ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-119

田舎暮らしの鉄人、ホームページ「田舎暮らし狂想曲」で知られていた金子数栄氏は、2011年5月10日に癌で亡くなった事が一月程経ってから息子さんによって公表された。
その少し前、長崎の信頼出来る方からその情報を頂いていたが、詳しいことは何も判らなかった。


金子氏とは、彼が週刊ゴルフダイジェストのデスクをやっていた頃に、仕事の依頼を受ける形で知り合った。
間もなく彼は週刊ゴルフダイジェストの編集長になり、編集部に行く度ゴルフの話で盛り上がった。

その金子氏が劇的に動いたのは、50歳を過ぎた頃。
ゴルフダイジェスト社を退社して九州の田舎に移り住んだ、と風の噂に聞いた。
トライアスロンに参加しながら、自給自足の生活をしている...と。
それほど親しい付き合いではなかった自分は、「凄い思い切ったことをする人だ」という感想を持つだけで、遠い他人事だった。

それが、彼に親しい人に近況を知らされるに連れて、ぜひ一度訪ねてみたいという思いが強まり、2001年10月に夫婦で彼の家を訪ねて行った。
嬉しいことに、我々夫婦のことを非常に歓迎して頂き、夜遅く迄飲みかつ語り合う時間が過ごせた。
夜満点の星の下の(自家製)露天風呂に入り、翌日には漁に連れて行ってもらったり...

それから10年。
雲丹を注文したり、みかんを注文したりという付き合いはあったが、貧乏イラストレーターに九州長崎は遠く、金も時間も自由にならない中、ついつい十年の時間を空けてしまった。
それには、なにより金子さんが健康であったこと、毎日のトレーニングを欠かさず、メタボ体型とは無縁のスタイルのカッコいい人だったから、まだまだ時間は充分にあると思っていたことが理由としてあった...まだまだ、いつでも行けば元気でいてくれる、と。

何度か、テレビの「人生の楽園」という番組や、同じようなテーマの番組で取り上げられた、ある意味有名人であった。
誰でもが憧れるような、海の見える素晴らしいロケーションの場所に住み、百姓、漁師、エッセイスト、音楽家、木工家...等々、なんにでも興味を持ち、楽しんでいる人でもあった。
唯一、長くやっていたゴルフは封印していた。
「ゴルフは金がかかるんだよ」
「一応百姓や漁師で自給自足は出来るけれどね、現金収入は少ないのでゴルフをプレーする金はないんだよ」
ゴルフを一回プレー出来る金があれば、ちょっと旅行に行く方を選ぶ、と。

最近になって、年金をもらえるようになったからボチボチゴルフも再開する、なんて事も伝え聞いてはいたけれど...

69歳...早すぎる。
が、癌ということで全て覚悟しての旅立ちだったと聞く。

東京の都会の生活から、海の見える家の自給自足の生活へ...「人生の楽園」の生活を、自分で築き上げた金子さん。
いい人生だったんでしょうね。
お会いした時間は楽しかった、感謝します。

さようなら。

img_0-118

Hさんは40歳前に夫に勧められてゴルフを始めた。
練習場で教室に入り、一からゴルフを教わり出してもう10年になる。

ゴルフの面白さにだんだんはまり込み、「今の生活の中心は月一回のゴルフ」と言うくらい、ゴルフを楽しんでいる。
しかし、スコアは100を切るか切らないかという所から抜け出せないでいる...と言うより、よっぽど調子が良くなくては100を切れない。
年に2回くらい100を切れれば、それなりに満足というレベル。
でも、ゴルフを始め、ゴルフを楽しみ続ける事によって、自分の世界が広がり友達が増えた事がなにより嬉しいと思っている。

