ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-103

Kさんは、子供の頃から理科系の勉強がよくできた。
実際に大学を出た後は、大企業の研究員として就職し、それなりの実績をあげてきた。

彼がゴルフと出会ったのは30歳のとき、ゴルフ好きな上司との付き合いから始めたもの。
それほど運動が得意な方ではなかったが、ゴルフというものが「止まっているボール」を自分で動かす球技なので、「自分にも何とかなりそう」な感じがした。
実際、うまくドライバーが当たった時に感じる「感触」は、それまでの人生で感じたことの無い「快感」で、それにはまり込んで行く自分を感じた。

そうなると、本来研究熱心で分析が得意な彼は、あらゆるレッスン書やビデオを買い込んで、無駄を省いて合理的で正確なスイングを追求しようと決心した。
止まっているボールを打つのだから、彼の得意分野の数式で「そのスイングスピードでの反発係数」だの、「最大飛距離」だの、「ボールの回転数」だの、「打撃角度」だの、あるいは材質による「摩擦係数」だの...あらゆることが、正確な答えとして導きだされるはずだと確信した。
そして有名選手のビデオで、どうやって最大のヘッドスピードを出せるのか、どのように再現性の高いスイングを自分のものにしているのかを分析研究した。
自分の体力や体型・筋力とそれに合った道具の研究や、大手メーカーの新製品の新理論も欠かさずチェックし、「本物の科学的効果」があるかどうかを調べて取捨選択して取り入れた。
もちろん自分の基礎体力向上の努力もした。

結果は出た。
35でシングル入りして、ハンデは6まで行った。
...しかし、40を過ぎてもハンデはそれ以上にはならなかった。
週に5日以上会社に出勤しているので、練習する時間やラウンドする時間がそれ以上増やせなかったのが一つの原因ではあった。
しかし、それでも彼はもっといい答えがあるはずと考えて、ずっと練習と分析と研究を続けた。

だが、45になってもハンデはあがらないどころか、8に落ちてしまった。
そしてそのころ、仲の良かったライバルに「最近、ゴルフが嫌いになったのか?」なんて聞かれた。
「いや、そんなこと無いけど...むしろますますのめり込んでるくらいだ。」
「じつは、他のメンバーがお前とゴルフやっても楽しくない、って言ってるんだ。」
「いつもしかめっ面して、うまく行かないとすぐ機嫌が悪くなるし、他の人プレーは見てないし..ってな。」
「せっかくの休日だから、お前と一緒にはゴルフをしたくないって人が増えてるぞ。」
「特に最近評判が悪くなって来たみたいだから気をつけろよ。」

Kさんは、この言葉に驚いた。
自分のスイングとゴルフを追求し続けて、正解が出るはずの数式を作ったのに答えが出ない...と言う感じのイライラとしていた日々が続いていた。
それが、そんな風に表に出ていたなんて。

Kさんは半年ほどゴルフから離れて、考えた。
最近は実際にゴルフが楽しくないかも、と感じてもいたからだ。

...またゴルフを再開したとき、Kさんは「答え」を見つけようとするのをやめた。
「理科系頭の自分だけれど、文科系の頭になって感じてみよう」と思ったのだ。
実際には骨の髄からの理科系人間の自分だから、答えがはっきり解らないと気がすまない思いは消えないんだけれど。ど、出来るだけ「曖昧さ」や「何となく」や「いい加減」な気持ちでゴルフをやろうと努力している。
うっかりすると眉間にしわ寄せて考え込んでている自分がいるんだけれど、最近ようやく目の下のボールばかりではなく、目の上の風景を見る事が出来る様になって来た。

スコアの安定感は消えてしまって、とんでもなく悪いスコアも度々顔を出す...でも、ゴルフの違う楽しみが少しずつわかってきたような気がする。

...まだまだ、悪い評判は消えてはいないようだけど。

img_0-100

あれから何年経ったんだろうか...

新聞に載る事件だった。

Nさんの友人だった、Sさんが帰ってくる。
SさんはNさんの数十年来の友人であり、ゴルフのライバルでもあった。
腕はほぼ互角で、飛距離はSさん、アプローチやパットはNさんが得意と認め合っていた。
永久スクラッチの約束をして、お昼とラウンド後のスイーツを賭けてゴルフを楽しんで来た。

Sさんは夫との二人暮らしで、夫婦二人でのゴルフにも度々出かける仲の良さは、Nさんもよく知っていた。
そのSさんの夫が体調を崩してから、事態が変わって行った。
風邪だと思われた夫の様子が、その後急におかしくなった。
急な物忘れと、時間感覚の異常、記憶の混濁、会話が成立しなくなる...
若年性アルツハイマーと診断されたと、Sさんから聞いた。

