img_0-6

もうどんなコースでも、スパイクのゴルフシューズは使用禁止になっている。
コースで出会う人達の履いているシューズは、殆ど全部最近作られたゴルフシューズばかりだ。
完全防水、軽量、スパイクレス、材質は皮や合成皮革その他いろいろ。

昨年のオープンコンペで、珍しく古いフットジョイの革靴を履いているゴルファーに出会った。
年は50代半ば、クラブはドライバーもアイアンもわりと最近のクラブなのに、靴だけは古い(よく言えば貫禄のある)シューズを履いているのが気になった。

昼の食事の時に話す機会があったので、それを尋ねてみると...

その男がゴルフを始めたのは29歳の時、仕事の都合で始めたんだけれど、始めたらやっぱり「ハマった」。
しかし、安月給のサラリーマンで、おまけに結婚したばかり、とてもしょっちゅうゴルフにいけるような身分じゃなかった。
クラブやキャディバッグやボールは、近所のディスカウントショップで揃えた。
靴もビニールを貼り合わせて作ったような、安物の靴を何千円かで買った。

...そうして月に一回行けるどうか、というゴルフを楽しみにして1−2年経った時に、その当時尊敬していたゴルフの上手い上司に言われたそうだ。
「君は上手くなりそうだから言っておくが、やがてはアイアンはベン・ホーガン、靴はフットジョイを履くようなゴルファーになりなさい。」
...その言葉が印象深くて、「その後ずっと頭から離れないんですよ」と言う。

やがて、ベン・ホーガンのアイアンはその頃できはじめた中古ショップで手に入れたり、新品も安くなってきたので買うこともできた。
...だが、フットジョイの革靴は高かった...クラブならローンで10万前後のものも買えたけれど、靴の3万から5万は出せなかった。

悩んでいたときに助けてくれたのが奥さん、楽な生活じゃなかったのに自分のへそくりからお金を出してくれて、その当時5万円くらいした皮のフットジョイを買うことが出来たんだそうだ。
「それから、底皮の張り替えもして、今でも時々履くんです。」
「ええ、女房が買ってくれたみたいなこのフットジョイ、私の大事な宝物です。」
「絶対に捨てたりなんかできませんよ。」
「勿論、スパイクはプラスチックに替えてあります」

...格好いい。

...実は、俺の家の下駄箱の奥深くにも、ビニールの袋に包まれて4足の革靴が置いてある。
フットジョイが3足、エトニックが一足。
「ちゃんとした本革製の高いシューズは、重さもゴルフにあってるし、底皮の張り替えをすれば殆ど一生ものだ、」と言われて増えてしまったものだ。
いろいろなことがあった人生で、何かが上手く行って「自分へのご褒美」と買ったものばかり。

憧れのフットジョイを、それこそ「清水の舞台から飛び降りる」覚悟で買って興奮したあの時代の思いが、履く機会がなくなってもこの靴を簡単に捨てさせない理由だと思う。

今履いているのは、安くて軽くて完全防水のデジソール。
どんな天気でも平気だし、アフターケアも必要ないし、セルフのカートゴルフでは不自由する事は何も無い。




...でも、オレもスパイクを替えて、またあの頃の気持ちでゴルフに向かい合ってみようかな。