img_0-29

一人参加の人ばかり4人の組だった。
いずれも(多分)天気予報を見てから参加したと言う、早朝のスタートの組だった。

その女(ひと)は、明るく楽しいゴルフをする。
でも、ゴルフに対する姿勢は、真剣そのもののゴルファーだった。

朝、挨拶したときに「ああ、この人はゴルフが好きなんだなあ」と感じさせる笑顔の返事が返ってきた。
年の頃は50代か...でも、生活に疲れた感じとか、老けているという感じを全く感じさせない、清々しさがあった。

ゴルフ自体はちょっとクセがある自己流スイングで、あまり飛ばず、ミスも多いんだけど、決して腐ったりせずに一打一打を真剣に楽しんでいることがこちらにも伝わってくる。
セルフプレーに慣れているようで、することに無駄が無く、自分専用の小さなボール拭きまで用意している。
一緒に回っていて、「女性だから」と言うことで男性プレーヤーに気を遣わせるような事も一切無い。
ただ、ティーグランドが違うだけで、「この人なら誰と一緒でも迷惑かけずに普通にプレーできるだろうな」と思わせる。

数ホール回ったところで、「これ、いかがですか」と彼女が小さなビニール袋をくれた。
見ると小さなビニールの袋に、3−4種類の色々な飴が入っている。
「これ、自分で作ったんですか?」
「ええ、ゴルフに行く前の晩に作るんです」
「一緒に回る方に喜んで貰えれば、って」

「ゴルフには結構早くから接していたけれど、その当時は年に数回のラウンドだった。」「でも、色々な問題があって、続ける事が難しくなった」
「結局20年以上ゴルフをする事が出来なかった」
「それがやっと片付いたのが、2000年頃」
「それから、ゴルフに熱中することになった」
「自分のコースは無いので、ずっと独りで出られるオープンコンペだけでラウンドしている。」
「ほぼ週一で、毎週どこかのコンペに出ています」

そんなことをラウンド中、昼食時、パーティーの時などに聞いた。
「何時も独りでゴルフに行くので、オープンコンペが一番いいんです」
「天気予報見て、晴れそうなときだけ申し込むんです」
「もちろん来週のも決まっています」

想像や憶測で彼女のことを書くことは陳腐な話になってしまうし、立ち入った事柄まで聞くのは失礼だから、知った事実で書けるのはこんなことだけ。
ただ空気のように生きてきた人なんて誰もいない、みんなそれぞれの人生を背負って、自分なりのゴルフを楽しんでいる。
ゴルフ場で知り合うのは、その人の人生のほんの一瞬で、ほんの一部。
その上、自分のゴルフに興奮しスコアだけに夢中になってしまう人が大半で、一日一緒に遊ぶ「初めて会った」人達までには殆ど気が回らないのが普通だろう。

でも、明るく、独りで、飴を入れた小さなビニール袋を用意して、オープンコンペだけに参加し続ける、そんな女性ゴルファーもいることを知って欲しい。
多分...それは、(もちろん勝手な想像だけど)大きな「一期一会」を味わった人の、「人生」が作り上げたゴルフスタイルなんだろう。


...嬉しいことに、たった半年あまりの連載だった、週刊P誌の「オープンコンペ挑戦記」まで覚えてくれていて、「参考にしてました」と言ってくれた。