ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-97

出会ったときからゴルフのうまい男だった。
「上手い」というより「強い」という言葉の方が近いようなゴルフをしていた。
なんでも、若い頃練習場でバイトをしていたとかで、一時期プロを目指そうなんて思ったことがあったと話していた。
...しかし、間もなく結婚することになり、「正業」について真面目に働いて来たのだとも。

ゴルフ仲間の友人ということで知り合い、何度かゴルフを一緒にすることになったが、お世辞にも奇麗なスイングとは言い難いのに、ほとんどのラウンドを75を切って回って来た。
ドライバーは飛ぶし、アイアンは切れる、おまけにトレビノばりの柔らかいタッチのパットが上手くて、ニギリは殆どひとり勝ちしていた。
唯一の欠点はドライバーを振り回し過ぎて、たまにフックして大トラブルになることくらいだった。

驚いたのは、彼のアイアンを見せてもらったとき...古いマグレガーのアイアンだったが、グリップしてみるとみんなグリップの種類が違う...ほとんどがコード入りのバックラインありだったが、柔らかかったり、硬かったり、フックに入っていたり、スライスに入っていたり...あげくの果てに2本は硬化して破れかけていた。
「なんだ! このグリップはみんな違うじゃないか!」
「なんかおかしいか? 俺はずっとこれでやって来たんだけど..」
「グリップいつ変えた?」
「そういえば使い始めてから変えてないな」

聞けば、貰ったそのアイアンでゴルフを続けて来たから、グリップしただけで何番アイアンだか判るし、クラブに合わせて振るから、別に不自由無いんだとか...
そんなバラバラのアイアンであのショットを打っていたのか、と驚き呆れたものだった。

その男が48のとき、急に「俺はシニアのプロになる」と宣言して、仕事をやめた。
...それから聞こえて来たのは、
「1年間、ゴルフ場にバイトで入り、キャディーや他のコース管理を手伝いながら、空いた時間を練習に明け暮れる生活をしている。」
「家族と別居して一人暮らしをしている。」
「奥さんと別れたらしい。」
「ニギリで勝った金で暮らしている。」
...

50歳になって、シニアのプロテストを受けた。
一次試験は、軽く通ったという。
二次試験の途中で、おかしな話が聞こえて来た。
彼が「テストにお金がかかり過ぎる」という理由で、プロテストを棄権したと言うのだ。

詳しい事情は判らない。
彼がシニアプロにならなかった(なれなかった?)、と言う事だけは判った。

ちょうどその頃からシニアツアーは試合数が激減して、大部分のシニアプロがとてもシニアツアーの賞金だけでは生活して行けない、という状態になってしまっていた。
シニアプロになれたとしても、彼が夢見たような「華やかなシニアツアー」で活躍する、と言う夢は実現しなかっただろう。

...その後、彼は姿を消した。
風の噂では、「何処か地方でレッスンをしている」とか「もうゴルフから足を洗った」とか...あやふやな情報ばかり。
ただ、「家族とは離れて、独りで暮らしている」のは確からしい。


50を前にして、自分の夢の実現に踏み切った男。
それ迄の生活を全て捨てて、チャレンジした男。
そんなにまでして、彼の追いかけたものは一体何だったんだろう。


共感は出来ないが、心の片隅に引っかかる。
 

img_0-96


そのビルの窓から見る夕焼けは、実に奇麗だといつも思う。
もうこの仕事にも大分慣れて来たけれど、体力的に楽じゃないのは変わらない。
30歳くらいから専業主婦に落ち着いて、家庭内での主婦業と子育てに専念して来たけれど、時代がそれを続ける事を許してくれなくなった。
もう年が年なので、奇麗で楽な仕事なんてあるはずもなく、色々と探したあげくにこの清掃の仕事にたどり着いた。
沢山の同じような年齢の応募者の中からなんとか採用してもらって始めた仕事だけれど、生まれて初めての純粋な肉体労働は身体にきつくて、正直つらかった。
同期に採用になった人もすぐに殆どの人が辞めて行った。
...そんな眠れないほどの筋肉痛に悩まされながらも、ずっと続けて来られた自分に少し驚いている。

