img_1-3

電話があった。
「今、電話いいか?」
「おう! これ、携帯からしてるのか?」
「病院で携帯使って良いのか? ...大丈夫なのか? 退院したのか?」

「いや、リハビリで散歩している外からだ」
速く話そうとすると舌がもつれるらしく、とゆっくりと言葉を出している。
「もう、外が歩けるほど良くなっているのか? リハビリは進んでいるのか?」
「ああ、リハビリはちゃんとやっている」
「最初はリハビリのボール投げでな、キャッチャーだったワシがな、ボールに触ることも出来へんかった」
「もう2週間だからな、ボールはちゃんと右手の平でとれるんやが、指で掴むことができんのや」
「歩くのに、足は引きずってるのか?」
「ああ、すこしいうこときかんけど、そんなに引きずらずに歩いとるわ」
「でも...もう、野球はでけへんなあ..」
「バカやろう、その年までやっている奴の方が世界でもめずらしいわ」

「もう諦めてゴルフでも始めるんだな」
「ゴルフ...ボールが動かんのに、難しいわなあ」
「だから面白いんだろが。そんなにすぐに上手くいくモンなら、だれもあんなに一生懸命練習なんかするもんか」
「そうじゃなあ、あと30年も人生残っとるから、ぼちぼち始めるかな..」
「なんだと! お前あと30年も生きるつもりか..」
「...俺なんざ、あと10年も無いかもしれんと思っているのに...お前んちは長寿の家系だからなあ...」
「当たり前よ、少なくても20年はあるンだから、人生これからさ」

「俺はこれ治したら、バイクも止めんし、また日本一周したろ思っとる」
「ゴルフは何時から始める?」
「リハビリで身体がもう少しちゃんと動くようになったら考えるわ」
「...あれは、まっすぐ飛ばねえからなあ...」

ううむ。
やっぱりあの野郎、ゴルフじゃカッコつけられないので、ちょっと逃げ腰だな。
でも、やる気になっても、10年以上前に渡したあのフルセットじゃあ、もう使えないだろうなあ。
ウッドはスチールヘッドだし、シャフトもスチールだし、ピンアイ2プラスも基本Xシャフトだからこの年じゃあちょっとハード過ぎるスペックだし...
奴がやる気になったら、チタンヘッドの易しいドライバーと、ポケットキャビティーにカーボンシャフトのアイアンを探さなくちゃなあいけないか...
オークションで安くていい奴の目星をつけておくか。



これが、ヤツの2セット目のフル・セットってわけだな。