img_0-47


ゴルフの上手い男だった。
パーシモンの時代、右に出して真ん中に戻してくる正式のドローボールを打つ男だった。

ゴルフに対する見識も深く、また男っ気もあり、ゴルフ仲間として一緒にゴルフをするのが楽しい「数少ないゴルファー」だった。
クラブも、アイアンにクラシッククラブの「ウィルソンスタッフの69年ダイナパワー」を使ったり、2アイアンを使ったりで、ラウンドの片方は必ず30台で回り、80を切るのは当たり前という顔をしていた。

そんな男が時と共に(出世と共に)デスクワークが多くなり、だんだんゴルフをやる回数が減っていった。
同時に仕事・プライベート両方で酒を飲む機会が増え、殆ど毎日酒を切らしたことがないような生活が続いていった。
それでも時折ゴルフをやる機会があったのだが、だんだん、というより急速に飛距離が落ちていった。
あれほど綺麗だったドローボールは影を潜め、殆どが当たりそこねのチーピンになった。
アイアンはボールに当たる前に土をかみ、飛距離は2番手も落ちた。
「こんなはずでは」と思って、少し練習して久しぶりの競技なんかに出てみても、もう昔の自分とは比べものにならないゴルフしかできないことを確認しただけだった。
そして、「なんとか昔のように」と言う焦りは左手親指の「バネ指」を発症してしまい、それでも無理して「昔のドローボール」を打とうとした為に酷く悪化させてしまった。
アドレスしてトップ迄来ると、極端に痛みが走ってグリップを続けられなくなり、無理にスイングを続けても「ションベンの様なボールしか打てねえ」と嘆くようになった。
しばらく安静にしていて、半年振り・1年振りに参加した大きなコンペでもラウンドを終える事が出来ず、棄権してはクラブハウスで昼からやけ酒を飲む事を繰り返した。
そして「ゴルフをやろう」とは言わなくなった。

プライドの高い彼は、すっかりゴルフに対してグレてしまってゴルフの話をする事も無くなった。


「腹筋が、大福餅みたいにぷよぷよなんだよ」
「腕立て伏せが3回も出来ないんだ...」
最近、そんな事を言っているのを聞いた。

一見、もうゴルフへの情熱は消えてしまったように見える...しかし、時折出る言葉にはゴルフ自体への興味は失っていない感触がある。
今強いプロのスイングや、調子の良い選手の情報なんかについては非常によく知っている。
かっては簡単に出来たことが出来なくなっている自分への、怒りと、諦めと、わずかに残る期待とがごっちゃに彼の中にあるように見える。

...もう十年以上、彼とはゴルフをしていない。

ただ彼に親しい男から、最近彼が午前中に密かにジムに通って身体を作り直している、というニュースを聞いた。
そうだろう、あれだけの腕の男がこのままグレたまんまで終わるわけにはいかないだろう。

きっとまた、俺とゴルフを楽しむ時が来る。
皮肉屋のあの男の事だから、そんなことおおっぴらに期待して言うとへそを曲げるから、俺は知らんぷりでいよう。

そうだ、奴が復活したその時は、昔のあの時代のようにパーシモンに糸巻きボールでやってみようか。
そんな道具を用意して待ってれば、奴もきっとあのドローボールを.... 打てればいいなあ。