それからはSさんが夫の代わりに昼も夜も働いて、夫の面倒を見ていた。
ゴルフは介護のヘルパーさんに代わってもらえる時...年に数回だけになった。
勿論、その時はNさんと一緒のラウンドで。
そのラウンドもだんだん間隔が空くようになり、Sさんが疲れ切って行く様子が気になって...最後のラウンドの時には、ショットの待ち時間や昼食の時間に、何かを考え込んでボーっとしているSさんの姿が気になった。

...色々な事情や情状が考慮されて、普通より軽い期間となったと言う。
署名運動や、面会等々...Nさんは、一生懸命彼女のために動いたけれど、Sさんにとってどれだけの助けになったかは判らない。

長い時間が過ぎて、Nさんはその間回数が減ったゴルフを続けていたけれど、Sさんとラウンドしていた時のような楽しいラウンドが出来る事はなかった。
そして、もうすぐSさんは帰ってくる。
...でも、彼女が再びゴルフを再開するようになるとは思えない。
どんな気持ちでボールを打ち、どんな気持ちで笑う事が出来るのか...
前に二人で回っていた日々のように、ゴルフを楽しめる訳がない...
それは十分想像出来て、理解出来るんだけど...NさんはSさんとゴルフがまた出来る日を待つつもりでいる。
許すとか許されるとか、考えても答えの出ない事ばかり。

街にジングルベルが流れるこの季節に、何かが許されて、奇跡が一つ起きてはくれないか。
Nさんは、そんな事を思って部屋の片隅のキャディーバッグに手を合わせる。

img_0-102


Mさんは、毎日必ず2時間以上は歩く。
仕事がある日は,会社の一駅前で降りて歩く。
仕事が早く終わって,家に帰って時間があれば歩く。
休日は3時間以上は歩く。
月に一度はぶっ通しで4時間以上歩く。
それもただ歩くのではなく、デイパックを背負って歩く。
そのデイパックの中には,砂を入れた袋が2つ入っていて,両方で15キロほどになる。
やはりそれで2時間も歩くと,冬でも結構汗をかくし息も上がる。
道すがら出会う中高年のウォーキングしている人たちは、眉間に皺を寄せて必死に歩いている様子のMさんに、驚いた顔をして道をあけてくれる。

...自分でも,ちょっと滑稽な姿かな,とは思う。
でも、Mさんには目的がある。

それは,ホームコースのクラチャンのマッチプレーで1勝すること。

15年ほど前から始めたゴルフは,運動神経がそれほど良くなかったMさんに、新しい世界を見せてくれることになった。
運動神経に自信がないために最初から練習場のレッスンプロに教わって始めたのが良かったらしく、順調に腕を上げてきて、10年ほど前にホームコースを手に入れると3年ほどでシングルになれた。
小さい頃から体力に自信がなかったために,体育でいい思いをしたこともなく,スポーツは自分には縁がないと思い込んでいたMさんに、ゴルフは人よりも上手いと言われる喜びと,体力ではとても敵わないと思われる男にもスコアで「勝つ」喜びを味合わせてくれた。

しかし、それは「月例」までだった。
腕に自信を深めたMさんは、シングルになってから毎年クラチャンの予選に参加するようになった。
まるで違う世界と思っていた,クラブハウスの壁に飾られる「クラブチャンピオン」の称号が、自分にも手の届く所に来たと感じられたからだった。

しかし,甘くなかった。
クラチャンの予選は,ストロークプレーなので通るんだけど、マッチプレーが勝てない。
自分より上の人は勿論,ハンデで自分の方がずっと上だという人にも,マッチプレーで勝てない。
前半リードしていても、後半に必ず逆転されるのだ。
当然リードされたら,もう逆転する力はない。

マッチプレー全敗の原因は,自分には判っている。
体力がないのだ。
勝っていて前半をリードしても、後半になると自分の体力が目に見えて落ちてくるのが判る...まず息が上がり,集中力がなくなり,気合いが入らず,ミスが多くなり,自滅する形で負けてしまう。

それで体力をつけようと心に決めたのだ。
1ラウンドどころか,2ラウンド続けて回っても集中力が切れないくらいの体力を。
そのために、どんな日でもハーフの2時間は歩き通す。
出来ればラウンド分の4時間以上。
こうやって体力をつけて,今年のシーズンこそはマッチプレーでの1勝を目指す。
1勝さえすれば,きっと自分はもっと上に行けると信じてるから、すれ違う中高年のウォーカー達に怪訝な目で見られたって,自分は眉をしかめてハーフ分やラウンド分の時間を懸命に歩く。
「マッチプレーに勝つために」と呪文のように呟きながら。

自分のこれだけの努力は,きっと今年こそ結果を出してくれるだろうとMさんは思っている。
...でも最近は、「歩く」こと自体が楽しいような気分になっている「自分」が居るのも感じている。

↑このページのトップヘ