img_0-38

朝晩、老犬と散歩する。
もう何時死んでもおかしくない歳になった老犬だから、歩くのもゆっくりだし、長い距離も歩けない。
でも、朝晩の散歩に家を出るときは、嬉しそうに尻尾を勢いよく振る。
散歩に尻尾を振って喜んでいる間は、ずっと付き合って上げようと決めている。

夫とは、子育てが一段落したときに離婚を話し合った事があったけど、そのために費やすエネルギーや子供関係なんかの細かい事柄が面倒になってしまって、そのままずっと来ている。
恋愛結婚だったけど、夫が今誰と会ってるかなんかは知る気にもならない。
最低限の生活費は入れてくれるけど、それだけでは生活に余裕がない。
それで、子供の手が離れたときから介護士の仕事を始めて、へそくりを貯めてきた。
そのへそくりで5年ほど前からゴルフを始めて、今はそれが生活の中で一番楽しい時間になっている。
一昨年は40ラウンド、昨年は36ラウンドもした。
もっとも殆どは、近いところにある手引きカートの9ホールのコースだけれど。
介護士の仕事のへそくりは70万以上あったから、遣り繰りして仕事も休まなければ月に一ー二回は高いコースに行っても十分だった。

...でも、昨年の秋、犬が病気になった。
年が年だけに、病院に連れて行くと「難しい手術をするか安楽死をさせるか」という選択を迫られた。
...手術には多額のお金がかかる。
子供の頃から犬を飼っていて、犬と暮らすことが自然な自分と違って、夫は犬嫌いではないが好きでもないというスタンスだった。
当然、犬の手術に必要なお金は出してはくれず、自分のへそくりをはたいて手術することにした。
自分にとっては、この老犬は「家族の一員」という感覚なんだから、「安楽死」なんて考えもしなかった。

...手術は成功したけれど、手術代は47万円ちょっと。
それだけじゃなくて、通院や治療代が10万以上かかって、へそくりはほとんど無くなった。

ゴルフは去年の秋から、行っていない。
今年、まだ一度もゴルフに行けない。
毎日クラブには触っているんだけれど、何時また犬の治療でお金がかかるか判らないので、へそくりをゴルフに使えない。
...近所のゴルフに行っていたときの知り合いと、ちょっとお茶を飲みながらゴルフの話をするのがささやかな楽しみ。

ゴルフに行っていたときの仲間のサークルには「休会届け」を出している...みんなは、また参加することが出来る日を待っていてくれている。
夕方の散歩で、夕日の良く見える川の土手に来ると、何時も思い切りドライバーを振り回したときの感覚が蘇ってくる。
大丈夫、仕事でお金を貯めて、犬も元気になって、青空の下でボールを思い切り打つことが出来る日がきっと来る。

そう思って犬を見たら、笑って尻尾を振っているように見えた。