img_0-70

「あら...」
物置を整理していたとき、亡くなった義父の残したキャディバッグにカビがついているのを見つけた。
ゴルフ好きだった義父が、最後に使っていたセットを入れたまま物置の片隅にずっと置いてあるものだ。

忙しくてあまりゴルフを出来ない夫は「古いものだし処分しようか」と言うけれど、優しくしてくれた義父が一番の趣味としていたゴルフで、亡くなる直前まで使っていたクラブセットをそう簡単に捨てられる気持ちにはならなかった...もう15年以上になるけれど。

自分もシングルだった生前の義父に、グリップやらスイングやらの基本は練習場に連れて行ってもらって教えてもらったことはあった。
でも、その頃は子育てに忙しくて、ゴルフをやるなんてつもりは全くなかった。
それが、子育ての一段落した3年程前から、スポーツ教室の一つとして始めたゴルフが面白くてしょうがなくなってきて、義父のキャディーバッグに生えたカビが気になったのだ。
...「可哀想に」と思って、バッグを奇麗に拭いて中のクラブがどうなっているか覗いてみた。
ウッドはパーシモンが2本と、小さなメタルウッドが1本、古いリンクスのアイアンセットと、古いピンのパター。
毛糸のヘッドカバーを被せてあったウッドを見ると、ドライバーだけが新品のように奇麗なものだった。
つい引っ張り出して手に取ってみると、意外に軽くシャフトも柔らかく感じる。
パーシモンのドライバーなんて最近見たことないからよくわからないが、なんだかヘッドが普通のよりもっと小さい気が...
でも木目の奇麗な、傷のないドライバー。
...それで思い出した。
亡くなる直前に、入院していた義父を世話していた時に「ゴルフは本当に面白いからやって見なさい」「私のドライバーを使っていいから...」なんて言われたことを思い出した。
「子供の手が離れたらやってみたいですけど、私に男物のドライバーなんて使えませんよー」なんて言って、その話はそれで終わった。

15年以上たって、その小さなパーシモンのドライバーを持ったとき、不思議な気持ちがしたので夫に聞いてみた。
「あのドライバー、お義父さんが使ってみろって言っていたけど、私に使えるのかしら?」
「ドライバー?...そういえば、入院する前に病気で体力が落ちているので、ドライバーを特注で作ってもらったって言っていたなあ...」
「それを使っては2ラウンドしか出来なかったけど..」

夫にそのドライバーを見せると
「ああ、やっぱり!」
「これ、ドライバーを小さく薄く削ってロフトをつけて、シャフトもレディースだよ...それで、本当は3Wか2Wみたいなもんなんだけど、かっこが悪いからって1番のソールをつけているんだ」
...確かにヘッドは小さくて、Green Pro って書いてあるのに、ソールにはHONNMA EXTRA 90 の1というのがついている。
おまけにフェースの反対側にはバックウェイトと言うんだろうか、大きなものがはめ込んである。
シャフトは赤紫の柔らかいもので、何の表示もついていないし、グリップも細い。
「そうだ、おやじの奴...結構高くなったけど、自分が使わなくなってもお前が使えるように特注で作ったんだって言っていたっけ..」

そうか...だから病室であんなこと言ったんだ..

練習場で打ってみると、飛ばないし、難しいし、使える自信は全くないけれど、当たった時に本当に優しい感触が残る。
私のキャディーバッグには、どうせ12本しかクラブが入っていないんだから、これからはこれも入れて行こうと思っている。
ラウンド中に1回でもこれを使って打てば、ゴルフにも自分にも周りにも優しくなれるような気がするから。

...今頃気がついた、お義父さんの最後のプレゼント...どうもありがとう。