ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-48

いつもの居酒屋に入ったとたん、失敗したと思った。
カウンターしかない席はほぼ満員で、一番奥の一つ前の席しか空いていない。
しかもその一番奥の席には、60を越えた年配の既に出来上がった雰囲気の男が「いい相手がきた」とばかりに待ち構えている。

うっかりこの手合いに話しかけられて応えてしまうと、ずっとあと迄話を聞かされることになるので「俺に話しかけるな」光線を目一杯出しながら、視線を絶対に合わせないで席に着く。
居酒屋の親父とほんの少しだけ話しながら、目を背けて自分の「酒を飲む」世界に閉じこもろうとした...その時、よせばいいのに親父が「最近ゴルフ行ってる?」なんて話をふりやがった...「ゴルフ、やるんですか?」...ああ、食いつかれた。

話しかけられて無視する訳にもいかず、彼の世界に引きずり込まれる...

「私も,退職する迄は週一回はゴルフ行ってたんですよ」
「殆ど全部仕事がらみでしたけどね」
「腕は90を切るくらいでしたけど、仕事で気を使うゴルフはあんまり楽しくなかったですねえ...」
「でも、ゴルフ自体は大好きだったんで、いつか仕事を離れたら思う存分やりたいって思ってました」
「おかげで日曜日は女房はいつも留守番で..」
「ええ、女房も自分の友達と月一くらいでゴルフに行っていたようです」
「3年前に定年になったので、苦労かけた女房とこれから二人で日本中のゴルフコースを旅行がてら回りたい、なんて思ってたんですよ」

「奥さんとゴルフになんて行かれるんですか?」
私ですか?...ええ、稼ぎが少ないんで一ヶ月か二ヶ月に一回くらいですけど、二人であちこち回りますが...
「いいですなあ...わたしもそうしたかったんですけどねえ..」

「いやあ,私が退職して3ヶ月くらいしたら、女房が身体を壊しちゃったんですよ」
「なんだか立ちくらみがするとか、動悸が激しくなるとか、夜眠れないとか...」
「いろんな医者に行っても治らなくって、症状は重くなるし、大変だったんです。」

「それがねえ、やっと原因が分かったんですよ...心療内科とか言うんでしたっけ...そこでね、その病気の原因が...」
「...ええ、原因は私なんだそうで..」
「ずっと家にいなかった私が、退職して一日中家にずっといる事が女房にひどいストレスになっていたんだそうです。」

「信じられませんでしたよ、そんなこと...私がいったい何したっていうんです?」
「...それで以前から考えていたように、女房に二人で日本中のあちこちにゴルフ行かないか、なんて聞いたんですよ、そうしたら...とんでもない、あなたはご自分の仲間と行ってください,私は友達と行きますから、って...」
「...だから、定年になって3年になるんだけど、ゴルフは殆ど行ってません」
「...ただ家にいるだけでも女房のストレスになる、って言うんでこんな風に昼から酒飲んでます...ははは...」
「それでもまだいい方らしいですよ、知り合いで退職と一緒に離婚したのが何人もいますから...」

「あなたはいいですなあ...奥さんと仲良くやっているんだ」
「...私も私なりに女房を大事にして来たつもりだったんだけどなあ...」

「ああ...つまんない話ばっかりしてごめんなさいね...酔っぱらっちゃってるから...」



「...でもね、本当にね、私ね、定年になったらね...ゆっくりと女房とゴルフするつもりだったんですよ...」

img_0-47


ゴルフの上手い男だった。
パーシモンの時代、右に出して真ん中に戻してくる正式のドローボールを打つ男だった。

ゴルフに対する見識も深く、また男っ気もあり、ゴルフ仲間として一緒にゴルフをするのが楽しい「数少ないゴルファー」だった。
クラブも、アイアンにクラシッククラブの「ウィルソンスタッフの69年ダイナパワー」を使ったり、2アイアンを使ったりで、ラウンドの片方は必ず30台で回り、80を切るのは当たり前という顔をしていた。

そんな男が時と共に(出世と共に)デスクワークが多くなり、だんだんゴルフをやる回数が減っていった。
同時に仕事・プライベート両方で酒を飲む機会が増え、殆ど毎日酒を切らしたことがないような生活が続いていった。
それでも時折ゴルフをやる機会があったのだが、だんだん、というより急速に飛距離が落ちていった。
あれほど綺麗だったドローボールは影を潜め、殆どが当たりそこねのチーピンになった。
アイアンはボールに当たる前に土をかみ、飛距離は2番手も落ちた。
「こんなはずでは」と思って、少し練習して久しぶりの競技なんかに出てみても、もう昔の自分とは比べものにならないゴルフしかできないことを確認しただけだった。
そして、「なんとか昔のように」と言う焦りは左手親指の「バネ指」を発症してしまい、それでも無理して「昔のドローボール」を打とうとした為に酷く悪化させてしまった。
アドレスしてトップ迄来ると、極端に痛みが走ってグリップを続けられなくなり、無理にスイングを続けても「ションベンの様なボールしか打てねえ」と嘆くようになった。
しばらく安静にしていて、半年振り・1年振りに参加した大きなコンペでもラウンドを終える事が出来ず、棄権してはクラブハウスで昼からやけ酒を飲む事を繰り返した。
そして「ゴルフをやろう」とは言わなくなった。

