ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-116

もう何年も前に30歳を過ぎた。
同い年の友人達は、とっくに結婚して子供が幼稚園やら小学校やらに入るというグループと、仕事が面白くて結婚なんか考えもしない、なんてグループの二つに別れている。

自分はと言えば、別に面白い仕事ではないけれど安定した職場でもう10年勤めている。
給料も悪くないし、少ないけれどもボーナスもきちんと出るから、一人暮らしのマンション住まいで別に不満はない。
「結婚しない」と決めた訳ではなく、どちらかと言えば結婚して子供を作って...幸せな家庭を作るという方が自分の望みなんだけど。
独身でいるのは、結果として仕事関係で気持ちが動くような男性に出会えなかった、というだけの話。

今は4年前に上司に勧められて始めたゴルフにハマっている。
ゴルフなんてものは全然関係ない世界の話、と思っていたんだけれど、やってみたら面白かった。
はじめは上司に教わっていたんだけれど、仕事とプライベートが一緒になるのが嫌で、通勤の途中にある練習場のスクールに入って毎週1回のレッスンを受けている。
ただ、練習場の関係でのラウンドは年に4回しかなく、他にラウンドする機会を作ろうとすると、上司に誘われる時しかないのが不満だった。
職場の関係だけでなく、個人的な関係迄絡まって来るようで気が重かったし。

そんな時に雑誌で見た「オープンコンペ」に興味を持った。
「レディース向け」とか、「お一人の参加歓迎」なんて言葉が自分を誘っているようだった。
一大決心で参加してみると、面白かった。
それをきっかけに、平日開催の普通のオープンコンペに、有給を使って月に2回は出るようになった。
...そんな普通のオープンコンペに参加しはじめの時に、出会ったのだ。

まだ、ベストスコアが100を切る前で、オープンコンペにも慣れていず、緊張と興奮でバタバタだった。
同じ組になった、全身真っ白...白いサンバイザーに、白いシャツ、白い短パン、白い靴下、白いシューズの青年が、いろいろと気を使ってくれた。
腕はシングルも5下というくらい上手く、白いウェアに真っ黒に日に焼けた肌、笑顔に浮かぶ白い歯の印象が強かった。
曲げたり、クラブを間違えたり、ボール探しだったりで、焦っている自分につきっきりで面倒を見てくれた。
お昼の食事のときや、パーティーの時にも隣にいて、いつも話しかけてくれていろいろ聞かれたんだけど、自分はその日の何もかも上手く行かなかったゴルフの事で頭が一杯で、ろくな返事をしなかったような気がする。
アドレスも聞かれたんだけれど、結局教え損なった。
彼は仕事が不規則なので、ゴルフをやれるのが平日に一人で急な参加が可能なオープンコンペしかないと言っていた。
「また、お会いしたいですね。」
そう言って別れた。
仕事は医者だとか。

それから、オープンコンペには沢山参加している。
彼の事は、時間が経つ程に好意が湧いてくる。
あの時はゴルフでパニクっていて、ろくな会話が出来なかったけれど...彼の態度や言ってくれた事、してくれた事が、実に優しく気の利いたものだったという事に後から気がついた。
「また逢いたい。」と思い続けて、いろいろなオープンコンペに参加しているけれど、あれから見かける事もない。

...オープンコンペで一緒になるのは、60前後の元気なオジサンやオジイサンばかりで、彼ぐらいの年齢の男とは、全然同じ組になれない。
その元気なオジサン達に、いろいろと口説かれるのも気が重い。

こんな気持ちでオープンコンペに参加しているのは、私の「婚活」なのかしら。
最近、なんだかそう思う。

正直、彼の顔も忘れかけてきて、残るのは日に焼けた黒い顔に光る「白い歯」の印象だけなんだけど...

img_0-115

来月の末に、ゴルフをすることになった。
15年ぶりか、20年ぶりか...良く覚えていない。
道具の一切は、高校時代からの親友に借りることになっている。

一時は熱心にゴルフをやっていた。
というより、仕事もそっちのけで熱中していた。
会員権も3枚も持っていた。

父親から譲り受けた会社は、従業員は12人程だったが安定した業績を上げていた。
父親の築き上げた信用と職人達の確かな腕で、経営は父親の代から働いている専務に任せておけば、問題なかった。
28で可愛い奥さんと結婚して、男の子と女の子と、、それほど大きくはないが小奇麗な家と、一応ベンツを乗り回せる収入と...
ゴルフの腕もシングルの7迄行って、こっそりつきあっている女性もいて...
人生とはこんなもの、これが普通にずっと続くと思っていた。

状況が変わったのは、仕事の8割を占めていた会社の倒産。
その会社もまた、親会社の倒産のあおりを受けての倒産だったが、いきなりピンチに立たされた。
専務に、もう会社の資金繰りがどうにもならないことを知らされた。
学生時代の知り合いに弁護士を紹介してもらい、善後策を相談した。

まずやったことは、離婚。
出来る限りの資産を上手く分けて、妻と子供が他人になることを決める。
専務を始めとした父の代からの職人達に、金をかき集めて分けた。
もちろん退職金にもならないことを謝りながらだったが、皆事情は理解してくれた。

