img_0-62

Sさんは、20年くらい前からゴルフを始めた。
なんだかチャラチャラしているように見えたし、金もかかりそうだったし、周りにもあまりやっている人の話を聞かなかったから、30半ばを過ぎるまでゴルフには縁がないと思ていた。

それが、勤め先の会社の人事異動に伴って、仕事でゴルフをすることが必要になってしまった。
今まで縁がなかった「接待ゴルフ」っていう奴だ。
...仕事に関係しているんだから、無様な姿をさらすわけにもいかない...あわてて近くの練習場のプロのレッスンを受けて、必死に練習した。
ところが、ゴルフって奴は簡単に上達するもんじゃなかった。
それに、レッスンプロの感覚的な言い回しが今ひとつ理解出来なかったし、体の動きも納得出来ない事が多かった。

元々が理数系の出身のSさんは、ゴルフスイングを科学的・合理的な理屈から理解しようと、本屋に行ってレッスン書やゴルフ雑誌...週刊誌、月刊誌、季刊誌、を買い集めて勉強を始めた。
練習場に行かない時には、夜遅くまでそんな本を読みあさった。

その結果、一年もせずに100を切るところまでは上達できた。
...が、そこからが難しかった。
上手く行けば90を切るかどうか、失敗すると100を越えるか、という状態が10年以上続いた。
その間も、ゴルフ雑誌のレッスン記事は欠かさず読んで勉強し、練習し、実戦した。
それでもやっぱり、うまくいったり、いかなかったり...
でも、仕事と言う面では努力が報われて、接待ゴルフはほとんど失敗なくやり通すことが出来た。
90から100くらいのスコアが、どんな相手に接待してもされても無難なところだったらしい。

Sさんは、ゴルフ雑誌のレッスン記事が役に立ったと思っている。
バンカーも、アプローチも、パットも、みんな上手くいかない時に読んだレッスン記事に助けられた。
(ただ、一つ上手くいくと一つ違う問題が出て来て、読み重ねたレッスン記事が自分の力の蓄積になっていないのが不思議だ)
だから、どの本にも自分を助けてくれた「ゴルフの真理」が載っているような気がして、雑誌を捨てられない。

はじめは部屋や廊下に積んでいたが、奥さんに「邪魔だから捨てる」とさんざん文句を言われた。
それで、狭い庭に一寸大きな物置を買って、そこに読んだ雑誌を置いてある。
ほぼ20年分、一冊も欠けてはいないはずだ。
だが心配なのは、もうそろそろこの物置が一杯になりそうなこと。
他にもう一つ物置を建てるような場所はないし、そうなったらどうしよう...

古い本から処分するしかないんだろうか...それとも...

今では年に数回しかゴルフに行けないけれど、これからの時間古い雑誌を読み返して楽しむのも「自分のゴルフライフ」だと、Sさんは思っているんだけど。