img_0-64


1日2千円か...
それで生活しないといけない。

会社が傾いたために、早期退職に応じて転職した夫の収入は半分近くになってしまった。
その給料は、家のローンと保険や年金や税金、電気、ガス、水道、それにケイタイの電話代、少なくなったとはいえ子供のためのお金で殆ど全部消えてしまう。
かろうじて残った2万円弱のお金が夫の小遣いとなる。

それに私のパート代が月に6万円。
それが生活費。
単純計算で1日2千円。

とてもゴルフに行くお金は出ないなあ...

昨年の後半は、夫は少ない小遣いをパチンコで増やして、月に1回か2回ゴルフに行ってたようだけど、一度小遣いを全て擦ってしまってからそれもやらなくなったようだ。
もう2ヶ月ゴルフに行ってないけれど、少しずつお金を貯めてはいる。
5千円程で一週間分のおかずを買い込み、全然お金を使わない日を作ると月に1万円程が貯まる計算だ。
これなら2ヶ月に一回、遠いコースの昼食付き5000円以下の所とか、早朝や薄暮の割引プランで二人でラウンド出来る。
夫も、自分の小遣いから、少しずつ溜めてゴルフに行く気でいるし。

夫と、「この暮らしって生活保護の金をもらっている人達より少ない収入で暮らしてるんだよなあ...」なんて言い合って笑っているけれど、真面目に働いてこんな暮らしなんて絶対おかしいと思う。
周りを見ても、以前のゴルフ仲間で昔と同じようなペースでゴルフに行っている人は3分の1くらいになってしまった。
半分以上の人達はパートやバイトや、資格を取って働いたりでゴルフをする時間がなくなったと言っている。
その働いたお金は、ゴルフではなく生活のために使っていると言うし...

いつまでこんな時代が続くのかなあ。
もし学費にお金がかかる子供がいたら、もう生活が行き詰まっていたかもしれない...こんな時代に若い人が子供を産まなくなっているのはよくわかる。
それでも、夫と「またゴルフに行きたいね」ってよく話す。
晴れた日にゴルフを思いっきり楽しめる日が来たらこんな苦労も報われるし、こんなことが笑い話になるのになあ...

1日2千円以下で...そうして、もう少しお金が貯まったら夫とゴルフに行ける。
2ヶ月に一度の楽しみが、きっと生きて行く元気と希望を与えてくれる...上手くなることはないだろうけれど、その一打一打の楽しみは以前よりずっと深くなっているように思うなあ...