img_1-4

Sさんは、荷物カゴにクラブケースをまっすぐ立てて、自転車で細い道を疾走する。
自転車はいわゆるババチャリ(ママチャリともいう)で、前後に荷台をつけてかなり年季の入ったもの。
その自転車でゴルフ練習場までの、約5キロを疾走する。

以前は歩いても行けるくらい近くに練習場があった。
子育てが一段落したSさんは、夫の勧めもあってそこの練習場のゴルフ教室に入った。
興味はあっても一生ゴルフなんてものとは縁がないと思っていたSさんだが、始めてみると...実に面白かった!
運動なんて高校のクラブ活動以来だったけれど、結構当たるしよく飛んだ。
同じ教室の同年代の女性達とも親しくなり、月に一度くらい安い河川敷に行くのが楽しみになった。
3年程続けた後,その人達とサークルを作り,年に4回程コンペもやるようになった。
自分のスコアも100を切ってたまに90も切れるくらいに上達した。
もう、ゴルフは自分の人生の生き甲斐と呼べるくらいのものになった。

...そこで、事件が起こった。
その自宅近くの練習場が閉鎖したのだ。
元々住宅地の中の練習場で狭かったために、5キロ程離れたところに出来た広い敷地の練習場に客を取られた結果だった。
やむを得ず、サークルのみんなはそっちの練習場に居場所を移した。
サークルごと練習場を移ったと言っても良いくらい...サークルのコンペの話し合いも連絡もそのコースを中心に動くようになった。
...でも、Sさんは車の免許を持っていなかったために、しばらく迷っていた。
コースに行く時にはサークルの誰かに頼んでいたんだけれど,練習日ごとに頼むのは気が引けたから。
それでも、しばらくゴルフをやらないでいると、日々の生活が我慢出来ない程ストレスがたまって来た。
「よし!」
「5キロくらい自転車で行く!」と決めた。
大きなキャディーバッグはもちろん自転車で持っていけないから、練習用の小さなバッグを買って自転車の荷台に載せて...

練習場に行って週一回の練習と、サークル仲間のオバサン達との楽しいゴルフ談義をしてみると、家に居た切りの時よりずっと生活が充実して来ると感じる。
でも、週一回自転車でバッグを積んで5キロの道を疾走するのは、それはそれで結構大変だった。
はじめは普通に前の荷台に斜めに積んでいたので、道ばたの電信柱にバッグがぶつかって転倒したのが一回,横に積んで走っていてバッグが車に接触して「あわや!」になったのが一回...
背中にバッグを斜めにかけても運転してみたけど、これはこれでなんでもない時に転びそうになってやめ。
子供用の椅子をハンドル手前に取り付けても見たが、これにバッグを乗せるとハンドルが切れなくなって怖い思いをしたのでやめ。
さすがに積み方をいろいろと考えて、自転車屋のおじさんに前のかごとハンドルでまっすぐにバッグを立てて固定出来るようにしてもらった。
これで大丈夫。
見た目はとても変だし、ちょっと人目につき過ぎるかもしれないけど、上に飛び出た枝にでもぶつからなければ運転には問題は無い。
むしろ、車からは目立って安全かもしれない。

オバサンは、ゴルフを楽しむために週一回、5キロの裏道を疾走する。