ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-69

Nさんは、ホームコースで今年の春、ハンデ3になった。

9月の月例だった。
スタート前にキャディーマスター室に呼ばれた。
「ご一緒に回る方がいませんので、コースの研修生と回って頂きます。」
「え? 参加者が少ないの?」

...そうじゃなかった。
前の組も、後ろの組もちゃんとフォーサムで、顔を知ったメンンバー達が楽しそうに談笑している。
自分のスタートの9時丁度の組だけが、自分一人なのだ。
...Nさんは、毎週土・日と月例のスタートは、必ず9時に決めていた。
毎週毎週コースに顔を見せるNさんは、このコースの常連として知られた存在だった。
そのために、本来は申し込む時に決められるスタート時間も、「Nさんは9時スタート」という事が黙認され、月例に出るような人達は皆それを知っていた。

要するに、9時スタートをメンバー全員に避けられた、という事だった。

Nさんの父親は、この地方で名の知れた建設会社の社長だった。
20代半ばで父親から「仕事に必要だから」と言われて、ゴルフを始めた。
それなりに評判のいいこのコースの会員権も、父親に買ってもらった。

はじめはそれほど真面目にやらなかったが、30歳を越えて父親のあとを継いで二代目社長になった頃から熱中し始めた。
仕事のプレッシャーを忘れるのに、ちょうど良い遊びでもあった。
本来運動神経は良くなかったが、毎週毎週このコースに通ううちに、ハンデは徐々に少なくなり40を過ぎてシングルになった。
シングルになると益々ゴルフが面白くなり、月例の入賞や優勝を繰り返すうちに、ほかの人に勝つ快感に病み付きになった。

...ゴルフクラブでは、年齢や職業に関係なく、ハンデが上のものが偉いとNさんは思っている。
コースで良いスコアを出した方が、やっぱりメンバーに尊敬されるし、認められるのが当然。
何度も優勝や入賞を重ね、毎週必ず週末に来るNさんには、コースの人達はみんな挨拶をするし、何度も競技で争ったメンバーは最近の調子を聞くし、顔しか知らないメンバーが「あれがハンデ3のNさんだよ」なんて自分の事を噂しているのも聞こえてくる。
自分はこのコースのVIPなんだと自覚して、悪くない思いでいた。

フロントで支配人を呼んで、何故自分の組にほかの人がいないのかを問い質した。
支配人は、言い難そうに...しかし、はっきりと言った「すみません、皆様Nさんと同じ組にしないで...9時スタートにしないで、と仰るもので」。

何故だ?
俺が何をした?

俺はルールブックはちゃんと読んで、インイチキな事はしていない。
そりゃあ、ローカルルールだって何だって、ルールで許されている事は何でもするけど。
ロストボールだって、時計を持ってちゃんと5分間探すし、他人のも5分間を計っている。
自分の持ち時間だってきっちり30秒で打つし、アンプレヤブルや暫定球の処置だって間違えないようにルールブックを見て処置する。
勿論他人がいい加減にやっていたら、ペナルティーをつけて打ち直してもらう。
遠球先打は絶対にきっちり守って、遠い人が打たない限り自分は先に打たない。

スコアには拘る。
...当たり前だ、スコアを出すために競技をしているんだから。
とりあえずはオナーを穫り続ける事に拘るし、自分のナイスショットには浮かれるし、ミスショットには不機嫌になる。
タイガーだってやっているんだから、後に残さないために喜怒哀楽は我慢しない。
そんな事が表に出るかもしれないが、大の大人が「競技」をしているんだから、勝ち負けに拘るのは当然だ。
自分よりハンデが良い者に勝った時なんて、大喜びして何が悪い。
自分よりハンデが悪い者に負けた時に、悔しがって何が悪い。

なあ、みんな俺が悪いのか?
やっぱり、俺が悪いのか?

Nさんは、しばらく月例を休んで考えている。


img_0-68

Yさんは、今年で42歳になる。

「やっていても、もうとっくに引退している年なんだなあ...」
そんな事を考えると、少しは慰めになる。

Yさんは、名前も違う14歳の頃、「天才少女現る!」とか「プロよりも飛ばす中学生!」とか言われていくつかの週刊誌に載った事がある。
自分でも可愛い顔をしていると思っていたし、中学でも男子学生に人気だったし、そんな風にマスコミにも載った事で、まるで彗星のごとく表れたスター候補だと騒がれたのは嬉しかった。
当然、将来は「美人女子プロ」になって、有名になって、人気者になって、大金を稼いで...
そんな風になるのが当然の道だと、自分も周りも思っていた。

...ただ、そんな将来の夢は、本当は父親の夢だった。
小学校に入る前から、当時シングルハンデであった父親からゴルフの特訓を受けていた。
それは決して楽しいなんて言えないようなスパルタ教育で、小学校も中学もクラブ活動なんてやる事は出来なかった。
一日も欠かさない連日の素振りや打ち込みや、週2回のラウンドや、ジュニアの試合参加や合宿...
決して嫌だという訳ではなかったけれど、自分の意志で続けて来たという訳でもなかった。