そんな時に、いつも思い出す人がいる。
4年前に町内会の会合で知り合ったNさんの事。
5歳年下で、明るくさっぱりとした女性で、礼儀も正しく、初対面ですっかり意気投合してしまった。
旦那さんが少し身体が弱いとかで、ずっとパートをしながら子育てをしていたという。
でも、最近子供の手がかからなくなったから、自分の楽しみに何かをしたいという...そこでHさんはゴルフを勧めてみた。
「でも、ゴルフってお金ががかかりそうだから..」としぶるNさんを、「大丈夫、道具は私の使ったお古でよかったら、あげるから」と、強引にゴルフに引き込んだ。
Nさんは、キャディーバッグからドライバー、アイアン、パター迄、Hさんの以前使っていた道具を「借りる」という事にして使わせてもらう事になった。
あとは安いボールと安いシューズを買って、とりあえずはHさんと一緒に練習場に行った。
Hさんは、練習場で自分がレッスンプロに教わった通りにNさんに基本を教えた。
しかし、グリップだけは「どうしても違和感がある」ということで、ベースボールグリップになってしまったけれど。
...驚いた事に、Hさんに一通り教わっただけでNさんはボールを打てた。
1回も空振りせずに、はじめこそフェースのあちこちに当たってボールはばらついていたが、やがてビシビシと良いボールが飛ぶようになった。
わずか100球を打つうちに、Hさん自身が自分のクラブで打った事もない距離を打てるようになって行く。
「楽しい! 面白いですねえ!」と、嬉しそうにこちらを振り向く。
Nさんは、自分の驚いている顔を見て、「何か、おかしいですか?」「いいえ、驚いているだけ」...

試しに、三日後に行く事になっていた近くの河川敷ゴルフ場に、一人空きがあったので誘ってみた。
遠慮してはいたが、面白さに惹かれたらしく「邪魔にならないようにしますから、お願いします。」
細かいルールやマナーは、自分で勉強しておくようにと教本を渡して、突然のコースデビュー...
心配よりも、あれほどすぐに打てるようになった人を知らなかった「興味津々」「半信半疑」なんてものと、嫉妬が絡んだ悪戯心もあっただろうと、Hさんは思っている。
しかしNさんは、最初の数ホールこそ慣れずに戸惑っていたが、初心者らしいミスをすると「すくいあげちゃダメよ」とか「頭を動かさないで」とか「バンカーはボールの下の砂を打つの」とかいうアドバイスを素直に「はいっ!」と聞く...すると、それをやってしまう。
前の組のシングルらしい男性のスイングが奇麗だと言うと、じっとその男性のスイングを見ていて、見よう見まねでその男性のスイングに近いスイングをやってしまう。
最初の方で乱れていたので、結局スコアは121だったけど、最後の方ではパー迄とった。

一ヶ月後の2度目のラウンド,,.その間に2回程練習に行ったと言うが、なんと88で回った。

驚いたのを通り過ぎて呆れてしまったが、彼女の明るく喜ぶ姿を見て「天才っているんだ...」なんて、Hさんはもう嫉妬心が起きる事もなかった。

しかし「彼女はこれからどこ迄行くんだろう」、なんていう時に、彼女の身体が弱いという旦那さんが寝たきりになってしまった、と聞いた。

少し経って、Nさんが「お借りしていた道具をお返しに来ました」と家にやって来た。
「楽しかったし、続けたかったんですが、自分が働かなくてはならないのでゴルフをする時間もお金もなくなりますので」
「楽しかったです」
「どうもありがとうございました」

それから、同じ町内でもNさんに会う事は殆ど無くなった。

自分は相変わらず、月一のゴルフを楽しんでいる...スコアはやっぱり100をなかなか切れないで。
Nさんがもしゴルフを続けていたら、今頃は一体どんなスコアで回っていたんだろう。

...年を取る程に、世の中には「いろんな所に恵まれない天才がいるのかもしれないなあ」、なんて感傷に耽る時間が多くなった。


img_0-117

そのオープンコンペで一緒の組になった人は、もうすぐ80歳というベテランゴルファーだった。
「私は60歳で退職してから、ずっと働いたことはありません。」
「今は少なくなりましたが、平均年間100ラウンドしてました。」
「関東地方のゴルフコースの9割は回りました。」
「イギリスやアメリカの有名なコースも、大体回りました。」

