img_1-5


K氏は、静かに熱く燃えている。
父親が楽しんでいたために、早くから接していたゴルフ。

そこそこ自分でも楽しんでいたんだけれど、なぜか自他ともに認める「飛ばない』「100を切れない」というゴルファーだった。
...確かに飛ばなかったし、スコアもまとまらなかった。
自分はそんなもんなんだと言う諦めが、あった。

でも、それが大きな間違いだった事に最近気がついた!
きっかけはグリップ。
疑いも無く自然に握っていた自分のグリップが酷いウィークグリップだった事を指摘され、違和感一杯でストロンググリップにして打った所...30ヤードも一遍に飛距離が伸びたのだ!

それから、自分のゴルフを改めて見直してみた...何より、今までの思い込みを捨てて謙虚に自分を見直すつもりで。
アドレスが変だった。
ボールの位置も変だった。
腕の変な所に力が入り過ぎている。
右肩が前に出ている。
スタンスが狭過ぎる。
...等々。

グリップを改めてややストロングにしてみると...
トップのフライングエルボーと言われていた右肘が、グリップを変えた事で自然に収まった。
振り抜きの引けてカッコ悪いと言われていた左肘が、自然にたためるようになった。
グリップのおかげでスイングプレーンが、今迄と違って来た。
振り抜きのスピードがが違ってきた。
インパクトの音が違って来た。
フィニッシュが止まるようになった。
...
面白くなった。
あらためて色々なレッスン書を読み、練習場に頻繁に行くようになった。

ゴルフ仲間に、「とてもかなわない」と思っていた飛ばし屋がいる。
知り合いに「とてもかなわない」と思っていた上級者がいる。
いい仲間だけれど、いつも「上から目線」でゴルフを語られていた。
ゴルフの知識じゃ決して負けてはいないのに。
...いい勝負を出来るかもしれない...本気でそう感じた。

インナーマッスルをつける。
体脂肪率を下げる。
柔軟体操、ストレッチを続ける。
基礎体力の向上ならびにウェイトトレーニングも...

今は筋力をつけながらも、4キロの減量に成功した。
飛距離も確実に伸びている。
この次は無理でも、その次かそのまた次か...近いうちに勝負して勝てるかもしれない...飛ばしで、スコアで。
そうしたら、今迄の「上から目線」ではなくて、自分の前で「下から目線」でゴルフを語らせてやるから。
「男子三日会わざれば、刮目して見よ」と言う言葉を、思い知らせてやるから。



...問題は、仕事が忙しくてラウンドする時間がないだけだ。