img_0-22

2年前の秋の初めに、I県のLカントリークラブのオープンコンペであった30半ばの男。

カートの前で初めて会ったときには、その顔の色にびっくりした。
真っ黒に日焼けしていたのではなくて、真っ白に厚化粧したような顔をしていたから...
それも顔だけではなく、腕も手も、首筋も真っ白!

よく見るとそれは化粧ではなく、日焼け止めのクリームの色...何度も塗り重ねたみたいで白い色が浮いていて、まるでふざけてあの志村けんの「馬鹿殿様」の白塗りメイクをしたように見えた。

でも、プレー振りは若くて身体が大きいせいもあって、良く振り切り、距離も出る。
自己流ではあるけれど相当練習している事が判るスイングで、「今ゴルフに熱中しています」という気持ちが、全身から滲み出ていて微笑ましい。
クラブは、ドライバーだけは新しいが、ウッド類は古い型のモデルを使っている。
特に5Wは、あのマルマンのダンガン...もう何十年前のモデルだ?
アイアンもミズノのMS11という古い型のもの。
パターも古びたピンアンサー。

数ホール回るうちに、ちょっとその顔の色について聞いてみた。
「ちょっと、日焼け止め厚く塗りすぎじゃない?」
「あ、あの陽に焼けたらまずいんで...」
「???」
「実は今日ゴルフやってるの、家内に内緒なんで...」

本当は今日は有給休暇でコースに来ているんだけれど、奥さんには内緒なので日に焼けるとまずいんだそうだ。
そのハーフ、39で回った彼は、昼は「僕、昼食べないんで」といってレストランに来なかった。
午後のスタートの後、ちょっと彼と親しくなったのでホールの合間に聞くと、昼はコンビニのおにぎりを車で食べた、という。

「実は僕、ゴルフに熱中していて、競技でも上を目指していているんですが、給料が少ないんで月4万円しか使えないんです。」
奥さんに渡す給料が多くないので、ゴルフに堂々とは行けないんだって。
そしてその自分の小遣いの4万円で、「月4回のゴルフをなんとしてもやりたいんです。」
競技の時は普通より費用が高くなるので、普段から少しずつへそくりを貯めて準備しているけど、普通の練習のラウンドはプレー費の安い平日の薄暮か早朝プレーにして、極力倹約しているんだそうだ。
昼食を車で済ましたのも、「レストランの昼飯を4回我慢すれば、安いコースで1ラウンド出来ますから」だそうだ(このコンペは昼食代は別だった)。
このコンペは過去に何回か入賞していて割引券があることと、もし賞品を貰えれば、それを中古クラブ屋に売れるから(賞品はゴルフ用品だった)だという。
この時は、彼はグロスで3位だったけど、ハンデに恵まれずに賞品はとれなかった。
しかしこの日のラウンドは、彼が1年分割払いで久しぶりに買ったドライバーの試打も兼ねていたから、「来た甲斐はありました」(でもそのドライバー、広いホールで3回使っただけなんだけど)。
「いやぁ、久しぶりに買ったドライバーなんで、なんか持ってるだけで嬉しくて...」


風呂に入って念入りに日焼け止めを落として(石鹸の匂いでバレるからシャワーだけだって)、洗濯物は厳重にビニールに包み込み(奥さんの居ないときにこっそり洗濯しておくんだって)、クラブは車の座席の後ろにしまい込み、普通のズボンに通勤ワイシャツ姿と革靴でパーティーに出席。

パーティーが終わった後は背広を着てネクタイを締め、まるで普通のサラリーマンの格好になって車で帰っていった。
「凄いなあ」とは思ったけど...そんな苦労するより、正直に奥さんに自分の気持ちを話して、理解して協力してもらった方が良いんじゃないの?




いや、彼にとっては、その方がゴルフより難しいのかも...なあ。