img_0-67

何年か前のI県でのオープンコンペで一緒になった男は、身長190センチ近い大きな男だった。
野球をやっていたという身体は、年は40前後でまだ中年太りには早く、尻の筋肉も若い頃の運動の遺産として十分に活躍していそうな体型だった。
いっしょに並ぶと(体重では勝っているみたいだったけど)182センチの身長の自分が、一回り小さく感じる程。

この男が殆どのティーショットを1番アイアンで打つ。
それが飛ぶ!
自分のドライバーの当たりが悪いと、負ける。
もう一人の同伴競技者は完全に30ヤード近く置いていかれる。
その打球は中弾道で約270ヤード前後飛び、フェアウェイをほぼ捉える。
オープンコンペの白ティーからだとほとんどのホールでセカンドはウェッジだった。
しかし、彼のキャディーバッグを見ると最新のドライバーがちゃんと入っている。
「ドライバーは使わないんですか?」
「ええ、僕はウッドが苦手なんですよ。」
「一応、ドライバーはボーナスでカスタムで組んで作ってもらったばっかりなんですけど...」

それでも一度だけ、午前中だけのドラコンホールで彼はドライバーを手にした。
...が、そのボールは酷いプッシュアウトで林の真ん中に飛んで行った(飛距離は出ていた)。
アウトは、そんな事があって37。
インに入ると、490ヤード程のロングホールで1番アイアンと4番アイアンで2オンしてイーグル。
もう一つのロングも2オンしてバーディー。
しかし、飛び過ぎの池ポチャなどがあって、インは38。
とうとう午後は一度もドライバーを手にしなかった。
コンペではグロスでは2位だったが、新ペリアではハンデホールでバーディーやらイ−グルやらで、大はずれとなり賞品はつかなかった。

「なんで1番アイアンが得意なんですか?」
「ええ...僕は前に野球やってまして...」
「25からゴルフ始めたんですけど、アイアンは棒切れの先に打つ場所が付いているだけの様な気がして、野球のバットと似た感じで振り切れるんです。」
「でも、ウッドは全然違う場所で打つような気がするのと、なんだかねじれるような気がして...全然まっすぐ飛ぶ気がしないんです。」

...判ったような判んないような...
でもヘッドスピードも十分ある彼だからこそ、1番アイアンで250ヤード以上平気で飛ばしてるんだろうなあ。
その1番アイアンを打つコツを聞いたら、「外角低めを右中間にホームラン」、そんなイメージだって言ってたっけ...