ゴルフな人々    (イラストレーター渡辺隆司のブログ)

ゴルフが人生に似てるのか、人生がゴルフに似てるのか... 忘れ得ぬ、ゴルフで出会った人々。

ゴルフ人生で、触れ合いすれ違った人達の、忘れられぬ想いを描き残しておきます。

img_0-42

その男は、スコアカードを2枚用意していた。
ラウンド中にみんなのスコアを聞いて普通に書いた後に、もう一枚に綺麗に書き写していた。
「コンペの提出用のカードは、ラウンド終了後に改めて貰えますよ」
「あ、いいんです。 これは私の記録用なので。」

ちょっと覗いてみると、本当に几帳面に綺麗な字で4人のスコアが書いてあった。

歳は50前後か...90ちょっとくらいで回る腕で、特に高い道具を使っているわけでもなく、特にゴルフスタイルにこだわっているわけでもないようだった。
ただ、本当にゴルフは楽しそうにプレーしていて、大叩きしても特に落ち込む風でもなく、他の人に気を遣い、他の人があちこちに打ち込んだボールを一緒になって熱心に探してくれる。

「私はゴルフを始めたのは30才からなんですけど、スコアカードは全部取ってあるんですよ。」
「スクラップブックに、全部で500枚くらいかなあ,,,整理してあります。」
「ええ、それを見るとどんなラウンドだったか、みんな思い出せるんですよ。」

「ええ? そんなラウンド全部覚えて入るんですか?」
「他じゃァ、そんなに記憶が良い訳じゃないんですけど、何故かゴルフに関することはスコアカードを見ると思い出すんですよ。」

不思議なことだと思うけど、ゴルフに熱中している人の中には、信じられない記憶力を持つ人が少なからずいる。
一度回ったコースを、何番ホールがどうだったか全部覚えてしまう人や、自分のショットを場所から何打目だったかまで全部覚えている人、そのコースのレストランの食事の旨さ不味さまで覚えている人、コースまでの道順を(抜け道まで)全て覚えている人...
ひょっとすると、ゴルフってこんな能力を引き出すような「何か」があるのかも知れない、なんて事さえ思う。

ラウンド中は彼の人の良さをみんなが感じるような雰囲気で、スコアはともかく楽しいゴルフの一日となった。

...ラウンドが終わって、パーティーの時の話。
「私は、スコアカードを見ると全部思い出せるんですけど、スコアカードを見なくてはダメなんですよ。」
「?? どういうことですか?」
「子供のこととか、女房のこととか、家族でやったこととか...」
「それだけではあまり覚えていない...というか、曖昧なんですよ、記憶が」
「だけど、何月何日のラウンドの次の日、だとかOXでラウンドした二日前に、というとすぐに思い出せるんです。」
「ゴルフを基準にしないと、家族のこともちゃんと覚えていない..ってことですよね。」

確かに、その時「食べたもの」を基準に、「あー、あれを食べた日にあれがあったんだ。」「あのことがあったのはXXを食べた次の日だった」なんて風に記憶をしている人もいるんだから、記憶がスコアカードを中心に残っていても不思議じゃあない、とは思う。

「ちょっとそんなことで色々ありまして、今は一人なんです。」
「あ、別居してるだけですが...」
「...自分でも、なんでスコアカード中心の記憶になってしまうんだか、よく分からないんです。」
「ゴルフをしているときが一番楽しいからでしょうかねえ...」


誰に聞かせると言う訳でもなく、彼はため息と共に呟いた。
「ゴルフって、何なんでしょうねえ...」


家に帰ったら彼はまた一枚、今日のプレーの記憶と共に一枚のスコアカードをスクラップブックに足していくんだろう。
家族がその時一緒にいなかった記憶も、同じスコアカードに重ねて乗せて 。

img_0-41

「あ,違う!」
思わず声に出てしまった。

「どうしたの?」
「あ、いえ、なんでもないです。」

来月早々にあるサークルのコンペの前に「月に一度くらいラウンドしなくては」と来た9ホールのコースでのこと。
友達と二人で手引きカートでスタートした。
ティ−ショットはまあまあで、セカンド地点でアイアンを持った時、今までと違うグリップの感触に驚いて出た声だった。

夫に買ってもらったこのアイアンも,もう2年以上使っている。
以前は夫と二人で週に一回くらいのペースでラウンドしていた。
その頃は夫の収入も良く、はやりのアイアンに買い替えたりも頻繁にしていて、このアイアンも結構評判が良かった製品を買ってもらったものだ。

でも、一年半ほど前に夫の会社が倒産して、生活が変わった。
50歳近い夫には、再就職の口がなかなか見つからない。
失業保険が切れた後は、やむを得ずタクシーの乗務員募集に応募して、今はまだ慣れない仕事に頑張っている。
生活も不規則になり、収入は以前の半分以下となった。
あたしも近所のストアでパートを続けている。

サラリーマンだった頃の夫は,ゴルフに熱中していた。
凝り性だったために、何セットもクラブを買い込み、物置にクラブを調整する器具や測定器などまで据え付けて、夜中までクラブを楽しそうにいじくり回していた。
しかし、会社が倒産してからなかなか仕事が見つからないために、そうした高価だった器具類や殆どのクラブはオークションで打ってしまったらしい。
ゴルフも「もう少し稼ぎが良くなるまでは」と、もう一年以上行っていない。

当然あたしも入っていたゴルフのサークルを辞めようとしたけれど、夫が「楽しみに月に一度くらいのゴルフをやらなくては...あんまり可哀相だから」と、続けさせてくれた。
(まあ、その金はあたしのパートの収入から出しているんだけれど。)