食堂での会話でも、日本のプロゴルフ界の実情やら、アメリカの最新のギアの情報やら、ゴルフスイングの練習方法やら練習道具やらに実に詳しい。
ファッションも今流行のものを上手く取り入れていて、実にカッコいい。

立ち居振る舞いには、いかにも会社員時代は偉かった人のような余裕と威厳を感じさせる。
キャディー付きのプレーだったが、クラブの受け渡しやちょっとした会話も洒落た感じを見せて、優雅なジェントルマンという風情。
ゴルフの歴史などの知識も、それなりに勉強しているようにも見えた。


...それなのに...
「キャディーさん、6インチありだよね?」
ボールのある場所にたどり着くと、いきなりしゃがみ込んでボールを掴む。
一見してどんなにいいライにあるように見えても、「全部」座り込んでボールをつかみあげて、芝の上にティーアップされたようにそーっと置く。

背筋を伸ばしてキリッとした、いかにも洒落た老紳士が、いきなり「うxこ座り」してボールをつかみあげ、そのままそーっと細心の注意を払ってボールを芝の上にいじましく置く...
その姿は、それ迄の威厳やかっこよさを全部トイレに落とし込んで流してしまったように、貧相で情けなく...

ほかの同伴競技者もボールに触らない人だったので、お互い顔を見合わせて「あ〜あ」と言う顔をして、視線をそらして彼を見ないようにする。

もちろん、ローカルルールで許されているんだからペナルティーではない。
でも、彼の経験や蘊蓄豊かなゴルフの話は、平気でボールにさわれる神経と一致しない。
普通は、ゴルフが好きでそれなりに深くゴルフに接している人程、プレー中にボールに触ることを嫌悪する。
それは、ゴルフと言うゲームの大原則が「 Play the ball as it lies 」 という、ボビー・ジョーンズの言葉に表されているからだ。 

その言葉(日本では「あるがままでプレーせよ」)と言うのはゴルフと言うゲームの基本中の基本であり、だからゴルフは「ライのゲーム」ともいわれている訳だから。
ゴルフというゲームは、ティーショットを打ってからグリーンに乗せる迄、決して手でボールに振れてはいけないのだ。
(もちろん、アンプレヤブルやボール確認のため、などのいくつかの例外はあるけれど)
だから、ボールに触って常にライを変えてプレーしているって事は、彼等のやっている遊びは「ゴルフに似ているけど、決してゴルフではない」代物なのだ。
言わばただの「ゴルフみたいなもの」としか言えない。
こんな偽の遊びをやっているものに、ゴルフの蘊蓄も歴史も語る資格は全く無い。

ゴルフにそれなりの時間とお金と情熱をかけて生きて来て、その結果平気でボールを触るゴルファーになるというのは...じつに「もったいない」。
彼がボールに触る度に、彼を見る目が「残念な人」という風になってしまうのが「もったいない」。
自分より遥かに年上でゴルフ経験の長い人...これ迄数十年そうして「ゴルフみたいな物」をゴルフだとして楽しんで来た人に、何も言うべき言葉は持ってないけれど...ただ感じるのは「もったいない」だった。

彼が平気で、あるがままのボールを打つ人だったら、どんなにカッコいいと思えたか。
全てのボールに触って、芝の上に時間をかけて慎重に置いた所で、どれほどショットが違うのか...スコアが良くなるのか、差はないだろうとしか思えない良い状態のフェアウェイで、触るたびに彼の姿がみすぼらしく思えてくる...なんて「もったいない」ことだろう。

なにより「6インチあり?」と聞いて、「6インチプレースありです」というキャディーに「おお、良かった」という気持ちが「もったいない」。


(ただ、どんないい状態のフェアウェイでも「6インチプレースあり」というゴルフ場にも問題がある)...これは後ほど。


↑このページのトップヘ