プライドの高い彼は、すっかりゴルフに対してグレてしまってゴルフの話をする事も無くなった。


「腹筋が、大福餅みたいにぷよぷよなんだよ」
「腕立て伏せが3回も出来ないんだ...」
最近、そんな事を言っているのを聞いた。

一見、もうゴルフへの情熱は消えてしまったように見える...しかし、時折出る言葉にはゴルフ自体への興味は失っていない感触がある。
今強いプロのスイングや、調子の良い選手の情報なんかについては非常によく知っている。
かっては簡単に出来たことが出来なくなっている自分への、怒りと、諦めと、わずかに残る期待とがごっちゃに彼の中にあるように見える。

...もう十年以上、彼とはゴルフをしていない。

ただ彼に親しい男から、最近彼が午前中に密かにジムに通って身体を作り直している、というニュースを聞いた。
そうだろう、あれだけの腕の男がこのままグレたまんまで終わるわけにはいかないだろう。

きっとまた、俺とゴルフを楽しむ時が来る。
皮肉屋のあの男の事だから、そんなことおおっぴらに期待して言うとへそを曲げるから、俺は知らんぷりでいよう。

そうだ、奴が復活したその時は、昔のあの時代のようにパーシモンに糸巻きボールでやってみようか。
そんな道具を用意して待ってれば、奴もきっとあのドローボールを.... 打てればいいなあ。

img_0-46

世間では「アラフォー」なんて呼ばれている。
立派な業績を上げている訳ではないけど、不況でもなんとかつぶれないでいる会社に勤めて20年。

上司の勧めでゴルフを始めたのが15年程前。
まあ、上手くもなく下手でもなく、90前後で回れるようになってはいる。

今は会社関係のゴルフは、年に1−2回だけ...仕事でも顔を合わせている人とのゴルフは、いろいろと付き合いが面倒になるのであまりやらない。
5年くらい前に、安いコースのメンバーになって、時々月例にも出るようになった。
もちろんCクラスだけれど、そこで同じ女性のメンバーと回るのは楽しい。
他に、平日に休めるときはオープンコンペにも出て、違うコースを楽しんでいる。
独りで生きるのに慣れているし、独りでコースに行くのも慣れている。

最近やっと、アイアンの番手別の飛距離が安定してきて、おまけにアプローチに開眼した。
ドライバーは、それほど飛ばないけれど方向はいい。
だから、もうすぐBクラスに上がれるかもしれない、と気合いが入っているんだけれど...

親からは「結婚しないつもり?」と電話が来るし、会社でも上司が「いい男がいるからお見合い」しないかと言って来る。
なんだか「雰囲気」が独りでゴルフに行くのを、後ろめたいことをしているような気にさせる。
結婚しないと決めている訳ではないけれど、今はゴルフより興味が湧くような男が周りにいない...ゴルフに行くより楽しいデートだったら勿論そっちに行くんだけれど、そんなことが無いんだからしょうがない。

今の季節、コースに行って空を見上げるのが好きだ。
不思議なことに、都会じゃ一日に一回も空を見上げることが無い日なんて普通なのに、コースに出ると一球打つたびに空を見上げる。
空の色、雲の色、空の広さ、遠くの山々、今の季節なら群れ飛ぶ赤とんぼ、とにかく空を見上げるのが好きだ。

そしてその中でも一番好きなのが、「飛行機雲」を見ること。
青い空を切り裂くように線を引く飛行機雲を見つけると、おもわず歓声を上げてしまう。
くっきりと細い線のままだったり、あっという間に広がって大きくなったり、すぐにぼやけてしまったり、いつまでも同じ形で残っていたり、時にはいろいろな形で交差したり...
打つのを忘れて見入っていたりすることもある(他人には笑われるけど)。



...タイムリミットがあるんだよ...そういう風に言われる年になって、ゴルフに逃げているのかな。
飛行機雲の形が、何かの占いになるんだとしたら、私はその占いを信じてみる気があるんだけどなあ...

↑このページのトップヘ