それが、ある日週刊誌が取材に来てブレークした。
きっかけは前に出た試合で、「中学生なのに一緒に回った女子プロより飛んだ」という事が話題になったからだった。
スコア的には優勝争いとか言うレベルでは全然なかったが、「中学生の美少女で飛ばす」という事がマスコミの注目を浴び、「将来の美人プロ候補」となって注目を浴びた。
父親は喜んだ。
中学生だったので当然取材には父が同伴したが、自分より父親が嬉しそうだったのは感じていた。

何回かゴルフ週刊誌に載った頃、いろんな男性が自分に声をかけて来るようになった。
高校生になったあとは、学校とは関係ない芸能関係や音楽関係の、ちょっと自分とは世界が違う見映えのいい若い男性が何人も口説いて来るのは、自分が女王様になったようで気分が良かった。

ゴルフの練習はさぼるようになった。
派手で格好いい男性と付き合う事が楽しかった。

父親と喧嘩した。
でも、付き合っていた男性は「ゴルフの練習なんかしないで付き合え」と言う男ばかりだった。
やがて子供が出来た。
今となってみればお決まりのコースで、ゴルフでマスコミに騒がれなくなって子供が出来ると、男は自分に飽きて逃げて行き、自分は生活に追われて生きて行く事しかなくなった。

娘に裏切られて、失意のまま父親は病で世を去り、自分は生活に追われた。
ゴルフのおかげで注目されて、ゴルフのおかげで波乱の人生に投げ込まれたのに...20歳を過ぎたあと、クラブを握る事は2度と無かった。

...もう少し男を見る目があったなら、もう少し父親の言う事が聞けたなら、きっと自分はゴルフと楽しく付き合って行けたのに。
ゴルフで注目された自分は、ゴルフを続ける事だけで輝き続ける事が出来るのに、「ゴルフの練習なんかさぼれ」という男の軽薄さが判らなかった自分の浅はかさ。
父親の期待が父親自身の欲に見えて、嫌いに嫌った自分の浅はかさ...
とても、悔いが無いなんて言えやしない。

...しばらくして優しく平凡な男と、子連れ同士で再婚し、今は生活は落ち着いている。
今の夫は、自分にそんな過去があったなんて知らない。
自分がゴルフをしていたなんて、全然知らない。

多分、これからも自分がクラブを手にする事は二度と無い。
...最近ゴルフを始めた夫の悪戦苦闘を、ゴルフを知らないふりして...ただ笑って見てるだけ。


img_0-129


Kさんは77歳。
数え年の喜寿祝いは、もう過ぎた。

40歳から始めたゴルフは、「堅物」と言われた自分に長い年月楽しめる殆ど唯一と思われる「娯楽」をもたらしてくれた。
見合いで結婚したとはいえ、「当たり」と思うしかない性格の良い女性と結婚出来て、殆ど女遊びをした事はなかった。
ギャンブルも好きになれなかったし仕事も真面目に勤めたので、ゴルフのわがままと毎日の晩酌はずっと大目に見てもらって来た。

...まだそれほどゴルフが普及してなかった時代、会社関係の付き合いで近場のコースの会員権を安く購入出来て、ゴルフに熱中出来る環境は運良く簡単に整った。
それからずっと週2回の練習と、週1回のラウンドは欠かした事がなく、打ち込んだ時間と費用の分、腕も上達した。
始めて4年でシングルハンデになり、50歳の頃には6まで行った。
しかし、5からのハンデは遠く高い壁となり、それ以上のハンデ削減はならなかった。
倶楽部の月例には、何度も優勝した。
クラチャンは、ちょっとレベルが違い過ぎて問題外だったが、理事長杯はアンダーハンデ競技なのでハンデ9の時に一度だけ優勝出来た。
シニアやグランドシニアでも優勝出来た。

そんなKさんは、自分のゴルフ歴がそろそろ終わりに近づいている事を感じている。
と同時に、自分のゴルフ人生の最後の目標、自分のゴルフのクライマックスのチャンスが近づいて来ているのも感じている。
そしてそれが達成出来れば、そこが自分のゴルフ人生の頂点、ゴルフライフの「フルコンプリート」だとも思っている。
それは、「エイジシュート」。

ホールインワンはラッキーにも2回経験出来た。
パープレーも何度か出来た。
自分がゴルフを始めた時に、達成したいと思った目標の最後の一つがエイジシュート。

なんと言っても、自分が年を取るのと、その年と同じか少ないスコアを出すのとは、微妙な年齢と時間との競争なのだ。
今のKさんにとって、最も可能性があるスコアは、80。
バーディーパットやロングパットが奇跡的に入ったとして、微かに可能性があるのは78。
...ただし条件は、「短い距離のコースで」だ。
自分のコースの「シニアティー」で、ラッキーが続いたときか、近隣のずっと短い距離のコースで「うまく行った時」なら可能性はあると思っている。

今が77歳。
80を過ぎて、自分が今より元気で腕が良くなる訳はないと思っている。
懸命に身体の状態を維持して80まで。
...だから、命がけの目標は、この3年でそれぞれ78、79、80かそれ以下のスコアを出す事。

ゴルフ人生の最後の目標に向けて、Kさんは今、試合を待つサムライの気持ちでいる。
これだけ高ぶる気持ちが嬉しい事は、しばらくなかった事。
さあ、これから3年は渾身のラウンドだ。

いざ、勝負!

↑このページのトップヘ