ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-75


Tさんは、9月から11月にかけては、毎週末ホームコースである栃木の奥の方のコースに通う。

特に競技に出るとか言う訳ではなく、メンバータイムを利用してのんびりラウンドする。

Tさんの本当の目的は、きのこ。
主にハツタケが目的だが、シメジ類が採れる事もある。

このハツタケというキノコは、十数年程前に一緒に回った地元のメンバーに教えてもらうまでは知らなかった。
その人はコースの近くで農業をやってるとの事だったが、ショットを曲げて林に入れると林に入ったまましばらく出て来ない。
「出しまーす!」と声とともにボールをフェアウェイに戻して、林から出て来る時には手に一杯のキノコを持っていた。
「これで今夜のごちそうが出来た」と笑っている。
林に入らなくても、ホール脇の木の下にキノコを見つけては「あった、あった」と嬉しそうに笑う。

「あの、そんなフェアウェイ横のところのキノコなんて、農薬が一杯かかっているんじゃないですか?」
「ああ、大丈夫だよ。」
「ゴルフ場で使っている農薬なんて、基準が厳しいんだから大した事ないんだよ」
「俺んちでやっている野菜なんか、ここの30倍もの農薬使っているんだから」
「あんた達が食べている野菜は、このキノコよりずっと農薬かぶってるんだよ」

「だから俺んちじゃあ、自分で食べる野菜は庭で別に作っているんだ」

...(ホントかよ)...Tさんは、絶句して何も言えなかった。

...しかし
「そのキノコは、どうやって食べると美味しいんですか?」
「これは汁にすると実に上手い出汁が出るんだ」
「だから、味噌汁にしたり、鍋にしたり...旨いぞお」

その地味で肉厚なキノコは、そこら中に生えていそうで、コースでよく見かけた記憶があった。
それから、その日一日
「これですか?」
「違う! そんなの食べたら死ぬぞ」
「あ、これだ!」
「違うよ! そんなのは何の味も無いよ」
「じゃあ、これは?」
「それも違う! よく見なよ」

...わからなかった。
彼の採ったキノコと同じに見える奴を必死に探すのだが、全部違うと言う。
「そんなに簡単に見つかったら、みんなすぐ穫っちまうだろよ」
そりゃ、そうだろうけど...
目を皿のようにして探して、「これは!」と思うのだが、どれも違うらしい。

その日のゴルフは、殆ど覚えていない。
集中力はキノコの方に行ってしまった。

しかし、彼に分けてもらった数本のハツタケで作ったキノコ汁は旨かった。

それからは秋になる度に、ゴルフとキノコの両方を楽しむためにこのコースに通っている。
なんとかハツタケが判り、とれる場所も覚えるまでには2年かかった。
元々、キノコなんて店で買う以外に考えた事も無かったのだが、ゴルフの後で自分で採ったキノコで作る汁物の美味さは、彼のゴルフと一体になった楽しみになった。

ただ穫るならキノコ狩りに(ツアーもある)参加すれば良いのだが、Tさんの楽しみは「ゴルフをしながら」というところにツボがある。
ゴルフとキノコがセットだから楽しいのだ。
もうそろそろキノコも終わりだが、今年も十分楽しんだ。
また、来年が楽しみだ。

...そうそう、もうひとつ。
Tさんは、あの十数年前から、野菜は「有機野菜」しか買っていない。

img_0-74


T県のゴルフ場の、「シニア&レディース」オープンコンペでその夫婦と一緒になった。

50歳からの出場条件で、その夫婦は50代半ば、もう一人は50歳になったばかりの一人参加の男性。

その夫婦の夫は...うるさいゴルファーだった。
何もかものプレーに、大袈裟すぎる反応を示す。
打つ前に、不安を言い、希望を言い、先に言い訳を言い、打った瞬間に気合いを入れたり悲鳴を上げたり、打ち終わってすぐに愚痴を言い、言い訳を言い、反省し、後悔し、自分を鼓舞し、納得する。
ナイスショットには小躍りして喜び、ミスショットには世界の終わりのように打ちひしがれる。

喜怒哀楽が激しく、我々がミスショットすれば大袈裟に同情し(かえってこちらが傷つく)、ナイスショットをすればこれまた大袈裟に褒めてくれる。

決して嫌な感じではないのだが、付き合うとこちらのゴルフが普段の倍疲れるような感じ...

ただ一つ、聞いていて嫌なのが奥さんを教え、叱り、罵倒する事。
そのほとんどが、我々同伴競技者に迷惑がかかるから、という理由なのだが。

しかし、奥さんは微笑みを浮かべながら、決して反抗しようとせずに、「はい」「はい」と彼の言葉に従う。
いくら夫に怒られても、ゴルフを楽しそうにする様子は変わらない。

なんだかこの夫婦のゴルフに圧倒されてハーフが終わった時に、奥さんが「いろいろとご迷惑をかけて申し訳ありません」と言って来た。
「いやあ、そんな事ありません」と答えながら、つい「たまにはご主人に腹が立ちませんか? あんなに言われて」なんて言ってしまった。
「ああ、そんなこと全然ありませんよ。」
「私、気にしてませんし、嬉しいくらいですから。」

その後、プレー終了後のパーティーの待ち時間まで彼女と話す機会は無かったが、午後のハーフのプレーも同じように進んだ。
夫は、一打一打に喜怒哀楽を露にして、疲れ知らずのようにテンションは下がらない。
奥さんもそれなりのプレーを楽しんでいる様子が見える。

