img_0-1
俺はゴルフってのが大嫌いだった。
自分で(はじめは嫌々)始めるまでは、あんなモノは普通にスポーツをやっていた人間にはチャンちゃらおかしい棒振りダンスだと思っていた。
いい年をした人間が、おかしな格好をして歯の浮く様なお世辞を言い合い、下らない上流階級気取りのこまごまとしたマナーやらルールやらを押し付けて....

しかし、始めてみたら違っていた。

ゴルフというものにハマっちまった人達には、俺と同じように始めてみるまでは「ゴルフなんか大っ嫌い!あんなものやる奴の気が知れん!」なんて人が多い。
そんな男の一人の話。

ある山岳雑誌の編集をしていたTさん。
現役で山や岩をガンガンやっていて、ロッククライマーとしても名が知られていた男。
まあ、ちょっと見でも、髪の毛は短い角刈りだし、体型も首が太くがっちりとしていかにも「硬派の山男」丸出しの風貌だった。
そんな男がひょんな事からゴルフをやることになった。
まあ、周りからも「一度くらいやってみたら...それで嫌だったらやらなきゃいいんだから」なんて相当言われたらしい。

で、非常に不本意だったが...やってみた。

驚いた...
「違うじゃない!」
「これはそんなチャライゲームじゃない!」

それから彼は周りも唖然とするくらい、熱心にゴルフをやるようになった。
...ハマったのだ。
会員権も買った、ホールインワンまでして、その祝賀パーティーまでやった。
多分その頃は、ずっと続けていた毎年の山行よりもゴルフ場に行った回数の方が多かったんじゃないか。
どうしても、それまでのハードなロッククライマーのイメージと合わなかったので、聞いてみたことがあった。
「何でそんなに強烈にハマってしまったんです?」。

「いや、ゴルフを馬鹿にしていたんだけれど、やってみるとこれはロッククライミングと同じだ、って感じたんだ。」

「まず、スタート地点から頂上(目的地)まで、その日の自分の調子、岩の調子、自然条件、なんかを考えながらルートを設定する。」

「それから、どうやってその場所にたどり着けるかをその日の調子によって柔軟に対応して、切り抜ける」

「なにより自然が相手だから、同じコースに何回行っても全く同じ条件には2度とならないから、常に新鮮だし常に違う条件に対応する能力が必要になる。」

「そして、審判が居ないのだから、常に自分に対して厳しくなければならない。」


「だから、ゴルフは面白い...ああ、もっと早く気がつけば良かった!」...