そういえば、一週間くらい前にあたしがアイアンを手に取っていたときに、夫が「なんだ、グリップが光っているじゃないか」なんて言っていたっけ...
2年くらい変えていないあたしのアイアンのグリップは、ゴルフ教室の練習で週に一回と、月に一回のラウンドで使っているだけだけど、よく使うウェッジやショートアイアンがカチカチのつるつるにはなっていた。
でも、グリップを買うんだって高いものだし、よく拭いて使えばそう滑る事もないのであまり気にしていなかった。
それが今日、握ってみるとアイアンは全部、明らかに新しいグリップに替わっていた。

ラウンドしながらグリップの話をすると、友達は「そのグリップ、今流行のやつで結構高いわよ。」
何でも、滑りにくいのと衝撃吸収の効果もあるらしい。

そんなグリップに8本全部交換するのには、結構お金がかかったろうに(自分の小遣いも無いような稼ぎなのに)。
...自分のゴルフには行かないで、夜中にあたしのアイアンのグリップを交換してくれている夫の姿を想像して、ちょっと涙が出た。

新しいグリップは、実に手に優しい感触だった。

img_0-40
こんな事、実際に出会わなければ他人に聞いた事だったら、自分じゃ絶対に信用しない笑い話。

T県のKカントリークラブでのオープンコンペで一緒になったのは、30代で元気いっぱい、身体中から「ゴルフが大好き」という雰囲気を発しているSさん。

Sさんは、ゴルフを始めて3年目とかいうことで、「今は何を置いてもゴルフに熱中してます」「有給が取れれば、こうやって一人ででもコンペにも参加してるんです」。
仲間内で一番飛ばす、とかで「飛ばしじゃあ、普通の人には負けませんよ」「飛ばしっこしましょうか」と、何とも明るく屈託がない。
そしてスタート前に顔を赤くして語っていたが「奥さんに頼み込んで、ボーナスを使わせてもらって作ったんです!」というピカピカ新品のドライバー。
週刊誌や何かで良く紹介されている「カスタムフィッティングをしてもらいました!」、「自分専用の自分に一番あっているドライバーなんですよ!」と、嬉しそうに撫でたりさすったり...何とも微笑ましい。

ラウンドをスタートすると、結構体も大きなSさんは確かに良く飛ばす。
しかし、今日が筆おろしだというドライバーは、時折信じられないくらいとんでもない方向に曲がる。
「本当に合ってるの? それ。」なんて感じる程。
それでもSさんは、「まだドライバーになれてないからですよ」とドライバーを疑うことは全くない。
フェアウェイを捉えるのは3回に一回くらいで、右に左にと忙しく駆け回るSさんだが、めげずに陽気なゴルフを続ける。

午前中のハーフが終わって食事をしているときには、Sさんは「自分のスイングのヘッドスピードを測って、スイングのタイプをビデオで分析し、色々なヘッドとシャフトを組み合わせて、凄く時間をかけて自分のスイングにピッタリ合うドライバーを作ってもらった」事を熱く熱く語り続けた。
「だから、曲がったり結果が出ないのは自分が悪いんです」と。
作ってもらった費用も普通の新品のドライバーよりずっと高かったけれど、奥さんも「あなたがそれだけ熱中しているんだから」と許してくれたんだそうだ。

...午後のハーフが始まり、Sさんは相変わらずボールが散らかる...「スイングはそんなに悪くないのになあ」、なんて見ていた俺は「あれ?」と気がついた。
なんだか切り返しの時にシャフト、というよりグリップが曲がっている気がする。
「ねえ、ちょっとドライバー見せてくれる?」「あ、いいですよ」

「なんだ! これ!!」

「え? なにかおかしいですか?」

「あのねえ、これ、グリップが半分しか入ってないよ」
「気がつかなかった?」
「ええ、わかってますよ。」
「でも、僕専用に全部作ってもらったんだから、それも僕に合わせてるんですよ」
「そんなこと絶対にない! これは向こうのミスなんだから、こんなグリップで使っちゃダメだよ」

...信じない。
それが自分専用だと思っている。
「俺の言うこと信じないんなら、他の人にも聞いてみればいいよ」
...丁度詰まっていたホールで、前の組の60年配のスイングの綺麗な上級のベテランゴルファーに見える男に声をかける。
「ちょっとすみません、このドライバーグリップして貰えますか?」
「あ、はい、いいですよ....え?」
「なんじゃ! これは!」
「おかしいですか? 僕用に作ってもらったドライバーなんですが...」
「こんな仕事するなんてふざけてる! どこの店なんだ! すぐに怒鳴り込みなさい!」
...本気になって怒り出した...そこでやっとSさんも、そのグリップが普通じゃないことを信じた。
そのグリップは丁度半分くらいしか入っていなくて、左手はグニャグニャの部分を掴むしかなく、かろうじて右手がシャフトの部分を掴める感じだったけど、Sさんは「自分は腕の力が強いので、わざとそうやってあるものだ」と信じていたんだそうだ。

...後日彼から連絡があり、そのコースの帰りにショップに行って訳を話すと、店長以下全員が平謝りで着け直してくれた、という。
...もし、俺が言わなかったら、彼はあれが「自分用のカスタムフィッティング」と信じて、ずっとあの状態で使い続けたんだろうか。

ダメだよ、このクラブをフィッティングしたゴルフショップの人達。
善良な熱中ゴルファー達は、あなた方を信じてなけなしの大金を払っているんだから。
彼等を失望させる様な仕事をしてたら、あなた方に未来は無くなるよ。 

↑このページのトップヘ