...パーティーの待ち時間が1時間程あったために、その奥さんの話を聞く事が出来た。

「私がゴルフを始める前には、離婚を考えていたんですよ」
「うちの人は、家では殆ど喋らなかったんです」
「一日に話すのは「お茶」とか「飯」とか「おい」とかくらいで、夫婦の会話は殆どありませんでした」
「仕事が忙しいのは分けるけど、家では疲れて寝るだけで、殆ど感情を表す事もなくて...」
「こんな感情の乏しい人と、これからずっと一緒にはやって行けない、と覚悟しました」
「離婚を切り出した時に、彼がゴルフを一緒にやらないか、と言って来たんです」

近所の練習場で、夫に教わりながらゴルフを始めた。
すると、ゴルフの事になると信じられないくらい饒舌になる夫に、本当に驚いたそうだ。
「最初に練習場でゴルフを教えてくれたときの言葉数だけで、それまでの結婚生活中の言葉の数より多かったんですよ。」
「始めて一緒にゴルフ場に行った時、こんなにうちの人って感情が一杯あったんだ...って本当に驚きました。」
「ゴルフ場であんなにいろいろな表情をして、怒ったり笑ったり、泣き言を言ったり、愚痴を言ったり...」
「うちでは口数が少ない代わりに、泣き言も愚痴も言いませんでしたから、まるで知らない人を見るようでした。」

「おかげで、離婚するつもりはなくなりました。」
「彼と生きるのが面白くなったんですよ」
「彼も、ほっとしているみたいです」
「私を怒るのも、私が皆さんに迷惑をかけているからですから、私が悪いんですし」

あの男が家では感情を殆ど表さず、殆ど話さず、奥さんと会話の無い生活をしていた、なんて...
「奥さんがゴルフを始めたあと、旦那さんは家で話をする事が多くなったんですか?」
「いいえ、あの人がああなるのはゴルフ場にいるときだけです」

「旦那さん、お仕事は何を?」

「あの、...警察官です」

img_0-73

そのYさんと会ったのは、数年前のT県のオープンコンペ。
はじめは70代と思われたけど、その後のプレーを見ていると60代だったかもしれない。
それほど大きくない身体だし、センスがいいとも思われなかったのに、上がってみると79で回っていた。

日に焼けた様子で、かなりラウンドを重ねていると判る。
...しかし、何よりも驚いたのはそのクラブ。

ドライバーは、ちょっと前に流行ったものだし、アイアンはキャロウェイの普通のクラブ。
パターはピンタイプの古いもの。
そこまでは普通だけど、1本だけ古いメタルのフェアウェイウッドが入っている。
見た所、ヘッドが異常に小さい...聞くと、パーシモンから金属ヘッドのウッドに変わりつつあった初期の頃のメタルウッドだと言う。

「マルマンダンガンとかありましたよね」
「あの頃の、安売り店で売っていた偽物クラブなんですよ」
「ゴルフに熱中し始めた頃で金もなかったし、ともかく練習場でこのクラブばかり練習していたんです」

古くて、錆びだか汚れだか判らないネズミ色したウッド。
ソールには4番と描いてあるが、聞いた事の無いメーカー?らしき名前が入っている。
シャフトはダイナミックのRらしい...ラベルも無いので良くわからないスチールシャフト。

フェースもソールもクラウンも擦り傷だらけで、汚い事この上ない。
グリップもすり減って指の跡が凹んでいる。

「いや、このクラブ、何でも出来るんですよ」
「150ヤードから180ヤードくらいを打ちます」

...そんなものじゃない。
このオヤジ、ちょっと遠いバンカーだって、林の中から出すんだって、ラフからだって、ベアグランドだって、池に入りかけたボールだってこのクラブで打つ。
アプローチだって、フェアウェイ100ヤードだって、花道50ヤードだって、みんなこのクラブを使う。
長く持ったり、短く持ったり、シャフトを握ったり。
フェースを開いてこすったり、フェースを閉じてトップスピンをかけて転がしたり。
パンチショットのように打ったり、インパクトで止めて引いたり。
おそよ打ち方もかっこ良くないのに、実に上手くボールを操る。

ちょっと気になって見ていたら、殆どのホールでドライバーとこのクラブとパターで済ましている。
アイアンを普通に打つなんて殆どしない。

「始めた頃からこのクラブで練習して、それ以来ずーっと使っているんで、慣れているんですよ」
「どのくらい打ったらどのくらい飛んで、どこくらい転がるか...このクラブなら判りますけど、他のアイアンやなんかじゃ判らないんです」
「なんで、ついこのクラブばかり使ってしまうんですよねえ」
「別に特別飛ぶとか、打ちやすいとかじゃなくて、このクラブを一番知っているんで」

「安かったですよ、ダンガンよりずっと安いメイドインチャイナだって聞きましたから」
「はじめは、そんなバチモン使って、なんて言われましたけど、今じゃ誰も何にも言いません」

ゴルフには二通りの方法がある、と言われている。
1、同じスイングで道具を変える。
2、同じ道具で打ち方を変える。
...例えばアプローチで、同じ打ち方で、ライや距離によってサンドやピッチングや7番を使う。
あるいはサンド1本で、転がす、上げるなどを打ち分ける。
どちらが良いかはプロでも分かれる所だ。
多くはシンプルなスイングでクラブを変えた方が易しいと言うが、同じクラブを使い慣れる事で自信が身に付くとも言う者もいる。

多分「近代ゴルフ」じゃないんだろうけど、こんなオヤジに会うと、「自分流スーパーウルトラ万能クラブ」1本引っさげてコースに立ち向かうのも...なんだかカッコいい、なんて思ってしまう。


↑このページのトップヘ