もうゴルフは2年くらいやっていない。
以前のゴルフのサークルの仲間からは、まだお誘いの連絡はあるけれど。
...本当は、今日はそのサークルのコンペの日だった。
実際には練習も一年以上やっていないし、クラブに殆ど触っていないからプレーするのは無理なんだけれど、仲の良かった人からの気取らない誘いの言葉に心が揺れたのは確かだった。
少しはある自分のへそくりから、プレーするお金はなんとかなる額だったし...
しかし、今はまだゴルフを再開出来る状況にはないのは判っている。
残念だけどもうしばらくゴルフは出来ない、と返事をした時には少し胸の奥が痛んだ。

今日はいい天気だった。
絶好のゴルフ日和だったろう。
風もないし日向はぽかぽかして、冬も近いと言うのに小春日和の一日だった。
モップを動かしている時に、何回かビルの窓から空を見上げた。

仕事の終わる時間、奇麗な夕焼けの空に少しの時間見とれていた。
今日の彼女達のゴルフコースも同じように奇麗な夕焼けになっているだろう。
でも、その景色は今の自分には遥かに遠い。

今年のゴルフシーズンは間もなく終わってしまう。
それでも半年もしないうちに、またいいゴルフシーズンはやってくる。
何回か後のそんなシーズンに、数は少なくていいから、自分もまたゴルフコースに帰りたいと思う。

自分は、まだゴルフをやめたつもりはないんだから。

img_0-95

これは、あるコースのオープンコンペでついてくれた、キャディーさんから聞いた話。
...そのベテランのキャディーさんがついたお客さんの中でも、特別に印象深かったラウンドだという。

一年ほど前、4組ほどの小さなコンペがあった。
そのコンペの出場者は、特別高齢に見える男性を中心に、50〜60代の男性が多く、中に女性が3名、40代くらいの人が数名というところだった。
仕事が同じとも言う訳ではないらしく、それぞれマナーの良いゴルファー達だった。

そのキャディーさんがついた組は、一番高齢そうに見える男性と60代の男性3人の組。
高齢の男性のショットは、ドライバーで130〜140ヤードほど、短いミドルなら3オン、少し長いホールなら4オンというところで、ボギー、ダボ、パットが入ってパーというゴルフを淡々とプレーしていた。
そして時折立ち止まって空を眺めたり、深呼吸をしてあたりの匂いを嗅ぐような動作を繰り返す。

ハーフが終わる頃には、なんとその男性の年齢が90歳という事が判って来た。
ハーフで50を越えるスコアではあったけれど、かってその男性が相当上手かったであろう片鱗は各所に感じられた。
そして一緒に回る男性達が、その90歳の男性のかってのライバルの息子達である事も会話で判った。

「引退ゴルフ」ということだった。
彼はこのラウンドを最後に、ゴルフを引退すると。
「もうプレーが遅くなりますし、一緒の方にも前後の方にも迷惑をかけるようなゴルフになりますから。」
「もう今では、私のライバル達は一人もいなくなりましたし..」
「いつかはやめなくてはなりませんが、こういう機会を作って頂いて..」

ある有名コースの創立当時のメンバーで、半世紀の間ゴルフを楽しんで来たという。
そのホームコースではそんなプライベートな事を大袈裟にしたくないので、こうして他のコースで有志の方が集まって引退ラウンドをする事になった。
集まったのは、かってのライバルの息子や娘、彼に世話になった事のあるホームコースのメンバー、ゴルフを教えてもらった後輩達。
そうして、これがラストラウンド。
コースの匂いを嗅ぎ、空を眺め...ショットの手応えを楽しみ、カップインの音を聞く。
「私は世界一幸せなゴルファーです。」

ラウンド後、コンペルームで小さなパーティーを開いたらしい。

私が聞いたのはここまで。

...「その数年後、彼はゴルファー人生を全うして、幸せな眠りについた。」とでも書けば、誰かさんのコラムのようになるんだろうけれど、私はその後の事は聞いていない。


↑このページのトップヘ