そして、残った自分に出来たのは、自己破産しての「夜逃げ」だった。

とても払いきれない負債を、法律的になしにしてしまい、自分は身一つで行方をくらますしかなかった。
本当は、なんとか300万円程を残しておいて生活費の足しにしようと思っていたが、自己破産の手続きやら弁護士費用でそのほとんどの金が無くなり、結局ホームレスとして逃げるしか無くなった。

それから今迄...良く生きて来られたと思う。
年に一度、娘や息子と連絡を取る以外、隠れ続ける生活をして来た。
今年、連絡をした時に「元」妻に言われた「高校のクラス会の葉書が来ているわよ。」
その久しぶりに東京に戻って来たクラス会で、親友に言われた。
「もういいんじゃないか?」

借金を踏み倒した相手に顔向け出来ないのは変わりないけど、東京の家族の住む近くで、親友達とゴルフをする...「もういいか」、そんな気になった。
昔の、華やかで浮ついて見栄ばっかりで...実は何も感じていなかった眩しいようなゴルフにまつわる世界と、今の思い出したくもない10数年を経ての、遥かに現実から遠かったゴルフの世界。
流されて行く世界から、なんとか立ち直る切っ掛けになる様な気がした。

...自分がどんなゴルフをするのか、スタートホールで何を感じるのか、現実感が無くてなんだか他人事のように考えているのが不思議だ。
ただ、その日が近づくにつれて、「もし、第一打をナイスショット出来たら、もう一度家族と生活を作り直すことが出来るんじゃないか」なんて考えが強くなって来ている。

もし、ティーショットが奇麗に空を飛んだら、この10数年のことを「昔、昔、ある男が...」とおとぎ話に出来るような気がするのだ。

Once upon a time ...


img_0-114

もう、なんにもなくなったな。
そんな思いで炬燵に入って、ぼーっとしている時間が長くなった。

10年以上勤めていた工場が倒産して、もう2年になる。
小さな工場だったけど、社長がいい人で、働いている人達もいい人達だった。
売り上げが伸びれば、その分だけ社員の人達に還元してくれて、小さな工場なのに給料は結構良かった。
そこで事務の仕事をしていたんだけど、働きやすかったので結婚もしそびれてしまった。
「しそびれた」というより、社長に教わって始めたゴルフにはまってしまったというのが本当の事なんだけど。
工場のコンペも年に3回やっていて、社長がポケットマネーで立派な賞品を出していたので、みんなそれを目標に練習に励んでいた。

そんな日々は突然終わった。
仕事の大部分を受けていた大手の工場が、突然不渡りを出して倒産した。
その工場の取引先の倒産に巻き込まれての、連鎖倒産だった。
自分の働いていた工場の社長は、必死になって走り回って頑張ったけれど、どうにもならずに連鎖倒産の渦に引きずり込まれてしまった。
「しっかりした仕事を続けていたのに、本当に申し訳ない」と、社長が泣きながら言う言葉に、自分たちは返す言葉が無かった。

代わりの仕事は見つからなかった。
30過ぎた特技の無い女性には、正社員の仕事があるはずも無く、それ以来パートの仕事を二つしながら生活している。
それでも、工場で働いていたときの収入には遥かに及ばず、社員でいた時に手に入れたいろいろなものをオークションで売って金に換えていた。
服飾品は高く売れなかったが、デジカメやゴルフクラブは高く売れた。
特に、ボーナスが出るたびに最新のものにしていたゴルフクラブは、いい値段がついた。

でも、そんな日々も2年近く続くと売るものは無くなった。
...しかし、正確に言うと1セットだけ残してある。
2Kのがらんとしたアパートの部屋に、不似合いなキャディーバッグが一つ。
中身はドライバーとフェアウェイウッドが3本、アイアンとウェッジとパター。
最新のものではないが、最後にゴルフをやっていたときのお気に入りのセットだ。

他のものは全て売ってしまっても、この1セットは手放す気になれなかった。
シューズと、手袋と、夏冬のゴルフウェアーとサンバイザー。
それもお気に入りのものを一つずつ、残してある。
もしこれを売ってしまうと、自分はもう二度とゴルフをやる事は無くなるような気がする。
「今の姿は世を忍ぶ仮の姿」、必ずまたゴルフを楽しめるような生活に戻れる...これを残しておけばきっといつか戻れる、そんな気持ちのお守りのような意味もあって。

しかし、生活は日々のパートに疲れ果てて、部屋に帰って来ても寝るだけの生活が続いている。

たまに凄く弱気になった時、このキャディーバッグを見ると「これは残しておいたんじゃなくて、古いから売れ残っただけなのかもしれない」なんて気もしてくる。
見ているあたしも、結局人生で売れ残ってしまった女なのかも、...



いや、違う...そんな気持ちに絶対に負けるもんか。
あたしはいつかこのバッグの口を開けて、緑のフェアウェイ、澄み渡った青空の下、白いボールを思い切り飛ばす日が来るって信じている。
再び、ゴルフを心から楽しむ日が来るって信じている。
こんな日々が変わるって信じている。

その日が来る迄、部屋のそこであたしが頑張っているのを見ていて欲しい。
指折り数えて、再びティーオフできる日を待っていて欲しい。
あんた達も私も、絶対に絶対に売れ残った訳じゃないんだから。


↑このページのトップヘ