img_0-60

タイガー・ウッズって嫌いだった。
特にあの、これ見よがしの大げさなガッツポーズが大嫌いだった。
上手く行ったからってあの大騒ぎはゴルフじゃない、って思ってた。

夫に誘われて始めたゴルフも、もう20年位になる。
夫は二つのコースのシングルハンデで、ゴルフのマナーに厳しくてコースの競技委員なんてものもやっていた。
子育てが一段落した頃に私がゴルフに誘われたのも、いつも休日にはいない罪滅ぼしのためだと思うけれど、やってみたら私は私で熱中してしまったんだから結果として感謝している。
この数年は夫も競技には出なくなり、私と二人で回った事のないコースに遊びに行く事が多くなっていた。

その夫が定年まで後一年という時に、ガンになりあっという間に逝ってしまった。

生活は何とかなったけど、ゴルフは2年近くする気にならなかった。
でも、ゴルフ練習場で知り合った友達に何度も誘われているうちに、またゴルフを再開してみようか、という気になって来た。
それでまず誘われた練習場のコンペに出てみたんだけれど、夫婦で参加している人が多いので何となく居心地が悪かった。
気を使うのも使われるのも煩わしかったし。

それで、一人で参加出来るオープンコンペに出るようになった。
女性だけの組に入る事もあったし、男性3人と一緒になる事もあったけど、煩わしさも気を使う必要もないのでゴルフを純粋に気楽に楽しめた。
賞品は貰ったり貰えなかったりだったけど、運次第だったのでそれはそれで面白かった。

そして、この前の冬のコンペ。
ラッキーが続いた。
林に打ったボールは、木に当たって帰ってくる。
ミスショットが転がってグリーンに乗る。
長いパットが入る。

気がつくといつもは100前後のスコアが、最終ホールをパーなら90を切るところまで来ていた。
今までのベストスコアは、夫と一緒にやっていた5年くらい前の90。
80台は一度も出した事がなかった。

最終ロングホール...ドライバーはフェアウェイ...セカンド4W...三打目も距離が残ってまた4W...グリーンをオーバーして、奥からの下りのアプローチが残った。
それをパターを使って、ビビってのショート...残りは、下り1メートルのパーパット。
この時には他の3人の同伴競技者は私の真剣な様子に気がついたみたいで、一緒にラインを読んでくれたり応援してくれたり...パットを打つ瞬間には皆が息を止めて見守っていてくれているのを感じた...「入ってえ〜」って心の中で叫んだ。

止まりそうになったボールが、ゆっくりとカップに入って行くのが見えたとき、自分でも知らず知らずに右手を伸ばしてガッツポーズをしてしまった。
「なんで先に死んだんだ」
「子供達が巣立って行って寂しいのに」
「でも、あたし一人でもベストスコアが出せたんだ」
「まだ、良い事が沢山あるのかもしれない」
「まだ、こんなゴルフを続けたい」
...なんて思いが一編に頭の中に浮かんで来た。

「ベストスコアが出せました。」っていったら、みんな「おめでとう」と喜んでくれた。
でも、ベストスコアが出せたくらいで泣いてるなんて思われたのがちょっと恥ずかしい。



...はじめてのガッツポーズ、格好悪かったかもしれない。