのスコアで、F子にも完敗だった。

そこで「あたし、もうゴルフやらない!」と宣言した。
絶望で、それ以上何も言えなかった。

...そんな事ちっとも覚えてない、というようにF子に真冬のゴルフに誘われた。
「やらない!」と言ってるのに、そんな事聞こえないというようにF子は勝手にコースを予約し、夫や仲間に「Kさんと一緒にゴルフに行く」と言い回るものだから、どうしても行かなければいけないような雰囲気になってしまった。

そして、嫌々来た真冬のゴルフ場。

想像した通り、何処も霜で真っ白で、池やクリークが凍っているのは当たり前。
グリーンも、ティーグランドも、フェアウェイも、通路やカートの座席までがカチンカチンに凍り付いていた。
ズボンの上にオーバーズボンを履き、冬用下着にセーターや防寒着やマフラーや、両手手袋や無数の簡易カイロに毛糸の帽子にマスクまでして、まるでダルマか太り過ぎの狸のようになってプレーすることになった。
当然身体も回らないし、ちゃんと当たりもしない。
ティーはトンカチみたいので打ち込まないと刺さらないし、指はかじかんでボールを掴めない。
...しかし、池に行ったボールは、氷の上を滑って行って向こう岸に上陸したり、チョロかと思ったボールは凍ったフェアウェイを何処までも転がって、いつもと同じ所まで行ってしまったり...もう、訳がわからない。
たまにちゃんと当たったボールだって、グリーン上で信じられないくらい高く跳ねて、遥か先まで行ってしまうし。

Kさんは、最初からぶつぶつ独り言言いながらプレーしていた。
...何やってもミスばっかりでちっとも上手くいかないし、楽しくない。
自分はなんでこんなことやってるんだろ?
寒くて、冷たくて、あとこち痛くなって、溶けた霜で泥だらけになって....

しかし、あれは6番ホールだったか...何の気なしにふと顔を上げたとき、そこにあまりに蒼い空があるのに気がついた。
もう何ホールも、地面のボールと霜と氷、泥だらけのの世界しか見えていなかったのに、頭の上にはこんな奇麗な空があったんだ...

思わず、Kさんは笑い出してしまった。
おかしなものだ、冬のゴルフは。

今まで、自分は一体何をしてたんだろう?

F子の方を向いて笑いかけると、F子も笑い返して来た。

涙が出て来た。

↑このページのトップヘ